ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ブログ文章力もアップ?相手に伝える文章を書くためのコツは「形容詞を使わない」「五感に訴える」でした - Eテレ『テストの花道 ニューベンゼミ』

スポンサーリンク

毎月月曜日19:25よりEテレで放送されている『テストの花道 ニューベンゼミ』、2017年7月31日放送分は「長文問題に強くなる!芥川賞作家の文章術」でした。

 

 

『テストの花道 ニューベンゼミ』

www6.nhk.or.jp

 

新しい(ニュー)勉強法(ベン)=ニューベン!最新の受験情報やさまざまな勉強法を面白動画で紹介!

Eテレで放送されている『テストの花道 ニューベンゼミ』の番組説明です。

以前は『テストの花道』として、タレントの「所ジョージ」さんと、アイドルグループ「TOKIO(トキオ)」のリーダー「城島茂(じょうしま・しげる)」さんが司会をして、高校や大学受験の様々な勉強法などを紹介していた番組でした。

2016年度からでしたか、現在は『ニューベンゼミ』と名前を変えて、所ジョージさんも表舞台から退いています。しかし基本的な路線は変わらずに受験勉強のコツ的なものがたくさん紹介されています。

 

 

長文問題に強くなる!芥川賞作家の文章力

2017年7月31日放送の『ニューベンゼミ』は、「長文問題に強くなる!芥川賞作家の文章力」というサブタイトルで、現代国語の「長文問題」にフォーカスを当てた回でした。

今回の放送はブログを書く上でも役立つかなと思い、興味深く拝見しました。

出演していた方は、お笑いコンビ「インパルス」の「板倉俊之(いたくら・としゆき)」さんと、芥川賞作家の「羽田圭介(はだ・けいすけ)」さんです。

板倉さんは小説を書いていらっしゃるそうです。「トリガー」や「蟻地獄」といった作品を。「トリガー」は漫画家もされていて、城島さんは漫画版を読んだことがあるみたいでした。

羽田さんは「スクラップ・アンド・ビルド」 で芥川賞を受賞されたそうです。「又吉直樹(またよし・なおき)」さんの「火花」と同時受賞した方。

 

 

形容詞を使わない

街で中高校生に国語についてインタビューをしていましたが、長文問題が苦手だという人が多かったようです。文章から登場人物の気持ちを読み解く、いわゆる長文読解が難しいと感じているのですね。

文章を書く力を養えば、考えをまとめる力や文章を読み解く力も養える、という流れから、相手や読み手に伝える文章を読み手に伝わる文章を書くためのポイントが幾つかあげられていました。

相手に伝える文章を書くためのポイントは「具体的に描写すること」です。そのためには「形容詞を使わない」ことが重要で、形容詞を使わないで表現できれば具体性が生まれます。

形容詞とは「可愛い」「嬉しい」「楽しい」「美しい」「美味しい」などですね。

テレビの画面に、赤ちゃんの顔の画像が表示されました。赤ちゃんの可愛さを「可愛い」などの形容詞を使わずに、画像を見ていない人に伝えようとしています。

「ほっぺがぽちゃぽちゃの赤ちゃんが、私にニコニコ笑いかけた」

という例文が表示されていました。

形容詞は使わず、「ほっぺがぽちゃぽちゃ」や「ニコニコ笑いかけた」と具体的な表情を表現することで、赤ちゃんの様子を想像することができるようになります。

形容詞を使って「可愛い赤ちゃん」としてしまうと、表現が抽象的で相手に伝わりにくいです。「可愛い」の基準が人によって異なるから、具体的にどのように可愛いのかを書きましょう、ということです。

これは俳句や短歌などの詩歌でも言えることですよね。ブログを書く上でも、あの映画が面白かった・楽しかったと書くだけではなく、どのようなところをどのように感じられたから面白かったのかを書きましょうと。

形容詞を使わないで表現してみる。なるほど勉強になります。

 

 

五感に訴える

もう一つ、「五感に訴える」テクニックも紹介されていました。

 

ameblo.jp

 

ここでは怪談師の「山口綾子(やまぐち・あやこ)」さんが登場していました。

一つの怪談が扱われていて、その内容は「私(一人称)が放課後にトイレに行ったら、臭いがしたため個室に向かったところ、中から赤い服の女が出てきて追いかけられた」という内容です。

ただ、このままでは怖さが何も伝わりません。どのように文章を変えれば怖さを伝えられるのかというと、「五感に訴える」ことが重要です。

例えば、ドアノブを「ピタっと触ってみる」とか、何だかいつもより「ヒヤッと冷たい感じがする」とかのように「触覚(触れる)」に訴えてみたり、ドアが「ギィィィと音を立てて」とか「ゆっくりと開いていく」とかのように「聴覚(耳)」や「視覚(目)」に訴えてみたり、臭いが「モワッとキツくなる」と「嗅覚(鼻)」に訴えてみたりすることです。

音が聞こえたならどのような音が聞こえたのか、その音を聞いて私がどのように感じたのかを具体的に示してあげることによって、「臨場感」が生まれると山口さんは仰っていました。

 

 

おわりに

他には「心をつかむ書き出し」も重要だそうです。ツカミにはパターンがあって、「意外性」のある書き出し、「奇妙」だと思わせる書き出し、「セリフ」から始める書き出しの3つです。

 

形容詞を使わなかったり五感に訴えたり、つかむ書き出しにしたりすることで、具体的に表現して読者にそのシーンを想像をさせることができれば、「相手に伝わる文章」を書けたことになる、という回でした。

観ているときはなるほどなと思うのですが、いざ自分が文章を書くとなると思うようにいかないものです。私も何年もブログを書いていますが、伝わる文章を書けているかというと非常に怪しいです。

伝わる文章を書くためには文章を読むことも重要だそうです。私ももっと本を読まなければ。

 

スポンサーリンク