ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

映画「ようこそ赤ちゃん」はキアリスの「ワンダーランド」で上映されるのでしょうか? - 朝ドラ『べっぴんさん』139話の感想

スポンサーリンク

NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』、2017年3月18日放送の第139話は、映画「ようこそ赤ちゃん」が上映され、健太郎の意識が変わっていました。

  

 

第24週「光の射す方へ」

www.nhk.or.jp

 

2017年3月13日月曜日の放送から朝ドラ『べっぴんさん』は第24週「光の射す方へ」が始まっています。

舞台は昭和48年(1973年)から昭和49年にかけての時代です。昭和48年に「オイルショック(石油危機)」が起こり、日本経済が大打撃を被っています。

ヒロインの「坂東すみれ(芳根京子)」たちが立ち上げた子供用品の総合店『キアリス』もその例外ではありません。それまで拡大路線を採ってきましたが、慎重路線への方向転換を迫られています。

しかし、すみれの夫「坂東紀夫(永山絢斗)」や「村田君枝(土村芳)」、「小澤良子(百田夏菜子)」、「小野明美(谷村美月)」など創設者やそれに近い立場の人間が慎重路線を取ろうとする中で、すみれの一人娘「さくら(井頭愛海)」と結婚をした、君枝と夫「村田昭一(平岡祐太)」の一人息子「村田健太郎(古川雄輝)」はその方針に反対しています。幹部の中で健太郎だけが拡大路線を継続したがっています。

前週、若者向けファッションブランド「エイス (AIS) 」が倒産をしました。社長の「岩佐栄輔(松下優也)」は表舞台から姿を消し、すみれの姉「ゆり(蓮佛美沙子)」と夫「野上潔(高良健吾)」の家に身を寄せています。

すみれたちは、「キアリス」の後輩や若いお客さんにバトンを渡すため、映画を作ることにしました。かつて新米お母さんのための育児本「キアリスガイド」の映像化です。映画のタイトルは「ようこそ赤ちゃん」になりました。

良子と夫「小澤勝二(田中要次)」の一人息子「龍一(森永悠希)」が、友人のカメラマン「亀田(上地雄輔)」を紹介してくれました。監督は紀夫、助監督は今は専務(?)の「足立武(中島広稀)」、脚本は「キアリスガイド」のテキストを手掛けた明美、主演はさくらと健太郎の一人娘「藍」です。さくらも母親役として出演します。

映画製作には明美から誘われた栄輔も参加していて、撮影はその栄輔の段取りの良さも手伝って、大きなトラブルもなくクランクアップしたようです。

 

 

映画「ようこそ赤ちゃん」完成試写会

龍一と勝二の世界の料理を出す料理屋&喫茶店「レリビィ」で身近な人を集めて上映会を行いました。かなり満足のいく内容のようで、すみれを始め会場の皆が笑顔です。

上映会が終わり、紀夫に促されて皆の前に出たすみれと明美と君枝と良子の4人。4人を代表してすみれが挨拶をすることになりました。

内容は自分たちの「原点」についてです。原点とは、お母さんのため、赤ちゃんのためにモノを作ってきた、ということ。その想いを、何十年後になって自分たちが現役でなくなっても、その時代時代のお母さんに想いを伝えられたら……と、作られた映画です。

自分たちの時代では無理としても、いつか「キアリス」と聞けばほんわかする気持ちになるような、そんな場所に「キアリス」がなってくれれば、とすみれたちは願っています。

 

 

健太郎が原点に立ち返る

後日、映画の内容を見、すみれのスピーチを聞いた健太郎は、「キアリス」の会議の場で、企業の拡大路線を推し進めてきた開発宣伝部の部長としての自分の方法と順番が間違っていたことを認めました。

健太郎は原点に立ち返り、「キアリス」を本来の赤ちゃんと子ども用の洋服を扱うお店にすることを宣言しています。大人用品からの撤退、子供服の年齢層を元に戻し、ベビーと子供用品だけの形にし、品物で潰れてしまったスペースを広く取って育児相談にも乗るようにする、と。

これらはまさに「キアリス」が立ち上がった当初に、すみれたちがしてきたことでした。

 

 

おわりに

139話ラストで、潔が「キアリス」のすみれと紀夫の働いている社長室を訪ねてきて、東京は銀座の空きビルを格安で借りられるようになったから、「キアリスの『ワンダーランド』」を作らないかと提案していました。すみれは超乗り気です。

第25週は「時の魔法」です。大手商社「KADOSHO(かどしょう)」の社長「古門充信(西岡徳馬)」が「ワンダーランド」への出資を申し出ていました。しかし、古門は栄輔を捨てて、「エイス」を倒産の道に一気に進めさせた張本人です。それを知っているすみれは古門の申し出を受けるのかどうか……という話になりそうです。

「星野真里(ほしの・まり)」さんが新たなキャストとして次週に出演するみたいです。

星野さん自身は『べっぴんさん』初登場ですけど、キャメラマンの亀田とは異なり、設定的に初登場の人物ではないと思われます。予告を観る限り。予想では、その昔「キアリス」のショーウィンドウに飾られていたワンピースを、ずっと眺めていた女の子かなと。彼女が大きくなって会いに来たのでしょう。たぶん。

今回気になったことは、映画を作ってお終いになっていたことです。映画は自分たちのために作ったものではないのですから、どこかに上映する場所を設けて一般の方に観てもらう必要があります。自費制作でしたけど、費用の回収もしたいでしょうから。その場所は「ワンダーランド」になるのでしょうか? その辺りが気になっています。

それと、次週予告では栄輔と明美が並んで振り返っている描写がありましたね。あれはまさか……2人はやはり結婚するのでしょうか?

 

dysdis.hatenablog.com

スポンサーリンク