ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

Eテレ『シャキーン!』「謎新聞ミライタイムズ」の2017年6月14日放送分はスッパ抜けたと思います。ヒントは「隠せば読める」です

スポンサーリンク

平日07:00よりEテレにて放送されている知的エンターテインメント番組『シャキーン!』、ほぼ毎週水曜日は「謎新聞ミライタイムズ」の日です。

 

 

目次

 

 

「謎新聞ミライタイムズ」2017年6月14日放送分

www.nhk.or.jp

 

ほぼ毎週水曜日の『シャキーン!』は「謎新聞ミライタイムズ」が放送される日です。2017年6月14日放送の謎はスッパ抜けたと思います。

「ミライタイムズ」のコーナーは、一言で言うと「なぞなぞ」のコーナーです。

とある小学校の新聞部の部長「トキオ」くんと副部長「キョウコ」ちゃんが毎週、学校に壁新聞「トキワタイムズ」を発行しています。ところが、彼らの発行する壁新聞が毎週のように「The Mirai Times ミライタイムズ」という謎の新聞に張り替えられてしまいます。

「シルクハット団」なる組織が発行しているミライタイムズには、近い未来に振りかかる恐ろしい出来事が書かれているそうです。トキオくんとキョウコちゃんが、学校の平和を守るため、ミライタイムズに書かれている謎を解明する、という物語です。

今回は「No.0086 宇宙人襲来! テストの文字が宇宙語に!!」という謎でした。全国の小学校で、謎の小型の飛行物体が多数飛来して、テストの文字を解読不能なものに変換してしまう事件が発生しています。飛行物体は直径15cmほどの円盤型で、乳白色のクラゲのような生物が乗っているそう。

そのクラゲのような生物が円盤の下部から触手の・ようなものを出してそこから光線を放射、光が当たった文字が一瞬で記号に変換されます。飛行物体が見られるのは筆記テストをしている教室だけで通常授業を行っている教室では見ることはないとのこと。変換された文字は言語学者でも解読に1年以上かかるだろうと言われているそうです。見てみたい。

 

 

No.0086 宇宙人襲来! テストの文字が宇宙語に!!

2017年6月14日放送の第86回の謎は「絵(記号)」です。

画面には解読不能な線がたくさん引かれていて、その左右の端には鉛筆の先端とお尻の部分の絵が描かれています。

文章では内容を上手く説明できないので、下に『シャキーン!』公式Webサイトのミライタイムズのページへのリンクを貼っておきます。参考になさってください。

 

シャキーン! 謎新聞ミライタイムズ - キッズワールド NHK Eテレ こどもポータル

 

トキオくんからのヒントは「隠せば読めるんだ」「隠せば読めるとはどういうことか考えてみてくれ」と言っていたと思います。

ここから私の答えを書きます。解答が合っていればネタバレになるので、答えが分かっても大丈夫な方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「No.0086 宇宙人襲来! テストの文字が宇宙語に!!」の答え

「ミライタイムズ」第86回の謎の、私が導いた答えは「エンピツ(鉛筆)」です。

トキオくんのヒント「隠せば読める」が重要というかそのままです。

錯視を狙っているのが今回の問題と思います。「アモーダル補完」ですね。アモーダル補完とは、脳が一部の見えない部分を自動的に補って全体を想像する現象のことかと思います。

画面の記号の両端にある鉛筆の先端とお尻に合わせて、実際に鉛筆などの棒状の物をあてがいます。すると「エンピツ」の文字が見えてくるはずです。あてがった鉛筆によって「エンピツ」の文字を横切って見えなくなっていますが、そこを「アモーダル補完」で補完され「エンピツ」の文字を想像できます。

よって私の導き出した答えは「エンピツ(鉛筆)」になりました。鉛筆の絵が描かれている時点で出落ち感がありますから、逆に答えが「エンピツ」ではないかもしれないと不安になっています。解答編は明後日2017年6月16日金曜日に放送される予定です。

 

 

追記(解答編)

解答編が放送されました。答えは「エンピツ」でした。解き方も合っていたようです。

 

dysdis.hatenablog.com