ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

D2メガテン「アウラゲート」41層から45層までの攻略用パーティを作成。スピードスターで道中を逃げまくります

スポンサーリンク

スマートフォン版『真・女神転生』シリーズの最新作『D✕2 真・女神転生リベレーション』の、「アウラゲート」41層以降の攻略用のパーティを作りました。

自分用テンプレートです。

 

 

目次

 

 

スポンサーリンク

 

スマホゲー『D✕2 真・女神転生リベレーション』

d2-megaten-l.sega.jp

 

『真・女神転生』シリーズのスマートフォン版RPG 『D✕2 真・女神転生リベレーション』が2018年1月22日から配信開始されました。

私は「リセマラ」をしないでプレイを開始し、無課金です。

STORYモードは第5章16話までクリアしています。

プレイヤーレベルは記事作成現在75です。

 

 

アウラゲート41層以降の雑魚敵が強すぎる

D2メガテンには1日6回、1回につき1時間開放される「アウラゲート」というモードがあります。

アウラゲートは下層下層へと向かう3Dタイプのダンジョンで、個人的にD2メガテンで一番好きなコンテンツです。

私は今のところ41層のボス「ギリメカラ」まで倒せましたが、1ヶ月以上そこで足踏みをしています。

戦力的には既に攻略できるのかも知れません。

しかし、なかなか先へ行こうという気が起きないくらい、道中の敵が強いし厄介なのです。ボスも強いし。

 

敵で厄介なのが「ジャックフロスト」や「ジャックランタン」の4体編成です。

フロストが「火炎吸収」且つ「氷結貫通」持ち、ランタンが「氷結吸収」且つ「火炎貫通」持ちという開発の悪意満載の属性です。

あちらの耐性の弱点が消えていて、あちらの攻撃魔法はこちらの耐性を無視してきます。

さらにAIが大変優秀でして、こちらに弱点がある場合は容赦なく突いてきます。

 

f:id:dysdis:20180320084017j:plain

フロストやランタンと同じかそれ以上に厄介なのが、悪評高い「イシスオニ」こと「イシス」1体と「オニ」3体の計4体編成です。

オニたちが「電撃弱点」のため「マハジオ」など電撃系の全体魔法で攻めたくなるところですけど、イシスが「電撃無効」持ちのため全体電撃は撃てません。

そして何よりイシスオニを厄介たらしめているのが「バトルスピードの高さ」で、まず先制されると思っておいた方が良いです。

先日下方修正されて、イシスオニのバトルスピードが若干下がっているようです。でも速い。

また、こちらもAIが優秀なため、味方に火炎弱点や衝撃弱点を持つ悪魔がいると、オニの「マハラギ」やイシスの「ザンダイン」で集中砲火を受けてしまいます。

弱点がなかったとしても、オニの「鬼神楽」連発でクリティカルの可能性があることと、イシスの全体魔封魔法「マハマカジャマ」でこちらのスキルが封じられてしまうことで、生半可なパーティではすぐに死神のお迎え画面行き(全滅)です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

そこで以前、41層以降専用の周回パーティを作って、それをブログの記事(↑)にしました。

この記事を作ったときにはまだ自パーティに「ヤタガラス」などがいなかったので、最近はこのままのメンバーでは回っていません。

少し前にイシスオニの下方修正があったことで、それ以前よりは安全に回ることができます(でも大変)。

今回は、41層以降45層までのボス戦攻略用のパーティ編成を考えてみました。

攻略がまだできていないので、これが最適解だという記事ではなく、あくまでこれをテンプレートにして攻略しようかなと思っている、という記事です。

お間違えないようお願いいたします。

 

 

アウラ41〜45層の攻略用パーティメンバー

アウラ41層以降45層までの攻略用パーティです。

アウラへは第1パーティと第2パーティの2組で回ります。

 

ボス戦にはメインパーティが無傷の状態で挑みたいですから、第1パーティでロケハンをし、第2パーティで本番という流れにしたいです。

また、道中は全て「撤退」、つまり戦わず逃げます。

このことを念頭に置いて以降の記事をご覧になってください。

 

f:id:dysdis:20180508172546j:plain

アウラゲート41層以降の攻略用に作ったパーティ編成のうち、第1パーティは画像のとおりです。

アーキタイプ「異能」の妖獣「フェンリル」と、アーキ「異能」の霊長「ヤタガラス」、アーキ「素体」の霊長「スザク」、アーキ「異能」の鬼神「ゾウチョウテン」の4体。

星はスザクが「4」、他は全て「5」に転生済み、覚醒は「ヤタガラス」の他は全て済んでいます。

バトルスピードは「21,350」、これなら概ね先制できると思います。

 

第2パーティは?

第2パーティの編成はボス戦用に特化したメンバーになりますから、テンプレはないです。

自パーティのメンバーも、各階層ボスのパーティメンバーの、弱点属性や所持スキルに対応したメンバー構成にします。

 

 

アウラ41〜45層の攻略用パーティのスキル構成

アウラゲート41層以降の攻略用パーティのスキル構成です。

第1パーティのみの紹介です。

前述したとおり、第2パーティは各階のボスによって変わりますので。

またこちらも前述していますけど、私は第1パーティで道中の敵と戦うつもりは毛頭ありません。

先制を取ってそのまま逃げます。

 

フェンリルのスキル構成

f:id:dysdis:20180508174938j:plain

まずは「フェンリル」です。

パッシブスキルに速が10上がる「二段の猛速」とバトルスピードへの影響が50%アップする「スピードスター」があるため、爆速パーティを作るには不可欠な存在です。

パッシブには開幕で味方全体の攻撃力を20%アップする「マハタルカオート」もあります。

継承スキル枠2つは全体電撃魔法「マハジオ」と全体衝撃魔法「マハザン」をつけています。

以前はマハジオの代わりに全体破魔魔法の「マハンマ」を付けていたのですが、マハジオの方が私は使いやすかったです。

マハジオとマハザンのスキルレベルはいずれもMAXの「5」。

烙印は「生命」と「迅速」で、セットはスピードアップとHPアップです。

 

ヤタガラスのスキル構成

f:id:dysdis:20180508175620j:plain

次に「ヤタガラス」です。

ヤタガラスもフェンリルと同様に速が高い上に「スピードスター」持ちです。これが重要。

スキルはデフォルトが物理系で、全体物理攻撃の「冥界破」、パッシブスキルが開幕素早さ・命中ダウンのデバフ魔法「マハスクカオート」、それと「スピードスター」です。

覚醒スキル「寸分の見切り」は「物理回避率が20%増加する」スキルですが、必要な霊子が足りておらず覚醒できていません。覚醒させたい。

継承スキルは、全体衝撃魔法「マハザン」と、クリティカル率が15%アップする「コロシの愉悦」にしています。

スキルレベルは冥界破がレベル5、マハザンがレベル5 (MAX) です。

烙印は「迅速」と「生命」を付けて、セット効果はスピードアップとHPアップです。

 

スザクのスキル構成

f:id:dysdis:20180508180431j:plain

「スザク」のスキルです。

素体スザクを入れている理由は、速のステータスが高い上に、覚醒スキルにパッシブスキル「ダークゾーン無効」を得られるからです。

ダークゾーン無効は、アウラゲート内のダークゾーンの効果を無効にする、スキルです。

烙印は「恩恵」と「決意」を付けていて、セット効果はバリアオートとMP自然回復+1です。

ですが速を上げる「迅速」を付けた方が良いかなと思っています。

 

ゾウチョウテンのスキル構成

f:id:dysdis:20180508181040j:plain

最後に「ゾウチョウテン」です。

ゾウチョウテンをパーティに入れている理由は、覚醒スキルにパッシブスキル「毒床無効」を得られるから、です。

毒床無効は、アウラゲート内にあるトラップの一つ「ダメージ床」のダメージを無効にしてくれます。

烙印は「恩恵」と「決意」です。

こちらもそもそも戦闘をしないですから、烙印を「迅速」や「生命」に変えた方が良いかもしれません。

 

 

アウラ41〜45層までの立ち回り

フェンリル、ヤタガラス、スザク、ゾウチョウテンの第1パーティは、立ち回りも何もないですね。

道中は敵に先制をした上で、こちらからは手を出さずに「撤退(逃げる)」をするだけになります。

道中を逃げまくってボス部屋まで無傷で辿り着いてから、第1パーティのまま戦闘しできるだけ敵のHPを減らして全滅、第2パーティに切り替わってからが本当の勝負。

そして無心でジェムを投入しまくって倒す、この方法にするつもりです。

41〜45層の周回は、ブログ記事を書いたものの、正直止めておいた方が良いかなという印象しかないですね。リスクが高いので。

 

 

おわりに

ということで41〜45層までの自パーティの編成とスキルの紹介でした。

46層以降はまた違った雑魚編成になるみたいなので、自パーティの編成もまた異なるかもしれません。

行っていないので何とも言えないですが。

 

戦力やスキルが完全ではないものの、そろそろ45層突破しなければなと思っています。

45層のボスに勝てるのか……? 

 

スポンサーリンク