ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

2017年春イベ「出撃!北東方面 第五艦隊」の第五艦隊は誰かを調べました。一式戦「隼」も実装されるそうです

スポンサーリンク

2017年4月29日、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の公式Twitterアカウント@KanColle_STAFFより、2017年春イベントのタイトルが発表されました。

 

 

2017年春イベは「出撃!北東方面 第五艦隊」

 

というツイートがそれ。2017年5月2日火曜日から約20日間の日程で開催される予定の2017年春イベントは、タイトルが「出撃!北東方面 第五艦隊」となりました。

 

また2017年4月30日の告知では、前段作戦は3海域あり、その中には対潜マップもあるようです。3海域全て対潜とは考えづらいのでどれか1マップと思います。対潜セットのソナーと爆雷を一定数揃えておきたいところ。

 

 

第五艦隊とは?

第五艦隊とは何を指すのかという疑問が沸いてきますね。

 

第五艦隊(だいごかんたい)は、旧日本海軍の部隊の1つ。日中戦争時に増援のために編成され、華南方面に進出した部隊と、太平洋戦争時に本土東方警備・アリューシャン列島攻略を目的に編成した部隊の二つがある。

第五艦隊 (日本海軍) - Wikipedia

第五艦隊 (日本海軍) のWikipediaにはこのように書かれています。

日中戦争時に華南方面に向かった部隊と太平洋戦争時にアリューシャン列島に向けた部隊と2つあるとのことです。艦これの話ですから後者になるはずです。

 

1941年12月10日 太平洋戦争開戦時の編制
第21戦隊:多摩、木曾、君川丸
第22戦隊:粟田丸、浅香丸
第7根拠地隊
第10砲艦隊、第17掃海隊、第66駆潜隊
父島海軍航空隊、第7防備隊
附属:鷺、鳩

太平洋戦争時に初めて編成された第五艦隊は以上のような構成だそうです。軽巡洋艦の「多摩(たま)」と「木曾(きそ)」を中心とした編成です。「君川丸(きみかわまる)」は特設水上機母艦、「粟田丸(あわたまる)」と「浅香丸(あさかまる)」は特設巡洋艦、「鷺(さぎ)」と「鳩(はと)」は水雷艇みたいです。

記事作成時点で艦これのゲームに実装されているのは軽巡の2隻のみ。

その後、1942年7月14日のミッドウェー海戦後、1943年4月1日のガダルカナル島撤退後、1944年4月1日の戦時編制制度改定後、1944年8月15日のマリアナ沖海戦後、1944年12月15日の南西方面艦隊編入時とそれぞれ編成が異なります。

 

 

アリューシャン列島はどこにある?

上記の幾つかの編成で可能性がありそうなのがミッドウェー海戦後の編成かなと思います。というのもイベントタイトルの「北東方面」とは「アリューシャン列島攻略」を指しているのかなと思えるからです。

 

アリューシャン列島(アリューシャンれっとう、英語: Aleutian Islands [əˈluːʃən]; 「アレウトの島々」の意)は、北太平洋に弧状に連なり、アメリカ合衆国のアラスカ半島からロシアのカムチャツカ半島にかけて約1,930キロメートルにわたって延びる列島である。

アリューシャン列島 - Wikipedia

アリューシャン列島のWikipediaにはこのように書かれています。アラスカ半島からカムチャツカ半島にかけて伸びているのですから、日本から見れば北東に位置しています。

アリューシャン列島攻略作戦(AL作戦)が行われた日付は1942年6月3日-7日です。ミッドウェー海戦が1942年6月5日-7日です。ほぼ同時期というか同時期。

 

 

2017年春イベの「第五艦隊」の編成

第21戦隊:那智、多摩、木曽
第22戦隊:栗田丸、赤城丸、浅香丸
父島方面特別根拠地隊
第17掃海隊、まがね丸、江戸丸
父島海軍航空隊、父島海軍通信隊
附属:帆風、汐風
第26潜水隊:呂61、呂62、呂65、呂67
第33潜水隊:呂63、呂64、呂68
第13駆潜隊、第1~3監視艇隊、君川丸、興和丸、第2日の丸、第10福栄丸、神津丸、第1雲洋丸
第5警備隊

先述した第五艦隊のWikipediaのうち、ミッドウェー海戦後の編成は上記引用部のようになっています。

先ほど書いた編成とはかなり異なります。上記に記載していない艦で艦これに関わりそうな艦を挙げると、重巡洋艦「那智(なち)」と峯風(みねかぜ)型12番駆逐艦「帆風(ほかぜ)」と同8番艦「汐風(しおかぜ)」、呂号(ろごう)潜水艦ズでしょうか。

艦これ未実装艦は帆風と汐風、呂号たちですので、第五艦隊がこの編成を指しているのであれば、これらの艦娘は報酬になる可能性があります。クリア報酬なのかドロップなのかは不明。

先ほど書いた多摩と木曾、そして那智の3隻はルート固定に使われたり特攻持ちになったりする可能性があります。

ガダルカナル島撤退後の編成も考慮すると、軽巡「阿武隈(あぶくま)」や駆逐「朝雲(あさぐも)」、「山雲(やまぐも)」、「白雲(しらくも)」、「薄雲(うすぐも)」、「初春(はつはる)」、「初霜(はつしも)」、「若葉(わかば)」が含まれます。

 

 

装備「一式戦 隼Ⅱ型」

 4月28日のTwitterにはこのように書かれていました。

一式戦とは「一式戦闘機」のことです。読みは「いっしき・せんとうき」か「いちしき・せんとうき」です。

艦これではこれまでにないカテゴリの戦闘機になるでしょうか。自軍はランカーになったことがありませんで、未だ見たことのない装備アイテムです。既に4月度のランカーさんに向けて先行実装されています。2017春イベにも実装されると。

乙作戦なら54戦隊で、甲作戦なら64戦隊ということですか? Twitterの「『乙』作戦以上の」意味がわからないです。甲は64戦隊なんですよね?「『 乙』作戦以下」の誤りでしょうか。

 

一式戦闘機(いっしきせんとうき、いちしき-)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。キ番号(試作名称)はキ43。愛称は隼(はやぶさ)。呼称・略称は一式戦、一戦、ヨンサンなど。連合軍のコードネームはOscar(オスカー)。開発は中島飛行機、製造は中島および立川飛行機[注 1]。

一式戦闘機 - Wikipedia

一式戦闘機のWikipediaにはこのようにあります。

一式戦とは略称です。連合軍にはOscarと呼ばれていたのですね。海軍ではなく陸軍の戦闘機ということで、艦これではどのような住み分けがなされるのか、たいへん興味があります。

 

 

2017春イベントでこれまでわかっていること

イベントタイトルは「出撃!北東方面 第五艦隊」であること、イベント開始日は2017年5月2日火曜日であること、開催期間が「約ニ十日間」であること(中規模以上?)、作戦海域は北方方面で前段作戦と後段作戦に分かれており、前段は3海域あること、前段作戦には対潜マップがありそうなこと、イベントと同時に実装されるのは「多彩な艦娘」(複数実装?)であること、実装される艦娘の1隻が「貨客船から改装され、航空機輸送で戦線を支え、護衛空母として船団護衛中に最期を遂げた航空母艦」「貨客船三姉妹を改装した小さめの空母」(大鷹型?)であること、陸軍戦闘機「一式戦」系列が実装されることです。

 

 

おわりに

作戦開始がいよいよ明後日に迫ってきました。早いですね。今回は1年前に近いくらいな規模になると思われますので、いつも以上に怖いです。クリアできるのか、新艦娘は全て取ることができるのか……。

 

dysdis.hatenablog.com

スポンサーリンク