読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

『えいごであそぼ with Orton』2017年5月度第2週はbikeの「バ(ブ)」とthunderの「サ」とboatの「オウ」の発音を学びました。「th」のコツがわかった気がします

スポンサーリンク

平日06:45-06:55(再放送17:10-17:20)にEテレで放送されている『えいごであそぼ with Orton』の5月度が始まっています。

 

 

Eテレ『えいごであそぼ with Orton』

www.nhk.or.jp

 

Eテレで放送されていた『えいごであそぼ』は2016年度いっぱいで終了していて、2017年度からは『えいごであそぼ with Orton』と、番組名も内容も変わって再出発しています。

 

アルファベットを読むときの「音」で遊び、楽しく英語に親しむ番組。オートン・タウンを舞台に、実験、アニメ、体操、リズムダンスなど多彩なコーナーがいっぱいです。

大きなクジラの背中に建つ町、“オートン・タウン”。日本人、アメリカ人…ここで暮らす人々は、コミュニケーションをとるために、いつも英語の「音」であそんでいます。(以下略)

『えいごであそぼ with Orton』の内容についてはこのように書かれていました。

大きなクジラ「Orton(オートン)」の上に建つ町「Orton Town(オートンタウン)」が番組の舞台で、タレントの「厚切りジェイソン(あつぎり・じぇいそん)」さん演じる「Dr. Jason(ドクター・ジェイソン)」から、「AIRU(あいる)」「KIRARI(きらり)」「YUUKI(ゆうき)」の子ども3人が英語の音(発音)を楽しく学ぶ内容です。

元体操五輪代表選手「田中理恵(たなか・りえ)」さんも「たなかりえ先生」として、体操のおねえさん的に毎回出演しています。

 

 

『えいごであそぼ with Orton』4月度のおさらい

『えいごであそぼ with Orton』は「音」にフォーカスを当てています。Dr. Jasonが毎回のように新しい英語の発音に関する発明品を開発して、それを子どもたちが遊ぶことで発音を覚えます。

2017年4月度を観た限りでは、月の第1週と第2週の月-水曜日の6回でそれぞれ1つの発音を学んで、木-金曜日でおさらいをします。第3週は第1週の、第4週は第2週の再放送です。第1-2週の6回の放送で6つの発明品が紹介され、6つの英語の発音を学ぶ流れになります。

2017年4月度第1週第1回は「Fish(フィッシュ、魚)」の「F(フ)」の発音を学びました。「F」を発音するときには、上の歯と下の唇を付ける必要があります。

第1週第2回では「snake(スネイク、蛇)」の「S(ス)」の発音を学びました。「S」の発音をするときは息を強く出すことが必要です。

第1週第3回では「egg(エッグ、卵)」の「E(エ)」の発音を学びました。「E」の発音をするときは、口を少し下に開けることが必要です。

2017年4月度第2週1回目では「Sheep(シープ、羊)」の「sh(シ)」の発音を学びました。「sh(シ)」の発音をするときは唇を前方に突き出すことが必要です。

第2週2回目では「cup(カップ)」の「u(ア)」の発音を学びました。「u(ア)」を正しく発音するときは口を大きく動かさないことが必要です。

第2週3回目では「lion(ライオン)」の「l(ル?)」の発音を学びました。「lion」の「l」を正しく発音するときは上の前歯の裏側に舌先を付けることが必要です。

 

 

2017年5月度第1週のおさらい

2017年5月度第1週1回目では「can」の「n(ン)」を学びました。「can」の「n」を正しく発音するためには、舌を上顎にくっ付ける必要があります。日本語の「缶」の発音では舌が上顎に付きません。

第1週2回目では「animal」の「a(エに近いア)」を学びました。「animal」の「a」を正しく発音するためには、舌の先端ではなく、先端より1-2cmほど後方でしょうか、その部分を前方に突き出す必要があります(舌の先端は下の歯の裏に置く?)。

第1週3回目では「ship」の「i(エに近いイ)」を学びました。「ship」の「i」を正しく発音するためには……Dr.Jasonからの言葉によるアドバイスはありませんでした。「イよりもエに近い」とYUUKIくんは言っていました。

 

 

2017年5月度第2週のおさらい

2017年5月度第2週1日目でDr.Jasonが発明したアイテムは「bike launcher(バイク・ランチャー)」というものです。

坂道と坂道の頂上にバイクに乗った人の模型です。ライダーの模型の背後に口を近づけ、「bike」の「b(バというかブ?)」を正しく発音するとライダーの体が前方に傾き、その重視移動でバイクが坂道を下っていきます。息を強く吹きかけることでライダーが動く仕組みです。

英語の「bike」の「b」を正しく発音するためには、息を強く出す必要があります。日本語のカタカナの「バイク」の発音では息が強く出ていません。

 

2017年5月度第2週2日目でDr.Jasonが発明したアイテムは「thunder shoot(サンダー・シュート)」というものです。

箱型の物体の上にゴムが張られていて、そのゴムを口に咥えた状態で「thunder」の「th(サ)」を正しく発音すると、紐が引っ張られてそれがスイッチとなり雷の音が鳴る仕組みです。

英語の「thunder」の「th(サ)」を正しく発音するためには、歯で舌を挟む必要があります。日本語の「サ」の発音では歯で舌を挟みません。上の歯と舌をくっ付ける感じでしょうか。

 

2017年5月度第2週3日目でDr.Jasonが発明したアイテムは「row your boat(ロー・ユア・ボート)」というものです。

海を模したレールの上にボートが乗せられていて、それを人が押し進める装置です。ボートを押すときには「ボート」「ボート」「ボート」と言いながら前方に進みます。

レールは途中で盛り上がっていて(波が立っていて)、「ボート」の「ー」を発音するときにボートが波を乗り越えます。

英語の「boat」の「oa(オウ)」を正しく発音するためには、波のように「オ↑ウ↓」と発音も盛り上がる必要があります。日本語の「ー」の発音では音が盛り上がりません。 

 

 

おわりに

木曜日ではカルタ遊び的なことをしていて、今週学んだ発音と同じ発音をする他の単語が出ていました。例えば「bike」と同じ「book(ブック)」や、「thunder」と同じ「thief(シーフ)」、「boat」と同じ「coat(コート)」ですね。

学んだことを活かせないといけないですから、こういった例を幾つか用意してもらうと応用を利かせられます。ありがたい。

いやいや今週も勉強になりました。特に「th」と「oa」が。「th」はこれまで個人的にコツがなかなかつかみにくい発音の印象があったのですが、ゴム紐を挟むようにとイメージすると言われるとわかりやすかったです。

 

dysdis.hatenablog.com