ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

2017年のF1プレシーズン・テストをリアルタイムで見る私の方法を紹介します

スポンサーリンク

「F1 (Formula 1、エフワン) 」の2017年プレシーズン・テストが始まっています。記事作成時、スペインはバルセロナにある「Circuit de Catalunya(カタロニア・サーキット)」で第1回ウィンター・テストの3日目が行われています。

今回のバルセロナ・テストの期間は、現地時間2017年2月27日-2017年3月2日の4日間です。第2回は3月7日から第1回と同じくバルセロナで行われる予定です。

 

 

F1プレシーズンテストをリアルタイムで見る方法は?

私がF1のプレシーズン・テスト期間に見ている、テスト情報を細かく伝えてくれるWebサイトを2つ紹介します。いずれもテキスト(英語)メインのサイトです。

昨年の今の時期にブログに書いていますが、それと同じものです。改めて。

 

www.autosport.com


1つは「Autosport」です。Webサイト内に「Autosport Live」というページがあって、そこではテストの内容、例えば各チームのTwitterやF1担当の記者のレポートといった情報が随時タイムラインに上がっています。

また、画面右にはコースを走ったドライバーとマシン(チーム)、ベストタイム、ベストタイムを出したときに使用したタイヤが表示されています。

 

www.f1today.net

 

もう1つは「F1Today」です。Webサイト右にある「TEST SESSIONS」の欄にある、その日の「LIVE」リンクから見ることができます。

こちらは走ったドライバー名前、国籍、チーム名、ベストタイム、トップとのタイム差、周回数が表示されます。

昨年よりも表示されている情報が減った気もしますけれども、周回数は前述のAUTOSPORTには表示されていない情報なので、各ドライバーの周回数を見るときに重宝します。

テストはある意味タイムより周回数の方が大事ですから。タイムがそこそこ出ていても周回数が極端に少なかったら、アピールのために燃料を減らしてウルトラソフトのタイヤで走ったのかな?と想像しますし、同じくらいのタイムでも周回数が多かったら、エアロパーツのテストやロングランのテストをしているのかな、と想像できます。

 

追記 (2017/03/08) 

F1Todayの紹介部分は「昨年より情報量が減った」のではなく、私のブラウザ側の設定によって表示が制限されていたようです。実際はテキスト情報も多く掲載されています。申し訳ありません。

 

 

おわりに

私はこの2つのサイトを見て楽しんでいます。他におすすめのサイトがあったら教えてください。

他、現地からTwitterで情報をアップしてくれている方がいらして、私もエンジン音はそちらから聴かせてもらっています。

さて、3年目の今年こそは「McLaren Honda(マクラーレン・ホンダ)」が飛躍の年となるのか? と期待していましたが、一昨年に戻ったかのようなトラブルでろくに周回できていません。三度目の正直ではなく、二度あることは三度ある的な方向へと転がりそうな。

オイルシステムに設計ミスがあったのではと言われているみたいです。設計段階の問題であるなら、少なくともこの4日間はまともに走れないのではないかと思われますが……。

記事作成時点で「Fernando Alonso(フェルナンド・アロンソ)」が1分23秒956を出していました。これは過去2日に比べるとポジティブなタイムが出ているでしょうか。といってもトップの「Mercedes(メルセデス)」からは3秒近く遅れています。

今年こそはMcLarenに表彰台に立ってもらいたいです。Alonsoはこの2年間苦労していますから、できれば彼が3位以上に入ってくれると良いなぁと思っています。もちろん「Stoffel Vandoorne(ストフェル・バンドーン)」でも良いですけど、できればAlonsoで。

 

dysdis.hatenablog.com