ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

Eテレ『おうちで楽しむ極上コーヒー』が面白い!インスタントコーヒーやドリップバッグコーヒーのより美味しい飲み方が放送されました

スポンサーリンク

毎週月曜-木曜21:55からEテレで放送されている5分番組『まる得マガジン』、2017年12月4日から「おうちで楽しむ極上コーヒー」の放送が始まりました。

 

 

目次

 

 

スポンサーリンク

まる得マガジン「おうちで楽しむ極上コーヒー」

www4.nhk.or.jp

ほっと一息つきたい時に飲みたくなるコーヒー。豆や道具などにこだわり自宅でひきたての味を楽しむ人も増えている。コーヒー店店主でバリスタの岡田章宏さんがこだわりの一杯をおうちでいれる極意を伝授する。

番組説明にはこのように書かれています。番組で講師を担当される岡田章宏さんについては「イタリアや日本でバリスタの修行を積み、数々のメディアに登場するとともに、セミナー講師を務める。「ジャパン バリスタ チャンピオンシップ2008-2009」優勝。「ワールド ラテアート チャンピオンシップ 2008」3位など数々の大会で活躍。2016年秋に独立し、京都市内にカフェをオープン」と書かれています。

 

 

第1回「お手軽コーヒーをよりおいしく」

「おうちで飲む極上コーヒー」の第1回は「お手軽コーヒーをよりおいしく」として、インスタントコーヒーや最近人気が上がってきているドリップバッグコーヒーをより美味しく飲む方法が紹介されていました。

私はインスタントコーヒーを毎日1-2杯飲んでいるので、インスタントコーヒーの美味しい淹れ方により強い興味を持ちました。

 

 

インスタントコーヒーをより美味しく飲む方法

インスタントコーヒーをより美味しく飲むためには、ちょっとした手間をかけてあげる必要があるみたいです。

まずカップにお湯を注いでカップを温めておきます(温めた後お湯は捨てる?)。次にインスタントコーヒーですが、量はティースプーン山盛り1杯、約2gを使います。パッケージに表記されている分量で良いです。

インスタントコーヒーをカップに入れて、さらに水をティースプーン山盛り1杯(約2ml)入れて滑らかになるまでスプーンで練ります。いきなりお湯を注いでしまうのではなく、先にコーヒーを練っておくことが大きなポイントです。

どうしていきなり熱いお湯を入れない方が良いかというと、インスタントコーヒーは熱いお湯を入れると固まってしまうことが多く、玉になってしまうため、先に水で混ぜておくことでムラが出にくくなってまろやかさがアップするから、ということでした。

カップに沸いたお湯をすぐに注いでしまうのではなく、ポットに移し替えてから注ぎます。お湯の量は140-180ml(1杯分)です。

そうすることによって温度が10℃ほど下がって、コーヒーが最も美味しく飲める温度である80-90℃になるのだそうです。お湯の温度が高温すぎると「苦味」が、低温すぎると「酸味」が出てしまいます。適正温度を保つようにしましょう。

 

 

おわりに

私はドリップバッグコーヒーを飲んだことがないです。今人気だそうですね。ドリップバッグコーヒーとはお湯を注ぐだけで豆から抽出したレギュラーコーヒーを楽しむことができるタイプです。今度購入してみましょうか……値段によりますが。

ということで「おうちで楽しむ極上コーヒー」第1回でした。再放送は毎週月-木曜11:55から放送されています。第1回の再放送は11日月曜日11:55からあるみたいですから、気になる方は今のうちに予約をしておくと良いですね。

今日2017年12月5日21:55からは第2回「好きな豆を見つける」の放送です。豆を探すとなるととたんにハードルが上がる感じがして私は遠慮してしまいます。でも知っておきたい気持ちもあるので……ん〜、貧乏であることが恨めしいです。いや自分のせいなんですけど。

 

スポンサーリンク