ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

セブンウップスのギターMICHIRUくんが2017年いっぱいでバンドを脱退だそうです。悲しい

スポンサーリンク

沖縄出身・在住の4ピースバンド「7!!(セブンウップス)」のギター担当「MICHIRU」くんが2017年いっぱいでバンドを脱退するという衝撃のニュースが飛び込んできました。

 

 

目次

 

 

ギターのMICHIRUがセブンウップス脱退を発表

lineblog.me

 

沖縄出身で現在も沖縄に在住している4ピースバンド「7!!(セブンウップス)」のギターと作詞作曲も手がける「MICHIRU(ミチル)」くんが、2017年12月31日を以てバンドを脱退することが2017年9月1日付の7!!公式ブログ上で発表されました。

 

という他の3人のメンバーのコメントもTwitterに投稿されています。

セブンウップスは高校2年生のときでしたか、文化祭の翌日にヴォーカルの「NANAE(ナナエ)」ちゃんが同じ学校のドラム「MAIKO(マイコ)」ちゃんを誘って、さらに後のリーダーとなるベースの「KEITA(ケイタ)」くんにも声をかけて、KEITAくんがギターのMICHIRUくんを紹介したとか何とかいうきっかけで結成されたバンドだったと思います。

シンセサイザーなどのサポートメンバーを除けば、それから10年以上もメンバー固定で活動を続けてきました。そんなセブンウップスからメンバーが1人抜けてしまうことが今回発表されたのです。本人たちもショックだったでしょう。

 

実は30歳までに納得のいく結果を出せていなければ音楽をやめようと決めていたこと、また音楽以外にも挑戦したい事ができたということもあり、自分勝手な決断で大変申し訳ないですが決心しました。

ブログの記事にはMICHIRUくんたちメンバーのコメントが書かれており、そのうちMICHIRUくんのコメントを読む限り、MICHIRUくんは音楽活動そのものを止めるみたいです。タレントや俳優など他の芸能の活動をするのか、芸能から離れて別の活動をするのかについては、記事作成現在、一切不明です。

 

 

MICHIRUの作詞作曲で気に入っている曲

私がMICHIRUくんが作詞作曲した曲で一番のお気に入りは「ノスタルジア〜ReReハロ〜」です。セカンドアルバム『STARTLINE』の10曲目に収録されています。

ノスタルジアは何でしょうね、完璧なんです。私にとって。全てにおいて不足がなく、私の心の中にある好みの型のようなものにスッポリハマります。

セカンドアルバムでは「I Stay」も好きですね。9曲目に収録されています。

ファーストアルバム『ドキドキ』では「ブランコ」が好きです。12曲目。「バイバイ」も良いですね、13曲目。マイナス1℃の雨〜は良いフレーズです。冷たすぎる涙だと。

サードアルバム『セツナエモーション』では、7曲目の「センチメートル」と9曲目の「HARU」が好きです。センチメートルは10代の頃の作られた曲をシングルリリースした楽曲だったはず。HARUは妻子ある男性を好きになった女性の心境を歌っていると、何かのインタビューで話していた気がします。

それと13thシングル「きみがいるなら」のカップリング曲「Yes or No」もとても好きです。NANAEちゃんの声の魅力が存分に発揮されているのではないかと。少し昭和ぽさもある良曲。

曲をご存じの方ならおわかりかと思いますが、私はマイナー調の、いわゆる寂しげな曲が好きです。上に挙げた曲の多くはマイナー調です。

セブンウップスの曲は、ショートバーションならYouTubeの公式ページにアップロードされているものが多いので、是非聴いてみて下さい。Amazonなどでも少し聴けるかな?

 

 

ギターの代わりはどうする?

ギターが脱退するということは代わりに誰かを入れなればいけないですよね。

あの4人ではない誰かが加わったバンドは、果たしてセブンウップスと呼べるのかどうか、ファンが受け入れられるのかどうか、非常に難しい問題です。いや受け入れるファンも多くいらっしゃるでしょうけど、以前と全く同じかは……という。今度どのように展開するのか注視したいです。

作詞作曲はベースのKEITAくんも、たまにドラムのMAIKOちゃんもしますから、ペースは今までより遅くなるかもしれないですが、その点はたぶん大丈夫でしょうけど。

 

 

おわりに

いやいや……驚きました。まさかウップスのメンバーが辞めることになるとは。

以前、2016年度まで「tvk(テレビ神奈川)」で放送されていた音楽情報バラエティ番組『saku saku』で、番組中にNANAEちゃんがあるゲームに敗れて、罰としてメンバーに電話をかけて日頃の感謝を伝えていたことがありました。そのときに突然NANAEちゃんから電話がかかってきたMICHIRUくんは、NANAEちゃんがバンドを辞めると言い出すのかとドキドキした、ということを言っていたのです。

つまりそのときはMICHIRUくんはバンドを辞めることを思っていなかったということですよね。決意したのはそれより後ということになると思いますから、やはり今年出したアルバムが思うより売れなかったことが直接の原因なのでしょうか。

悲しいですが、脱退は決定されたことで私などにはどうしようもないです。悲しむことは今日明日明後日くらいまでにして、来週くらいからは今後のMICHIRUくんの人生が幸多いことを願うことにします。今日はノスタルジアをループして聴きます……。

 

スポンサーリンク