ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

主人公・宗矢は悪で地球の敵?猫型ロボットに飲み込まれて国民安全管理局と戦います - アニメ『プラネット・ウィズ』1話の感想

スポンサーリンク

毎週日曜日22:30より、TOKYO MXにてアニメ『プラネット・ウィズ』が放送されています。

2018年7月8日の放送は第1話「光、七閃」でした。

以下、最新話のネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

アニメ『プラネット・ウィズ』

TVアニメ「プラネット・ウィズ」公式サイト

 

2018年7月8日の放送は第1話「光、七閃」でした。 

 

イントロダクション

「おれは、おれが味方したい人達の味方だ。そんだけだ!」
過去の記憶を失いながらも、平穏に暮らしていた高校生・黒井宗矢。だがある日、
世界は謎の巨大兵器「ネビュラウェポン」に突如襲われる。
猫のような姿をした「先生」とゴスロリ姿の銀子と共に、宗矢は戦いに巻き込まれる
ことになったが_________なんと相手は人類を護る7人のヒーローの方だった!
宗矢の記憶に隠された戦う理由とは?

公式Webサイトのイントロダクションにはこのように書かれています。

本作はオリジナル作品とのこと。

1話ネタバレなイントロダクションで、1話の内容はだいたいこのような展開でした。

 

ネーム原案は「水上悟志」さん

twitter.com

 

本作プラネットウィズの原案は漫画家の「水上悟志(みずかみ・さとし)」さんです。

クレジットを見ると「ネーム(脚本原案) 水上悟志」と書かれていました。

初めて見る肩書(?)です。

私は水上悟志さんを知りませんでした。

『散人左道』『エンジェルお悩み相談所』『惑星のさみだれ』『サイコスタッフ』などを手がけていらっしゃるそうです。

漫画も読んだことがないです……。

 

主な登場人物

アニメ『プラネット・ウィズ』の主な登場人物です。

 

主人公陣営

まず主人公陣営のキャラクターです。

 

主人公は「黒井宗矢(くろい・そうや)」、CV「阿部敦」さん。

高校生。

記憶喪失で、気がついていたら後述する「銀子」と「先生」とアパート暮らしをしていました。

こちらも後述する「のぞみ」とは仲がよいというか気にかけてもらっています。

 

ヒロイン(?)は「高天原のぞみ(たかまがはら・のぞみ)」、CV「原田彩楓」さん。

宗矢のクラスの委員長で、何かと宗矢のことを気にかけてくれるメガネっ娘。

オカルト研究会と言っていたでしょうか。

 

「黒井銀子(くろい・ぎんこ)」、CV「井澤詩織」さん。

宗矢と先生と暮らす女の子。

ゴスロリ系の洋服を着ていて、宗矢と先生の料理を担当しています。

肉は食べない。

 

「先生(せんせい)」、CV「小山力也」さん。

宗矢と銀子と暮らす人間サイズの猫ような姿をした何か。

そのほとんどが謎で、キャベツと二次元美少女をこよなく愛しています。

 

「国民安全管理局」陣営

宗矢たちと敵対する「国民安全管理局」の陣営です。

国民安全管理局という名前からして露骨に怪しいですね。

1話の段階では彼らのことがほとんどわかっていませんので、主に名前だけ。

 

後述する特殊防衛課の7人のサイキッカー「グランドパラディン」を指揮する「竜造寺岳蔵(りゅうぞうじ・たけぞう)」、CV「清川元夢」さん。

 

その秘書?参謀?の「白石こがね(しらいし・こがね)」、CV「後藤沙緒里」さん。

 

「グランドパラディン」の7人のサイキッカーです。

「干支(えと)」の「十二支(じゅうにし)」がモデルになっているようななっていないような。

 

1話で宗矢たちと戦った「虎居英雄(とらい・ひでお)」CV「梅原裕一郎」さんです。

普段は消防士をしているのでしょうか。

他、「因幡美羽(いなば・みう)」CV「大和田仁美」さん、「能代晴海(くましろ・はるみ)」CV「渕上舞」さん、「根津屋正義(ねずや・ジャッジメント)」CV「菅原慎介」さん、「鷹取紅華(たかとり・べにか)」CV「石上静香」さん、「羊谷葉介(ひつじたに・ようすけ)」CV「興津和幸」さん、「竜造寺隆(りゅうぞうじ・たかし)」CV「乃村健次」さんがいます。

虎居の他は1話時点でほとんど台詞がありませんでした。

これからでしょう。

 

ネビュラウェポンとネビュラソルジャー

他のワードとして気になるものは、竜造寺は、謎の巨大飛行物体のことを「ネビュラウェポン」、宗矢たちのことを「ネビュラソルジャー」と呼んでいます。

ちなみにロボットは「念動巨人(巨神?)装甲」と呼ぶみたいです。

 

1話「光、七閃」

1話は上記イントロダクションと登場人物に書いたことがほとんどです。

記憶喪失の宗矢が、学校にいるときに、巨大な飛行物体が現れました。

日本だけでなく世界の数カ所にも同じ巨大飛行物体は同時に現れた様子。

それに対して、グランドパラディンの7人が出現し、それぞれ動物をモチーフにした人型に変身(?)し、謎の飛行物体をやっつけます。

やっつけたのは虎居でしたか。

虎居は飛行物体から精神攻撃を受けながらも、それに打ち克ち倒しています。

 

体育館に避難していた宗矢が銀子と先生に携帯電話で呼び出され学校を抜け出すと、虎居の前に連れて行かれます。

宗矢が突然に先生に食べられ、先生の体内に入ると先生が猫モチーフの人型ロボットに変身・変形して、虎居のロボットを倒します

 

虎居の首から下げている何かの結晶のようなものを取り上げます。

宗矢たちはそれを「力の源」と呼んでいましたか。

その結晶を見た宗矢は目の色を変えて、「お前ら全員ぶっ倒してやる!!」と宣言するのでした……。

というのが1話の内容です。

 

宗矢はダークヒーロー?

『プラネット・ウィズ』で一番の謎は、宗谷が虎居たち国民安全管理局と敵対している存在である点です。

地球を侵略し襲っている(ように見える)謎の巨大飛行物体を倒した、ヒーローと思われる虎居たち「グランドパラディン」を宗矢たちは倒しました。

宗矢と銀子と先生サイドはいわゆる「ダークヒーロー」、「アンチヒーロー」的なポジションに感じられます。

 

国民安全管理局が怪しい

ただ、虎居たちの所属している「国民安全管理局」という団体・組織が非常に怪しいです。

「グランドパラディン」を指揮する「竜造寺」、あるいは「閣下」が実は地球人類にとって悪で、謎の飛行物体や先生たちはこれを倒そうとしている存在である可能性も、現段階では少なからずあるでしょう。

となるとグランドパラディンの面々は、それと知らずに飛行物体を悪と「閣下」に刷り込まれているだけ、自分たちが正義と思って戦っていることになります。

地球のためと思って戦っているけど実は滅ぼさんとしていると。

 

先生はそういう閣下の野望を阻止すべく反抗している勢力となります。

でも国民安全管理局からは「悪」として認識されているため、国民安全管理局を正義と捉える一般市民にとっても悪に見えているという。

本当は……?

 

ネビュラウェポンの巨大飛行物体は、その胴体に「平和」と漢字が書かれています。

しかしよく見ると「平和」に似ているけど異なる漢字です。

漢字として存在ていない文字(文字ですらないかも?)でした。

その辺も宇宙人が地球人類に何かを訴えているかのように受け取れます。

彼らの本当の目的は一体?

 

先生たちは宇宙人か?

先ほど、竜造寺は、謎の巨大飛行物体のことを「ネビュラウェポン」、宗矢たちのことを「ネビュラソルジャー」と呼んでいる、と書きました。

この「ネビュラ」とは英語で「nebula」、意味は「星雲」です。

このことから先生は宇宙人である可能性があるでしょう。

ウルトラマンがM78星雲からやって来たように。

 

ただこれもあくまで国民安全管理局サイドから見た呼び名でしかありません。

国民安全管理局こそが地球人類からしたら宇宙人かもしれませんので、現段階では何とも言えないものがあります。

地球人も宇宙人ですけどね。

 

宗矢が見ていた夢

冒頭のシーンで、宗矢が夢を見ていました。

それは近未来なのでしょうか、現代とは異なる都市感のある場所で、都市が炎に包まれています。

顔が宗矢に似ている、彼より年上と思われる男性が、「お前は来るな! 街から遠ざかるんだ、いいな!」と叫ぶように言います。

その直後、彼の身体が光を帯びて空に飛び立ちます。

サイキッカー?

光は他にも幾筋が見えましたから、仲間が複数いるのでしょう。

 

飛び立った先には、巨大な鼠(子、ねずみ)でしょうか、ドラゴン(辰、竜)でしょうか、そういう存在が空を飛んでいて……。

その攻撃を受けたのでしょう、光は直後に消し飛んで消えています。

宗矢もその爆風に巻き込まれ……。

 

……というところで宗矢は目を覚ましていました。

目を覚ましたのは地球のアパートの布団の上です。

宗谷は記憶喪失ということですが、おそらくこの爆風に巻き込まれたときに記憶を失っているのだと思います。

爆風で意識を失い、その間に先生たちに拾われて地球に連れてこられた?

 

夢(記憶の奥底?)の中の鼠のようなドラゴンのような飛行物体は、体に大きな結晶のようなものがたくさん付いていました。

1話で宗矢たちが虎居から奪ったもの、同じような星型の結晶が入った、透明の小さな筒状ケースでした。

その結晶を見たときに、宗矢は失くした記憶、一部か全てかわかりませんが、思い出しています。

 

夢の中で宗矢がいた場所は他の星でしょうか。

だとすればやはり宗矢は宇宙人?

彼はが大好きな設定ですけど、それも単なるキャラ設定というより、故郷の星と何か関係がありそうに感じられます。

 

おわりに

といううことで1話の感想というかイントロダクションでした。

設定がまだわからないことだらけですけど、わからないからこそ想像・妄想も膨らむもので、1話のつかみは上々でした。

近年ロボットアニメはなかなか面白いものが生まれていない印象がありましたけど、そういう閉塞感を打破できる作品になるのか、楽しみです。

 

スポンサーリンク