ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

エクスオンの正体は20年前の研究施設の火災と少年「エックス」?アイガイが灯台を辞めました - アニメ『ザ・リフレクション』8話「ビーフ・オア・フィッシュ」の感想

スポンサーリンク

毎週土曜日23:00より、NHK総合にてアニメ『ザ・リフレクション』が放送されています。

 

 

以下、最新話のネタバレ要素がありますので、大丈夫な方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

目次 

 

 

アニメ「ザ・リフレクション」

http://thereflection-anime.net/

 

2017年9月9日の放送は第8話「ビーフ・オア・フィッシュ」でした。

 

 

8話「ビーフ・オア・フィッシュ」

主人公「エクスオン」と、彼に依頼を受けて敵方の親玉「レイス」について調べているヒロインの「エレノア」には少しずつ仲間ができています。3話からは車椅子に乗る少女「リサ・リビングストン」が、5話では「マイケル・ホーデン」と「ヴィー・レ」の夫婦(恋人?)です。

メンバーそれぞれは、エクスオンは触れた相手の能力をコピーする能力、エレノアは視認できる範囲内での瞬間移動の能力、リサは乗っている車椅子を空も飛べるロボット「ビッグホイール」に変形して自身がそのロボットに乗り込み操縦する能力、マイケルはリフレクティッドか否かと光か煙かを見分けられる能力、ヴィーは怪物化し自身を殻で包む能力を持っています。

エレノアたちは現在、アレン姓の人間を捜しています。しかし、行く先全てに「レイス」の手が回っていてことごとくターゲット確保に失敗しています。6話では当のエレノアが「レイス」から誘いを受けています。ヘッドハント。

7話ではレイスの配下「スティール・ルーラー」がエレノアの前に現れていて、そこで7話が終わっていたかと思います。

 

 

スティール・ルーラーの提示した条件

スティール・ルーラーはレイスの意向によりエレノアを自分たちの仲間に引き入れようとしています。エレノアはもちろん拒否しますが、スティール・ルーラーはある条件を提示しました。

スティール・ルーラーの条件とは、ニューオーリンズでマイケル・ホーデンが匿っていた30名のリフレクティッド、彼らは現在レイスに捕らわれているのですが、彼ら全員を解放する、というもの。エレノアが仲間に入ることが30人の解放の条件です。

返答はしばらく待ってくれるそうで(優しい?)、8話のラストで再びエレノアはスティール・ルーラーの前に姿を現していました。エレノアの決断やいかに? というか条件を受ける流れです。

 

 

エクスオンとエックス

上記Twitterにもあるように、8話ではエクスオンの過去が少し明かされています。

1話などでエクスオンと通じていた「デボラ」という名の女性が、スティール・ルーラーと別れたばかりのエレノアの前に現れて、エレノアにレイスの要求に応じて欲しいと申し出ていました。

デボラはエレノアに発信機?盗聴器?を体の何処かに仕掛けてくれれば、レイスのことが今よりわかるから、と潜入スパイの役割を願い出ています。

デボラは「リフレクションが起きてから、私たちは国家の威光(意向?)を受けて設立された。名称はない。あなたたち(リフレクティッド)を監視し警戒し不測の事態に対処するために活動している」人物の一人です。指揮を執っている人なのでしょうか。

デボラとエクスオンは利害が一致したときのみに協力関係を結ぶだけの間柄で、詳しいことはわかっていないということでした。といってもデボラがエクスオンのことを調べていない訳ではなく、当然エクスオンのことを調べていました。

「20年前、ある施設で事故が起こり、火事になって消失した。何人も犠牲者が出たらしい。それも子供たちも。公式発表では生存者は1人。でも調査レポートには行方不明者と表現されてもいる。エックスと呼ばれた少年は誰? その少年が生存者? あなたのことなの?」

デボラが集めたレポートを読んだ後、エクスオンに尋ねているエレノアのセリフです。

20年前に政府の研究施設で火災が発生したこと、生存者は1人で他は全員死亡したこと、生存者は「行方不明」になっていること、その生存者は「X(エックス)」と呼ばれている(名付けられている)こと。エックス……エクスオン。

マイケルとヴィーの件からでしたか、エクスオンに味方する探偵「ジム」もこの研究施設に関係している人物のようです。彼は左半身に火傷のような痕があります。研究施設は火事で消失していますから……。

「あれは俺たち皆で決めたことだ。だから皆に悔いなどないはずだ」

このようにジムは言っています。ジムのこの台詞は、エレノアが20年前の施設火災の事件でエクスオンが仲間を見捨てて逃げたことを責めていて、エクスオンが「『その通りだ』と答えた」と言ったことに対しての言葉です。施設のことと事件のこと、エクスオンのことをよく知っている様子ですね、ジムは。

 

 

エクスオンの正体はなんなのか?

施設の一件から生まれたエクスオンについての疑問があります。それはエクスオンの正体とリフレクションの原因です。

エクスオンは他のリフレクティッドの能力をコピーし複数保持する能力を持っています。しかし彼がリフレクティッドなのかどうかは、作中一度も語られていません。

何が言いたいのかというと、「エクスオンはリフレクティッドではない」可能性があるということです。「リフレクション」時に光も煙も受けていない可能性ですね。

では何故エクスオンがリフレクティッドと同じ異能を持っているのか? それが研究施設につながるのではないかと私は考えています。施設は、リフレクティッドのような異能者を人工的に造り育てることを研究していた「軍事施設」だったのではないでしょうか。

エクスオンはリフレクションを受ける前からリフレクティッドだった可能性です。マイケルにはエクスオンはどのように見えるのか、気になります。

 

 

エクスオンからのリフレクション

となると、多数のリフレクティッドを生み出した「リフレクション」と名付けられている世界を襲った謎の現象も、自然災害などではなく人為的に発生されたものではないかという疑惑が浮上してきます。

レイスや、正体が一切わからない「ダークネス」も、もしかしたらその研究に携わっていた人物かもしれません。だとすればエクスオンは彼らの「以前」を知っているでしょう。スタン・リーさんがモデルの「ミスター・ミスティック」も関わっているかも?

 

 

アイガイがダークヒーロー化?

前回、もう一人のヒーローと思われる「アイガイ」が打ちひしがれていました。

自分が「レイス」たちを全米から注目を集めるための「灯台」の役割でしかなかったこと、チーム・アイガイとして自分のヒーローとしての活動を支えてくれていたメンバーが「レイス」の手にかかり全滅してしまったこと、この2点の事実が「アイガイ」を叩きのめしてしまいました。

チーム・アイガイは死の前に、アイガイの中の人「イアン・イゼット」のために彼一人で着られるように新たなパワードスーツを用意してくれていました。黒いスポーツカーも。これまでは3人がかりでないとパワードスーツを着ることができなかったのです。

バージョン2のパワードスーツを着たアイガイは、あえて人前でリフレクティッドと戦うなど、メディア向けの派手な行動は一切取らずに、レイスを倒そうとしています。

パワードスーツも以前の、ブラックにブルーのラインが多めに入っていたデザインよりブラックがより強くなっていて、ダークヒーロー感が出ています。恰好良い。

前回まで流れていた、アイガイのBGM「スカイ・ショー」が今回は流れませんでした。これも大きな違いです。

 

 

おわりに

エクスオンが20年前に仲間を見捨てたとエレノアは思っていて、自分は絶対にそんなことはしないとニューオーリンズで攫われたリフレクティッドたちを助けるため、自らの身をレイスの元へ投げ出そうとしています。

当然のことながらデボラたちはエレノアを追跡するでしょう。しかしデボラたちは人間ですから上手く行くとは思えません。スティール・ルーラーたちも手を打ってくるでしょうし。エクスオンはどうするのでしょうね。

ここへ来て物語が盛り上がってきたように思います。しかしネットなどを見ると、まぁ観ている方が少ないようで、反応がほとんどないんですよね……。確かに絵柄は地味ですし戦闘シーンもしょぼいですが。

 

 

スポンサーリンク