ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

「Champion(チャンピオン)」の「ランタグ」こと「ランナーズタグ」の古着Tシャツを購入しました

スポンサーリンク

先日、あるお店で「Champion(チャンピオン)」の「ランタグ」こと「ランナーズタグ」の古着Tシャツを購入しました。購入価格は780円でした。安い。

 

 

「Champion(チャンピオン)」とは?

www.championusa.jp

 

チャンピオン(Champion)はアメリカ合衆国のスポーツ衣料メーカー。ノースカロライナ州のウィンストン・セーラムに本社を置くヘインズブランズの子会社。
ヘインズブランズの会社としてはヘインズに次ぐ2番目の規模である。Tシャツ、ポロシャツ、ショーツ、スウェット、ジャケット、スポーツブラ、スカートなどを発売している。

(略)

1919年にサイモン・フェインブルームによって「Champion Athleticwear」としてニューヨーク州ロチェスターで設立された[1]。

チャンピオン (スポーツ衣料) - Wikipedia

チャンピオン  (スポーツ衣料) のWikipediaにはこのように書かれています。あと2年で創業100年という歴史のある米国の衣料メーカーです。

古着ですと、スウェットシャツの「リバースウィーブ」が真っ先に頭に思い浮かびます。

 

 

チャンピオンの「ランタグ」

feeet.sblo.jp

 

古着屋『Feeet』さんのブログにChampionの「ランタグ」こと「ランナーズタグ」の古着講座がありました。私のような中途半端な人間が下手に説明するよりそちらをご覧いただいた方が確実です。ご覧になってください。

 

ameblo.jp

 

また、『チャンピオンマニアの視点』さんというブログさんにも詳しい説明がありました。

タグやブランドロゴ、マークのデザインはその変遷を見ているだけで楽しいです。

 

 

購入したランタグのTシャツ

f:id:dysdis:20170615182456j:plain

こちらが私が購入したChampionのショートスリーブのクルーネックTシャツです。古着。

白無地で胸にはヒッピーなサーファーさんのプリント入り。左袖口にChampionのマークが見られます。

サイズはSmall (36-38) でした。私はMedium (38-40) がジャストサイズなので少々小さく、1枚で着ると若干パツります。インナーとしてなら全く問題なく着られるサイズ感です。Tシャツ1枚で着る期間より重ね着をする期間の方が長いですからね。

 

f:id:dysdis:20170615182500j:plain

バックは無地。

 

f:id:dysdis:20170615182925j:plain

こちらがタグです。ロゴやマークのデザインを見ると50-60年代のものと合致しそうです。

 

f:id:dysdis:20170615183314j:plain

タグの背面です。英語による洗濯表示がありました。

 

 

復刻ランタグかどうかを見分けたい

問題はこの古着Tシャツがオリジナルか復刻かという点ですね。日本で流通しているランタグは日本で復刻されたものも多いです。

私が行うランタグがオリジナルか復刻かの見分け方は単純で、ボディ内側に「日本語の洗濯表示タグ」があるかどうか、それだけです。ブランドのタグだけで見分けることは私にはできません。もっと別の、確実な方法があるかもしれません。

購入した古着Tシャツには日本語の洗濯表示タグがありませんでした。タグ裏面に英語の洗濯表示がある時点で日本のものではない可能性は高いかなと思っています。

ただし、今回購入した古着Tシャツは状態があまりに良すぎるんですよね……なので復刻の可能性は未だ捨てきれません。780円だから復刻でもいいか、と割り切っています。

 

 

おわりに

ということで(私が)忘れた頃にやって来るファッション・カテゴリの記事でした。

このランタグS/STシャツの着こなしはシンプルです。トップはネルシャツやオックスシャツなどコットンシャツのインナーに着るだけです。真夏ならこれ1枚で。

ボトムはジーンズでもコーデュロイでも、ロングパンツでもショートパンツでも、アメリカンなカジュアルなら基本的には何でも合うでしょう。以前ブログで紹介した古着「CANTON(キャントン)」のジーンズや、「Levi's(リーバイス)」の517コーデュロイにも合いそうです。

 

dysdis.hatenablog.com

dysdis.hatenablog.com