ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

『ニュース シブ5時』で放送された「ナポリタン焼きそば」が美味しそうでした。焼き目がポイントです

スポンサーリンク

平日16:50からNHK総合で放送されている報道・情報番組『ニュース シブ5時』、2017年4月24日の放送で、「ナポリタン焼きそば」なる料理の作り方を紹介していて美味しそうでした。

 

 

ニュース シブ5時

4時も!シブ5時/ニュース シブ5時 - NHK

 

平日16:50からNHK総合で放送されている報道・情報番組『ニュース シブ5時』、2017年度からは16:00からも『4時も!シブ5時』として放送時間が延長されています。出演者は異なるので別番組と捉えた方が良いかもしれません。

 

 

ゆーちゃむのGO!GO!キッチン

その『シブ5時』の中で「ゆーちゃむのGO!GO!キッチン」というコーナーがあります。

 

ameblo.jp

 

「キッチンのプリンス」こと俳優の「小林豊(こばやし・ゆたか)」さんが担当している料理のコーナーです。2017年4月24日放送のGO!GO!キッチンで紹介されていた「ナポリタン焼きそば」なる料理がとても美味しそうでした。

焼きそばが最近ブームだそうで焼きそばの専門店もあるとのことでした。専門店ではソースやイカスミ、キムチ、あんかけの各種焼きそばがあり、さらにメニューに合わせて太麺と細麺を選ぶことができるということです。麺は自家製。

 

yakisobano-marusyo.com

 

紹介されていた焼きそば専門店は「まるしょう」さんでした。その「まるしょう」の店主の方が先述の「ナポリタン焼きそば」の作り方を教えて下さいました。「まるしょう」の名物だそうです。

 

 

「ナポリタン焼きそば」の作り方

元々は店主の方がスパゲッティ専門店で働いていらして、ナポリタンを焼きそばでやってみたら面白いかなと思って作ったのが「ナポリタン焼きそば」のレシピが生まれたきっかけみたいです。

 

材料

「ナポリタン焼きそば」の材料(1人分)です。テレビ画面で紹介されていたのは市販の「焼きそば麺」1袋と「たまねぎ」や「ソーセージ」、「ブロッコリー」、「茄子」、「しめじ」といった具でした。

具はお好みで良いとのこと。例えば、ソーセージではなくベーコンを使っても良いですし、

実際は「ニンニク」と「オリーブオイル」大さじ1杯、「粉チーズ」、「パセリ」、「ケチャップ」、「塩」、「胡椒」、「水」少々も使っています。分量が書いていない材料は全て「適宜」です。

「だし汁」も使っていましたけど詳細は不明です。

 

作り方

「ナポリタン焼きそば」の作り方です。

まず具材を食べやすい大きさにカットしておきます。

次に熱したフライパンに(ナポリタンなので)オリーブオイルを大さじ1を入れ、さらにニンニクを加えて炒めます。火力は「強火」です。香りつけできたらカットした具材を投入して炒めます。

具材を炒めたら一度お皿などに取り分けておきます。

フライパンに焼きそばの麺を入れ、「ほぐさない」で片面に焼き目をつけます。焼き目が付いたところで水を少し加えると麺がほぐれやすくなります。

麺がほぐれたら鍋に先ほど炒めた具を再び投入します。ケチャップと塩・胡椒を加えて味を整えます。焼きそばは和えるのではなく、しっかりと炒めます。

最後にお皿に盛り付け、仕上げに粉チーズと刻みパセリを加えて出来上がりです。

 

ポイント

結構簡単です。ポイントは具材と麺を別々に炒めることです。麺に焼き目・焦げ目をつけるために麺だけを焼くようにすると。その方が焼きそばらしくなると言っていました。

一般的な作り方だと、野菜を先に炒めて後から麺を乗せて、水をかけてほぐして……と料理するかと思いますが、随分と手順が異なります。確かに普通の作り方だと麺にしっかりとした焼き目は付きにくくなりますね。

それと作る量は1人分ずつ作るということでした。火力と量のバランスを考えて。

 

 

おわりに

小林さんの感想は「麺がモチモチしているところとカリカリしているところがあります。カリモチになっています」「ナポリタンのつもりでも食べているし……不思議な感覚ですね!」ということでした。

味はナポリタンなんだけど、麺の食感のモチカリ感がやはり少し違って焼きそば感があるところが、単なるナポリタンとは異なるようです。

これはなかなか美味しそうでした。普通に焼きそばを食べるときにもこの焼き目・焦げ目をつけるアイデアは役立ちそうだと思います。

 

dysdis.hatenablog.com