ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

DQMSLミニ神獣「ガルハート」のスキル構成と「きのみ」振りを紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)の、期間限定クエスト「最果ての魔大陸」で入手できるミニ神獣「ガルハート」の、私のスキル構成と「聖なるきのみ」の種振りを紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「スキップカーニバル」

www.dragonquest.jp

 

DQMSLでは2018年6月11日15:00から「スキップカーニバル」が、2018年6月30日18:59までの期間限定で実装されています。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

7つのイベントを再び開催!!
さらに、今回は「クエストスキップ券」を使用することもできるぞ!
限定モンスターを仲間にしたり、装備品を手に入れ、パーティを強化しよう!

スキップカーニバルの開催を記念して、2018年6月11日(月)15時00分までにゲームに登録された皆様に、「クエストスキップ券」10枚を手紙にてお贈りします!
※手紙は、14日以内にお受け取りください。

[ 開催期間 ]
2018年6月11日(月)15時00分 ~ 2018年6月30日(土)18時59分

上記キャンペーンページにはこのように書かれています。

 

期間限定クエ「最果ての魔大陸」

f:id:dysdis:20180612165631j:plain

今回のスキップカーニバルのうち「最果ての魔大陸」では、「スペディオ」と「ガルハート」、「グラブゾン」、「ディアノーグ」の4体のミニ神獣が手に入ります。

いずれも基本的には地図で入手可能です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

以前、こちら (↑) の記事で、初心者プレイヤーさんにスキップカーニバルの中でも最優先で手に入れた 方が良いモンスターは「ガルハート」と「ディアノーグ」だと書いています。

 

dysdis.hatenablog.com

 

ディアノーグに関しては、以前当ブログで記事 (↑) にしています。

 

ミニ神獣「ガルハート」

ガルハートについて、私のスキル構成を紹介していなかったので、今回はそちらを紹介します。

 

f:id:dysdis:20180618085650j:plain

まだよちよち歩きの ヒナの姿をした神獣。

小さなその身に 大きな力を秘めており

ある使命を果たすため 旅をしている。

DQMSLにおける「ガルハート」の説明画像とテキストです。

ランクS、系統「???系」、万能タイプ、ウェイト14(装備込みで16)。

リーダー特性は「全 呪文効果+10%」です。

パワーアップで星4に強化し、レベルはマックスの100。

 

ランクSはS以下の縛りが設けられたクエストのミッションで使えますし、ウェイトも低めのためウェイト縛りが入っているクエストでも使えます。

ていうか縛りを無関係に多くのクエストで使えます。

特にDQMSLを始めたばかりの初心者&初級者プレイヤーさんにとっては、ノーマルクエストなど使いどころが多くある便利なモンスターと思います。

 

私はDQMSLを始めるまでこの「ガルハート」というモンスターを知りませんでした。

 

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー

調べたところでは『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー』から登場しているようです。

スペディオが変化してガルハートになるとかならないとか。

私はモンスターズは一番初めの『テリーのワンダーランド』しかプレイしていないので知らないのも当然ですね。

 

ガルハートのスキル構成

f:id:dysdis:20180618090654j:plain

私のガルハートのスキル構成です。

「メラゾーマ」「バイシオン」「ベホマラー」「妖精のうたごえ」です。

メラゾーマが固定で他が自由枠でしたっけ?

味方全体の攻撃力を上げるバフ魔法「バイシオン」と、全体回復魔法「ベホマラー」、蘇生と自身の賢さに応じてHPを回復する「妖精のうたごえ」を付けています。 

特技プラスはメラゾーマが+3(最大)でベホマラーが+1、あとはなし。

 

ガルハートの聖なるきのみ振り

f:id:dysdis:20180618091402j:plain

ガルハートたちミニ神獣は、「スキルのたね」とは異なり「聖なるきのみ」をスキルのたね同様に与えて、能力をアップさせます。

その聖なるきのみの振る配分によって特性が追加される、特殊な仕様です。

私は主に回復役として使いたかったので、最優先に「賢さ」を上げました。

 

f:id:dysdis:20180618091753j:plain

賢さにきのみを40以上になるまで振ると「魔力のともしび」、65以上になるまで振ると、特性に「回復のコツ」を覚えるからです。

特に後者が目当て。

魔力のともしびの効果は「ラウンドの最初に誰かの賢さを(一段階)上げる」です。

回復のコツの効果は「回復系の特技の消費MPが半分になり、効果が少し(15%)上がる」です。

残りの55分の配分は「防御」にしました。

回復役なので生き残る率を上げた方が良いかなと。

 

ガルハートの装備

f:id:dysdis:20180618092317j:plain

ガルハートの装備は「しゅくふくの杖」です。

賢さを+64上げて、回復量を15%アップしてくれます。

ベホマラーや妖精のうたごえの回復量を少しでもあげたいです。

 

私は「みんなで冒険」をほぼやらない人です。

なので装備のプラス付けもできていないです。

しょぼい。

 

おわりに

ということで「ガルハート」のスキル構成と種振りと装備でした。

ガルハートだけでも複数体、星4を作って役割を分けて併用している方もいらっしゃるみたいです。

私は回復の他の役割は他のモンスター、それこそ他のミニ神獣のスペディオやグラブゾン、ディアノーグに任せているため、2体目以降は作っていません。

討伐モンスターはミニ神獣の他にもたくさんいますから。

 

スポンサーリンク