ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

艦これ2017年秋イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」は「中規模」!誰ですか比較的小規模などと言っていたのは?

スポンサーリンク

2017年11月2日、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の公式Twitterアカウント@KanColle_STAFFより、2017年秋イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」の作戦規模について告知がありました。

 

 

目次

 

 

2017年秋イベントは中規模作戦

 

というツイートがそれ。11月中旬から開催される予定の2017秋イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」の作戦海域規模は「中規模」になることが告知されました。

以前、このブログでも比較的小規模だと書いていました。私もそのように理解していましが、今回のツイートで中規模と断言していますので、私が読み違えたのか覚え違いをしたのかしたのでしょう。申し訳ありません。

 

 

中規模作戦=地獄? 

私が勘違いをしたであろうツイートを再掲載しました。すると「今季夏イベントよりは比較的小さめな作戦展開規模を予定」と書かれていました。2017夏イベは大規模作戦でしたから、2017秋イベがそれより比較的小さめであれば「中規模」で間違いないですね。やはり私の読解力の問題だったようです。失礼しました。

以前から何度か書いていると思いますが、作戦規模の大きさと作戦の難易度は必ずしも一致しないです。中規模であっても難易度が極めて高かったことはこれまでにありました。

例えば、今からちょうど4年前の2013年秋イベント「決戦! 鉄底海峡を抜けて!」がそうです。あのときは阿鼻叫喚の地獄と化しました。おそらく艦これ史上最強&最凶だったでしょう。

2013秋は今のように難易度選択はなく、夜戦装備が今ほどない状態で夜戦マップ、カットインもなかった気がしますし、夜戦マスは道中支援を使えず、基地航空隊ももちろんなく、尚且つ敵の戦力ゲージが徐々に回復しましたから。イベント報酬が大型艦建造システム実装前の戦艦「武蔵(むさし)」のため行かざるを得なかった上に、唐突な軽巡洋艦「矢矧(やはぎ)」の追加実装なんてこともありました。

2013秋は、開発/運営さんから作戦規模の告知はなかったと思いますけど、記憶が正しければ全5海域で構成されていましたから中規模の範囲でした。なので中規模と聞くと身構えてしまう提督さんは古参の方ほど多くいらっしゃるかもしれません。イコール地獄なのではと。

 

 

艦これ2017秋イベントでこれまでわかっていること

艦これ2017秋イベントでこれまでわかっていることは、作戦名が「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」であること、イベント開始日が2017年11月中旬になること、作戦規模が比較的小規模中規模であること、冬イベとの連続するイベントとなり秋イベがその前編にあたること、作戦難易度の選択制であること、でしょうか。

 

 

おわりに

ということで何だか嫌な予感のする今回のツイートでした。さすがに夏イベが大規模だったのだから今回は……などと油断をしていると大変な目に遭うかもしれません。特に備蓄。

イベントのモデルは「レイテ沖海戦」ですから、特に甲作戦での攻略を考えている方は潜水艦のレベリングはした方が良いでしょう。潜水艦マップがありそうなので。夜戦マップも考えられるため、夜戦装備を充実させたり装備改修をしたり、できるだけのことはしておいた方が良いかもしれません。私は丙作戦で行くつもりなので何もしないですけど(油断)。