読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ハネテル君こと小太郎とイモが好きな茜の純愛な恋愛が甘酸っぱいです - アニメ『月がきれい』2話「一握の砂」の感想

スポンサーリンク

2017年4月7日金曜日00:00(木曜深夜)より、TOKYO MXにてアニメ『月がきれい』が放送されています。

以下、最新話のネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

アニメ『月がきれい』

 

tsukigakirei.jp

 

2017年4月14日の放送は第2話「一握の砂」でした。歌人「石川啄木(いしかわ・たくぼく)」の第一歌集のタイトルです。

ちなみに1話のタイトルは「春と修羅」です。「宮沢賢治(みやざわ・けんじ)」ですね。賢治も啄木も岩手県の出身だったかと思います。1,2話で並べたことは偶然なのでしょうか。

また、タイトルの「月がきれい」は、文豪「夏目漱石(なつめ・そうせき)」が教師をしていたときに「I love you.」を意訳したものでしたか。漱石の訳は「月が綺麗ですね」だったと思います。逸話。

 

 

イントロダクション

小説家志望の文芸部員、小太郎。茜は陸上部で短距離走専門。中学3年になり、初めて知り合った2人。家族と食事に出かけたファミレスで出くわしたり、運動会の用具係で一緒に作業したりが続き、互いを意識し始める。

こちらが『月がきれい』のイントロダクションではなく、1話のあらすじです。ジャンルは恋愛ものです。今のところ純愛です。

 

 

主な登場人物

『月がきれい』の主な登場人物を紹介します。

 

主人公は「安曇小太郎(あずみ・こたろう)」ですCVが「千葉翔也(ちば・しょうや)」さん。

3年1組で文芸部部長。「太宰治(だざい・おさむ)」が好きで、小説家に憧れている少年です。一人っ子。勉強は得意はないようで、成績は中の下だそう。クラスではあまり目立たない存在です。

ヒロインは「水野茜(みずの・あかね)」です。CV「小原好美(こはら・このみ)」さん。

小太郎と同じ3年1組。陸上部所属、短距離走専門。2歳上に姉がいます。勉強は普段からしているタイプのようで成績は良いそうです。内弁慶なところがあって学校など大人しい性格です。緊張しいで、イモのゆるキャラのマスコット、その名も「イモ」を握っては緊張をほぐしています。『四畳半神話大系』でいうところの「明石さん」が持っている「もちぐまん」のようなもの?

 

小太郎には親友が2人います。1人が「山科ろまん(やましな・ろまん)」です。CV「筆村栄心(ふでむら・えいしん)」さん。3年1組で帰宅部。小太郎とは小学校時代からの友人です。外見からして中性的で、髪の色は紫色で髪留めをしています。不思議ちゃん、だそう。

もう1人が「小笠原大地(おがさわら・だいち)」です。CV「金子誠(かねこ・まこと)」さん。3年1組で柔道部部長。成績も優秀。小太郎とは小学校高学年からの親友です。3人ではツッコミ役。

 

茜にも親友が2人います。1人が「西尾千夏(にしお・ちなつ)」です。CV「村川梨衣(むらかわ・りえ)」さん。3年2組、陸上部所属、短距離走専門。明るく天真爛漫、人懐っこく、男女問わず人気があるそうです。

もう1人が「滝沢葵(たきざわ・あおい)」です。CV「白石晴香(しらいし・はるか)」さん。3年3組、陸上部、走り幅跳び専門。3人の中ではツッコミ役。ストイックな性格で、後輩女子に人気があり、男子にも人気はあるそうですが、本人は男子が嫌いだそう。

 

2話に登場した物語上重要そうな人物がいました。それが「比良拓海(ひら・たくみ)」です。CV「田丸篤志(たまる・あつし)」さん。陸上部部長で、茜のことが好きです。茜は彼の気持ちに気がついていないようですが、周りは気がついています。

 

他には、3年1組の女子3人が何かしでかしそうな予感がします。1人はクラスで一番綺麗らしい「宮本心咲(みやもと・あいら)」、CV「石見舞菜香(いしみ・まなか)」さん。1人は言葉遣いが良くないらしい「佐藤節子(さとう・せつこ)」、CV「鈴木美園(すずき・みその)」さん。1人は女子力の高いおませさん「今津美羽(いまづ・みう)」、CV「千菅春香(ちすが・はるか)」さん。

ろまんが恋をしている相手だと2話で判明した、3年1組の担任で音楽教師の「園田涼子(そのだ・りょうこ)」先生も物語に絡んでくるのでしょうか? CVは「東山奈央(ひがしやま・なお)」さん。

他にもたくさん登場していましたが、今回はここまでです。

 

 

監督・脚本・キャラクターデザイン

アニメ『月がきれい』の監督は「岸誠二(きし・せいじ)」さん。『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION』や『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』、『Persona4 the Golden ANIMATION』、『暗殺教室』の2期などを手がけた方だそうです。

構成・脚本は「柿原優子(かきはら・ゆうこ)」さん。『夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜』や『坂道のアポロン』、『宇宙兄弟』、『昭和元禄落語心中』、『orange』などを手掛けた方だそうです。

 

キャラクター原案が「Loundraw」さんです。「ラウンドロー」さんとお読みすれば良いでしょうか?

 

twitter.com

 

キャラクターデザインは「森田和明」さんです。『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』や『Persona4 the Golden ANIMATION』、『乱歩奇譚 Game of Laplace』、『暗殺教室』などに参加していらっしゃるようです。

 

アニメーションの企画・制作|有限会社feel.(フィール)

 

アニメ制作は「feel.」です。『だがしかし』や『おしえて! ギャル子ちゃん』、『この美術部には問題がある!』などを、「feel.」さんが2016年に手掛けた作品は私が視聴したものが多かったです。

 

 

OP/ED

『月がきれい』のOPは「イマココ」です。作詞は「川嶋あい(かわしま・あい)」さん、作曲・編曲が「WEST GROUND」さん、歌が「東山奈央」さんです。園田先生。

 

 

EDは「月がきれい」です。作詞は「川嶋あい」さん、作曲が「WEST GROUND」さん、編曲が「伊賀拓郎(いが・たくろう)」さん、歌が「東山奈央」さんです。

 

 

2話「一握の砂」

2話は体育祭です。中学校生活最後の体育祭。

小太郎は運動がそれほど得意ではないようで、競走で他の生徒から遅れを取り、しかも途中で転倒してしまうという、失態を犯してしまいます。

そんな見ているこちらの心がチクチクする描写の後、小太郎が保健室へ行くと茜の親友の千夏がいました。茜から小太郎の話を聞いていた千夏は小太郎の怪我の治療をしてあげます。

体育祭で用具係になっていた小太郎は用具室へ行きました。そこで一緒に用具係になっていた茜の様子がどこかおかしいと気が付きます。茜の様子がおかしい原因はマスコットの「イモ」です。体操着のズボンのポケットに忍ばせていたのですが、なくしてしまい、落ち着かなくなっています。

心ここにあらずな茜は、最終種目のリレーでも精彩を欠いてしまいます。バトンパスで失敗してバトンを地面に落としてしまいました。

茜が千夏や葵にイモを見かけなかったかと聞いている様子を小太郎は耳にして、自分もイモを探すと見つけ出し、教室で帰宅の準備をしている茜を見つけ、イモを返してあげます。

小太郎は、話を聞いたことや必死に探したことは内緒で、用具置き場で見つけたとだけ言っていました。たまたまを装ったのでしょう。

イモがないと緊張してしまう、今日も失敗しちゃったし、人前に出るのは苦手で、でも走るのは好き、駄目だね私って……などと自虐を言う茜に対して、小太郎は頬を赤らめながらも「駄目じゃない。水野さんは……そのままで……良い……と思う」と励まします。

夜、自宅で茜は小太郎と「LINE」と思わしきSNSでやり取りをしていました。今日のイモのことを感謝し、お疲れさまと言い合っていました。

告白などする訳でもない何気ないやり取りの応酬でしたが、好きな人(まだ確定ではないですか)から来るメッセージは何でも嬉しいもので、茜からの「お疲れさま」に小太郎は気持ちが高ぶり、自室の照明の電源スイッチ紐をボクシングスタイルで殴っていました。あるある、やるやるネタですね。

 

 

おわりに

1話の感想はないです。申し訳ありません。書くタイミングを失ってしまいました。

この『月がきれい』は甘酸っぱい気持ちになるアニメです。ほのぼのとした気持ちにもなれます。いや、青春時代を懐かしく思うため苦しくもあるのですが、それを含めて良いアニメと思います。

本作は原作がないオリジナル作品だそうですから、今後どのような展開になるのかさっぱりわからないですね。茜がクラスメイトの女子からいじめられなければ良いですが……それが非常に気がかりなのです。2話でも陰口を叩かれていました。

小太郎と茜は、3年に進級したときに初めてお互いを意識したのでしたっけ。1話でファミリーレストランでお互いの家族同士が偶然に出くわしてしまい、気まずい雰囲気になったことがきっかけだったと記憶しています(既にはっきり覚えていません)。

ですから、2話現在も2人はまだはっきりとお互いの気持ちを伝えあっているとか付き合っているとか、そういう段階・間柄ではないのです。

小太郎は既に茜を好きなのでしょうけれども、茜は小太郎を好きになっているのかどうか、小太郎が茜を想っているほどには好きになっていないようにも受け取れますので、その辺の齟齬が今後にも影響が出るのかもしれません。2人の距離がどんどん縮まっていることは確かです。

小太郎は「ハネテル君」と呼ばれていました。茜や小夏から。髪の毛が思いっきりハネているからです。

 

dysdis.hatenablog.com