ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

片付けの極意は「だわへし」だとNHK『あさイチ』でスーパー主婦が教えて下さいました

スポンサーリンク

平日08:15からNHK総合で放送されている生活情報番組『あさイチ』、2017年12月25日月曜日の放送は「スーパー主婦の年末カウントダウンスペシャル&スウェーデン」として「大掃除」が特集されていました。

 

 

目次

 

 

 

あさイチ「スーパー主婦の年末カウントダウンスペシャル&スウェーデン」

www1.nhk.or.jp

 

2017年12月25日月曜日放送のNHK『あさイチ』は「スーパー主婦の年末カウントダウンスペシャル&スウェーデン」として「大掃除」の特集が組まれていました。

『あさイチ』の代表的な企画の一つである「スーパー主婦」シリーズで、今回は大掃除を特集していました。この日はちょうどクリスマスでしたが、クリスマスが終わると世の中は一気に年末ムードへ移行します。年末というと大きな懸案事項がありますね、そう、大掃除です。

大掃除となるとどこから手を付けて良いかわからない、という方のために「5日間で必ず結果が出る! 家族の年末計画表」が提案されていたり、冬休みに入っているご家庭の子どもさんがつい手伝いをしたくなる掃除や片付けのアイデアだったり、スーパー主婦が北欧スウェーデンへ飛んでスウェーデンのご家庭の掃除や片付けをしたり、スウェーデンならではの掃除グッズが紹介されたりしていました。

  

 

スポンサーリンク

片づけの必勝手順は「だわへし」?

今回の特集は、自宅の大掃除をサボリ気味だった私には目や耳や心が痛くなるものばかり、つまり掃除に役立つ情報ばかりでしたが、その中でも個人的に役に立ちそうだと感じられたこと情報は「片づけの必勝手順“だわへし”」です。

当然「だわへし」って何?となりますが、「だわへし」は片付けの手順の頭文字を取った言葉です。「料理のさしすせそ」みたいなものですね。砂糖、塩、酢、醤油(せいゆ)、味噌でしたっけ。砂糖が味が染み込みにくいから最初だぞ、というあれでしたか。

料理のさしすせそはさておいて、今回は片付けの必勝手順「だわへし」です。「だわへし」の「だ」は「出す」のだ、「わ」は「分ける」のわ、「へ」は「減らす」のへ、「し」は「仕舞う」のし、です。

 

1. 出す

片付けの最初は「だわへし」の「だ」、「出す」からです。

まず片付ける場所を決めます。スーパー主婦さんはスウェーデンで玄関にあふれていてた靴を片付けていました。「出す」ですから、家にある靴を全て出します。大掃除における片付けで大事なことは根本的な解決を図ることにありますから、「全て出す」ことが大切です。

全て出して並べることによって、いま自分がどれだけのもの、スウェーデンのご家庭の場合はどれだけの靴を持っているかを自覚できます。自覚することが大事だそうです。ちなみにこのご家庭は子どもが男の子4人なこともあって、家には106足もの靴がありました。あと2つで煩悩の数ですよ。

 

2. 分ける

片付けの2番目の手順は「だわへし」の「わ」、「分ける」です。

手順1で出した物(靴)を種類ごとに分けます。スウェーデンのご家庭の場合であれば、靴を持ち主で分けていました。他には目的別などでも良いみたいです。

分けることによって何が分かるかというと「自分の物の持ち方の癖」だそうです。スウェーデンのご家庭では、四男の子がたくさんの靴を持っていることがわかりました。その原因は、上の子が履けなくなった靴をお下がりで下の子にスライドしてことを続けていったためです。持ち主不明の靴が35足もあったようですが。

 

3. 減らす

 

片付けの手順3番目は「だわへし」の「へ」、「減らす」です。「いつか使うかも」「もったいない」の気持ちが立ちはだかりますから、この行程が最も大事と言えそうです。

VTRでは「もう使わない」と思った物を選んでいましたが、公式Webページには逆に「必ず使う物」を選ぶように書かれていました。どっちでしょうね。

VTRでは今必ず使う靴だけを玄関に置いていました。必ず使う訳ではないけど捨てたくない物が出てきてしまったため、それらは玄関とは別のところに思い出として入れておくという妥協案(?)が提示されていたようです。

減らす作業は、今必ず使うものだけを選ぶことが基本的な考え方みたいですね。

 

4. 仕舞う

片付けの4番目、最期の手順は「だわへし」の「し」、「仕舞う」です。

VTRのスウェーデンのご家庭で言うと、玄関に仕舞う靴は手順3で選んだ「今履く靴」だけです。各人で靴を仕舞う場所を決めて、出し入れしやすくします。

今履かない靴、例えばオフシーズンの靴や子どもが大きくなったら履く予定の靴は、クローゼットなどの部屋に「スタンバイ・コーナー」を設けてそこに置きます。他は捨てるかリサイクルに出すか友達や近所の人にあげるかして手放しましょう。

 

 

家族の年末予定表

他にスーパー主婦の方が勧めていたアイデアで気になったものは「家族の年末予定表」です。これから大晦日までの大掃除の計画を建てましょうということですね。大掃除をしたい場所、気になる場所をリスト化して、それを奥様一人でやろうとするのではなく、家族で役割を分担しすれば良いのです。

例えば、28日はお父さんがお風呂の掃除、息子が窓とサッシ、お母さんと娘はオフ、みたいに誰がいつどこをやると決めてしまえば、逆にその日以外はやらなくて良い訳ですから気も楽になると。

その「家族の年末予定表」は「特集 スーパー主婦の年末カウントダウンスペシャル&スウェーデン|NHKあさイチ」のページからダウンロードできますので、気になる方やってみようと考えている方はご覧になってください。

 

 

おわりに

私は整理整頓がそれほど得意じゃないので、この「だわへし」は考え方としてとても参考になりました。片付けが得意じゃないと言ってもゴミ屋敷のようにはなっていないですけど、スッキリさせられないんですよね。

番組的には「だわへし」のうち「減らす」が一番重要な行程だったようですけど、個人的には最初の「出す」行程が一番重要な気がします。片付ける対象の全体像を把握すること、これが自分はできていなかったのだなぁと観ていて感じたので。いったん全て出してしまえば片付けざるを得ないというのもありますが。強制的に片付ける状況を作る意味で重要かもと。

 

スポンサーリンク