ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

艦これ2018冬イベントE5は「多号作戦改」!輸送マップで「志摩艦隊」を使うことになりそうです

スポンサーリンク

2018年2月19日、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の公式Twitterアカウント@KanColle_STAFFより、2018年2月17日から開催されている2018年冬イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)」の後段作戦E5についての告知がありました。

 

 

目次

 

 

スポンサーリンク

 

2018冬イベ「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)」後段作戦について

 

というツイートがそれ。

2018冬イベントのE5、E6、E7からなる後段作戦は、2018年2月21日水曜日夜から実装される予定です。

後段作戦最初の海域、E5の作戦名は「多号作戦改」です。

 

 

E5「多号作戦改」のモデルは?

E5「多号作戦改」のモデルは「多号作戦」、別名「オルモック輸送作戦」でしょう。

 

多号作戦(たごうさくせん)は、太平洋戦争(大東亜戦争)終盤のフィリピンの戦いで[1]、日本陸軍と日本海軍が協同で実施したレイテ増援輸送作戦のこと[2][3]。 主な揚陸地の名をとりオルモック輸送作戦とも呼ばれる。

- 多号作戦 - Wikipedia

多号作戦のWikipediaにはこのように書かれています。

内容的にE5は「輸送マップ」になりそうですね……私が苦手とするタイプのマップ。

ボスゲージが輸送ゲージと戦力ゲージの2本(ダブルゲージ)の可能性もあります。

 

 

第二遊撃部隊と志摩艦隊

日本海軍は多号作戦の掩護に、第五艦隊司令長官志摩清英中将を指揮官とする第二遊撃部隊を投入した[29]。

同Wikipedia内にはこのようにも書かれていて、上に貼った3番目のツイート内「第ニ遊撃部隊」は志摩艦隊のことを指していると考えられます。

志摩艦隊は「那智」と「足柄」「青葉」「阿武隈」と「鬼怒」「曙」と「潮」「霞」「不知火」「若葉」「初春」「初霜」「浦波」だったでしょうか。

これらの艦娘をE4までに使ってしまっていませんか? 大丈夫でしょうか?

使わないようにしないと大変なことになるかもしれません。

私はそもそも志摩艦隊の駆逐艦は持っていない艦が多いんですよね……持っているのは霞と浦波しかいないです。

潮も初霜も初春も、一旦改二まで育てた後に近代化改修に使ってしまっています。母港枠をケチって。

ですから最短ルートは取れないと覚悟しています。

対策は報酬を諦めて作戦難易度を下げること、ですか。

 

話を戻しまして、Wikipediaを見るに多号作戦に関連した艦は何かというと……

「島風」「秋霜」「清霜」「長波」「沖波」「朝霜」「涼月」「霞」「曙」「潮」「初春」「初霜」「卯月」「清霜」「占守」「まるゆ」

これらの艦みたいです。

そのうち涼月は修理をしていて実働はしなかったとも書かれていますから、抜かして良いのでしょうか?

いや、一応使わずに取っておいた方が良いでしょう。 

島風と長波と沖波を使ってしまった……。

 

 

おわりに

E5では「志摩艦隊」の「札」がつきそうですから、本文中に書いた艦娘はE4以前で極力使わないことを推奨します。

札はトータル何枚必要になるのか……。

 

スポンサーリンク