ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

レイスがエレノアをヘッドハント? そのときレイスの声が初めて聞かれました - アニメ『ザ・リフレクション』6話「サンアントニオ」の感想

スポンサーリンク

毎週土曜日23:00より、NHK総合にてアニメ『ザ・リフレクション』が放送されています。

 

 

以下、最新話のネタバレ要素がありますので、大丈夫な方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

目次 

 

 

アニメ「ザ・リフレクション」

http://thereflection-anime.net/

 

2017年8月26日の放送は第6話「サンアントニオ」でした。

 

 

6話「サンアントニオ」

主人公の1人「エクスオン」と彼に依頼を受けて敵方の親玉「レイス」について調べている「エレノア」、2人には少しずつ仲間ができています。3話からは車椅子に乗る少女「リサ・リビングストン」が、5話では「マイケル・ホーデン」と「ヴィー・レ」の夫婦(?)が。ヴィーの他は光を受けたヒーロー、ヴィーのみ煙を受けています。

基本的には光を受けたヒーローは人間の姿を残していて、煙を受けた者は「ヴィラン(悪)」として破壊的行動を好み自分の欲求に忠実な傾向がありますけど、ヴィーに関しては煙を受けたにもかかわらずマイケルを助けようとします。破壊的な行動はしていません。

メンバーそれぞれは、エクスオンは触れた相手の能力をコピーする能力、エレノアは短距離の瞬間移動の能力、リサは乗っている車椅子を変形させ空をも飛べるロボット「ビッグホイール」にして自身がそのロボットに乗り込み操縦する能力、マイケルはリフレクティッドか否か、光か煙かを見分けられる能力、ヴィーは怪物化し自身を殻で包む能力を持っています。殻に包まれたヴィーはマイケルを守りマイケルの簡単な命令を聞きます。

エレノアたちは現在、アレン姓の人間を捜しています。しかし、5話のニューオーリンズでは「レイス」の部下「スティール・ルーラー」たちに自分たちが保護しようとしていた目的の女性やその他のリフレクティッドを連れ去られてしまい、レイスの後手を踏んでいます。この場合、マイケルとヴィーがリフレクティッドを一箇所にまとめて匿ったことが裏目に出たということでしょうか。

6話は、エレノアがアレンの血縁者多くいることを突き止め、サンアントニオへ向かうことにしています。しかしそこでもレイスに先を越されていました。ちなみに、ニューオーリンズはルイジアナ州、サンアントニオはニューオーリンズの西にあるテキサス州の町です。距離にしておよそ600km。

 

 

ニーナとマーガレット

打つ手がなくなったとエレノアが落胆しているところに、エクスオンはある男と連絡を取りました。時間経過はわかりませんが、後に男はエレノアたちの前に現れ、ある人物の存在をエレノアたちに提示しています。

現れた男性は「ジム」という名前で探偵だそう。以前はデボラという女性も出てきましたが、エクスオンのネットワークの広さは何なのでしょう。何者なのでしょうね。

探偵のジムが示した人物は「ニーナ・フィッシャー」という女性です。ニーナ・フィッシャー、アレン姓ではないですが、彼女は結婚をしていて姓が変わっている、アレンの血縁者のようでした。

フィッシャー家は町で美容室をしていて、エレノアたちは店へ向かいましたが、ニーナはおらずニーナの母マーガレットだけがいました。何でもニーナは今、L.A.(ロサンゼルス)にいるそうです。都会で美容院をやるんだと20年も前にサンアントニオを出て行ったきりと、マーガレットは吐き捨てるように言います。

しかし、マーガレットを何とか説得して、というか強引に連れ去って、一緒にL.A.まで行ってもらうことに。自動車で移動中、レイスの配下「フレイミング・フューリー」と、1話でアイガイと戦って敗れていた「デッド・ウィング」が現れ、マーガレットを奪おうとしました。マーガレットもリフレクティッドのようです。

しかし、エクスオンの機転か、これまで移動に使っていたエレノアの自動車はフェイクでジムがエクスオンのマスクを被り囮となり、エレノアとエクスオン、リサ、マーガレットは別の自動車でL.A.に向かっていました。マイケルとヴィーはジムと一緒に囮。

 

 

レイスがエレノアをスカウト

エレノアが運転する自動車がL.A.に向かっているその途中で、エレノアの意識にレイスが現れました。エクスオンたち他の人は気づいていません。

「君の能力を買っている。リフレクティッドが一つになる。この世界は我らのものとする。それをダークネスは望んでいる。そのためには必ず君も必要となる」と言っていたかと思います。

エレノアはそれを拒絶していました……が、これはフラグになっているのでしょうか。闇落ちする危険もありそうです。煙を受けたヴィーが光のマイケルやエレノアの味方をしているように、光を受けた者がレイスたちに味方することは可能性がゼロではない、そういうことが示唆されているかなと感じます。

エンドクレジットによると、レイスのCVは「宮田幸季(みやた・こうき)」さんのようです。レイスは男性ということで良いでしょうか。思ったより若い声でした。もっと年老いた人物かと想像していたので。

 

 

おわりに

L.A.に入り、マーガレットがニーナと再会したところで、スティール・ルーラーが現れました。スティール・ルーラーはマーガレットとニーナを連れ去ろうとしますが、2人はそれを拒否、スティール・ルーラーが実力行使に出ようとしたところで、アイガイが現れました。アイガイの本拠地はL.A.ですからね。

ずっと気になっていることがあります。それはエクスオンが光や煙かです。マイケル・ホーデンはエクスオンを見てどちらに見えたのでしょうか。ヴィーのように煙でも光の味方をする可能性がある訳ですからわからないですね。素顔もわかりませんし。

それとエクスオンとエレノアの関係も相変わらず気になります。なぜエクスオンはあれほどエレノアに厳しく当たるのか、親子ですかねぇ……。

 

 

スポンサーリンク