ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

『えいごであそぼ with Orton』2017年6月度第2週はpigの「プ」とoctopusの「オ」とbeeの「イー」の発音を学びました。日本語とほぼ同じ発音もあります

スポンサーリンク

平日06:45-06:55(再放送17:10-17:20)にEテレで放送されている『えいごであそぼ with Orton』の6月度の放送が始まっています。

 

 

目次

 

 

Eテレ『えいごであそぼ with Orton』

www.nhk.or.jp

 

Eテレで放送されていた『えいごであそぼ』は2016年度いっぱいで終了していて、2017年度からは『えいごであそぼ with Orton』と、番組名も内容も変わって再出発しています。

 

アルファベットを読むときの「音」で遊び、楽しく英語に親しむ番組。オートン・タウンを舞台に、実験、アニメ、体操、リズムダンスなど多彩なコーナーがいっぱいです。

大きなクジラの背中に建つ町、“オートン・タウン”。日本人、アメリカ人…ここで暮らす人々は、コミュニケーションをとるために、いつも英語の「音」であそんでいます。(以下略)

『えいごであそぼ with Orton』の内容についてはこのように書かれていました。

大きなクジラ「Orton(オートン)」の上に建つ町「Orton Town(オートンタウン)」が番組の舞台で、タレントの「厚切りジェイソン(あつぎり・じぇいそん)」さん演じる「Dr. Jason(ドクター・ジェイソン)」から、「AIRU(あいる)」「KIRARI(きらり)」「YUUKI(ゆうき)」の子ども3人が英語の音(発音)を楽しく学ぶ内容です。

元体操五輪代表選手「田中理恵(たなか・りえ)」さんも「たなかりえ先生」として、体操のおねえさん的に毎回出演しています。

 

 

『えいごであそぼ with Orton』4月度のおさらい

『えいごであそぼ with Orton』は「音」にフォーカスを当てています。Dr. Jasonが毎回のように新しい英語の発音に関する発明品を開発して、それを子どもたちが遊ぶことで発音を覚えます。

2017年4月度を観た限りでは、月の第1週と第2週の月-水曜日の6回でそれぞれ1つの発音を学んで、木-金曜日でおさらいをします。第3週は第1週の、第4週は第2週の再放送です。第1-2週の6回の放送で6つの発明品が紹介され、6つの英語の発音を学ぶ流れになります。

2017年4月度第1週第1回は「Fish(フィッシュ、魚)」の「F(フ)」の発音を学びました。「F」を発音するときには、上の歯と下の唇を付ける必要があります。

第1週第2回では「snake(スネイク、蛇)」の「S(ス)」の発音を学びました。「S」の発音をするときは息を強く出すことが必要です。

第1週第3回では「egg(エッグ、卵)」の「E(エ)」の発音を学びました。「E」の発音をするときは、口を少し下に開けることが必要です。

2017年4月度第2週1回目では「Sheep(シープ、羊)」の「sh(シ)」の発音を学びました。「sh(シ)」の発音をするときは唇を前方に突き出すことが必要です。

第2週2回目では「cup(カップ)」の「u(ア)」の発音を学びました。「u(ア)」を正しく発音するときは口を大きく動かさないことが必要です。

第2週3回目では「lion(ライオン)」の「l(ル?)」の発音を学びました。「lion」の「l」を正しく発音するときは上の前歯の裏側に舌先を付けることが必要です。

 

 

2017年5月度のおさらい

2017年5月度第1週1回目では「can」の「n(ン)」を学びました。「can」の「n」を正しく発音するためには、舌を上顎にくっ付ける必要があります。日本語の「缶」の発音では舌が上顎に付きません。

5月度第1週2回目では「animal」の「a(エに近いア)」を学びました。「animal」の「a」を正しく発音するためには、舌の先端ではなく、先端より1-2cmほど後方でしょうか、その部分を前方に突き出す必要があります(舌の先端は下の歯の裏に置く?)。

5月度第1週3回目では「ship」の「i(エに近いイ)」を学びました。「ship」の「i」を正しく発音するためには……Dr.Jasonからの言葉によるアドバイスはありませんでした。「イよりもエに近い」とYUUKIくんは言っていました。

2017年5月度第2週1回目では「bike」の「b(バというかブ?)」を学びました。英語の「bike」の「b」を正しく発音するためには、息を強く出す必要があります。日本語のカタカナの「バイク」の発音では息が強く出ていません。

5月度第2週2回目では「thunder」の「th(サ)」を学びました。英語の「thunder」の「th(サ)」を正しく発音するためには、歯で舌を挟む必要があります。日本語の「サ」の発音では歯で舌を挟みません。上の歯と舌をくっ付ける感じでしょうか。

5月度第2週3回目で「boat」の「oa(オウ)」を学びました。英語の「boat」の「oa(オウ)」を正しく発音するためには、波のように「オ↑ウ↓」と発音も盛り上がる必要があります。日本語の「ー」の発音では音が盛り上がりません。

 

 

2017年6月度第1週のおさらい 

2017年6月度第1週1回目では「catch」の「ch(チ)」を学びました。英語の「catch」の「ch」を正しく発音するためには、唇を前に突き出す必要があります。タコの口。日本語のカタカナの「キャッチ」の発音では唇は前に出ないためミットは開きません。

2017年6月度第1週2回目では「vegetable」の「v(ヴ)」を学びました。英語の「vegetable」の「v(ヴ)」を正しく発音するためには、上の歯と下唇がくっついている必要があります。日本語の「チ」の発音では歯と下唇がくっつきません。

2017年6月度第1週3回目では「coin」の「oi(オイ)」を学びました。英語の「coin」の「oi(オイ)」を正しく発音するためには、人形がジャンプするように「オ↑イ↓」と発音も山状に盛り上がる必要があります。日本語の「コイン」の発音では音が盛り上がりません。

 

 

2017年6月度第2週

今週は「AIRU」ちゃんと「KIRARI」ちゃんが出演していました。「YUUKI」くんはお休み。初週以外は、子供は3人のうち1人が休みで2人が出演しています。

2017年6月度第2週1日目でDr.Jasonが発明したマシンは「pig escape(ピッグ・エスケープ)」というものです。

紙で作られた家があり、紙で作られレールの上に乗った子豚がその家へ向かっています。Dr.Jasonが狼のお面を被っていて子豚が家に早く避難できるように、子豚の紙模型を「プププ」と息を吹きかけてあげます。紙の子豚に正しく「p(プ)」と発音すると、子豚が動いてくれる仕組みです。

英語の「pig」の「p(プ)」を正しく発音するためには、息を強く吐き出す必要があります。日本語のカタカナの「プ」よりも強い。

他には「pineapple(パイナップル)」の「p」も「pig」の「p」と同じだそうです。

 

2017年6月度第2週2日目でDr.Jasonが発明したマシンは「peekaboo octopus(ピーカブー・オクトパス)」というものです。

蛸壺(たこつぼ)に入ったタコ(蛸)を釣り上げるマシンです。顎を乗せる台があり、顎を乗せた状態で英語の「octopus」の「o(オ)」を正しく発音すると、タコにかかっている紐(ひも)がクレーンで引き上げられてタコを釣ることができる仕組みです。

英語の「octopus」の「o(オ)」を正しく発音するためには、口を大きく開けて「ア」に近い「オ」を発音する必要があります。日本語の「オ」の発音ではそれほど口が大きく開きません。

他には「fox(フォックス)」の「o」も「octopus」の「o」と同じ発音だそうです。

 

2017年6月度第2週3日目でDr.Jasonが発明したマシンは「capture the bee(キャプチャー・ザ・ビー)」というものです。

棒2本が伸びていて棒の先端を口で加えます。棒の反対側の先には檻(おり)のような物が左右に分かれています。檻のさらに先にはハチ(蜂)の人形があり人形は檻の方へ向かってきます。蜂が檻の位置まで来たらタイミングよく正しく英語の「bee(ビー)」の「ee(イー)」と発音すると、棒が動いて檻が閉じて蜂を檻に閉じ込められるようになっています。

英語の「bee」の「ee(イー)」は実は日本語の「イー」とほとんど同じ発音だそうです。AIRUちゃんもKIRARIちゃんも一度で上手に言えていました。

 

 

おわりに

これまでの『えいごであそぼ with Orton』では日本語と英語では発音が異なるよということを伝えてきました。しかし6月度第2週では日本語と英語でもほとんど同じ発音の言葉もあるんだよと変化球を投げてきました。

むしろ全部違ってくれた方が、なまじ同じ発音が混ざっているより覚えやすかったかもしれないですね。例外があると、これは例外だっけ? と迷いが生じてしまいそうで。

 

dysdis.hatenablog.com

スポンサーリンク