読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

クリームパンはカスタードクリームが黄色味が強くボテッとしたタイプが好きです - Eテレ『グレーテルのかまど』「杉浦日向子のクリームパン」の感想

スポンサーリンク

毎週月曜日22:00からEテレで放送されている料理番組『グレーテルのかまど〜second season〜』、2017年2月20日の放送は「杉浦日向子のクリームパン」でした。

今回も「15代目ヘンゼル」こと「瀬戸康史(せと・こうじ)」さんと、ヘンゼルがグレーテルと暮らす家の「かまど」こと「キムラ緑子(きむら・みどりこ)」さんが、楽しくスイーツを作っていました。

 

 

目次

 

 

杉浦日向子のクリームパン

2017年2月20日の『グレーテルのかまど 〜second season〜』は、「杉浦日向子のクリームパン」でした。

 

緻密な時代考証で多くの作品を世に送り出した江戸風俗研究家、杉浦日向子さん。多忙な彼女を支えた好物がクリームパン。やさしい味に込められた両親の愛情をひもときます。

と、番組説明にありました。

今回の放送を観るまで、もう何年もの間、私の脳みそから「クリームパン」という単語が抜け落ちていました。放送を観て「あ、クリームパン好きだったな」と思い出して、新鮮な気持ちになっていました。

 

 

クリームパンとは?

クリームパンは、中にカスタードクリームが入っている菓子パンの一種。

(略)

シュークリームの美味しさに感銘を受けた中村屋の創業者、相馬愛蔵[注釈 1]がこれをパンに応用することを考え、1904年(明治37年)にクリームパンの製造・販売を始めたのが元祖である[1][2]。

(略)

クリームを生地の中に詰めてから焼成するものと、シュークリームと同様に焼成後に器具を用いてパンに詰めるものがある。

クリームパン - Wikipedia

クリームパンのWikipediaにはこのように書かれています。言わずもがなな気もしますが、中にカスタードクリームが入っているパンですね。

私は子供の頃、このクリームパンが好きでした。シュークリームも好きなのでカスタードクリームが好きなのでしょう。

しかし、クリームパンよりシュークリームの方が好きで、クリームパンはあくまでシュークリームの控えでしかなかったです。

今とは異なり、私が子供の頃はコンビニなんてありませんでした(少なくとも私の住む地域には)から、シュークリームなど手軽に買えるスイーツではなかったのです。その代わりと言っては何ですが、クリームパンなら地元のスーパーやパン屋で購入できました。

 

 

カスタードクリームはボテッとしたタイプが好き

クリームパンのカスタードクリームは、黄色味が強く「ボテッ」としたタイプが好みです。トロっとしたものも好きですけど、ボテの方がもっと好き。

これは上記引用の「クリームを生地の中に詰めてから焼成するものと、シュークリームと同様に焼成後に器具を用いてパンに詰めるものがある」のうち、前者を指しているのでしょうか。

クリームとパンを一緒に焼くことによって、水分が奪われてボテッとした重みのあるクリームになるのかな、と想像。『グレーテルのかまど』で作ったクリームパンのカスタードクリームはボテッとしていたと思います。トロ〜ではなかったです。

番組でレシピを観ると、クリームを作る際に、小麦粉ではなく「コーンスターチ」を使っていました。番組内で、「小麦粉を使うとクリームに粘りが出て、コーンスターチは歯切れが良くなる」と「かまど」は説明していました。

カスタードをボテっとさせる秘訣は「コーンスターチ」でしょうか?

また、番組ではクリームを生地に詰めてから焼いていて、さらに成形後切れ目を入れる際には、切れ目がクリームにまで届くようにカットしていました。これは「焼くときにクリームのところにある空気までしっかりと抜くため」と「かまど」は言っていました。こちらもボテッとしたクリームにする秘訣かもしれません。

 

 

杉浦日向子さんとクリームパン

杉浦 日向子(すぎうら ひなこ、本名:鈴木 順子(すずき じゅんこ)、1958年〈昭和33年〉11月30日 - 2005年〈平成17年〉7月22日)は、日本の漫画家、江戸風俗研究家、エッセイスト。
兄はカメラマンの鈴木雅也。元夫は作家・博物学者の荒俣宏。

杉浦日向子 - Wikipedia

杉浦日向子さんのWikipediaにはこのように書かれています。故人です。

杉浦さんは子供の頃、食が細くて肉も野菜もほとんど食べられなかったのだそうです。唯一の好物が卵で、杉浦さんの母親が娘を案じて、卵を使ったカスタードクリームが詰まったクリームパンならしっかりと栄養が摂れる、と食べさせていたようでした。

そういうことがあって杉浦さんは大人になってからもクリームパンが好物だったようです。

 

 

おわりに

hattendo.jp

観ていたら無性にクリームパンが食べたくなりました。

美味しいクリームパンを出しているパン屋はどこなのかが気になってネットで調べたところ、『くりーむパンの八天堂』というお店が上位にきていました。

残念ながら『八天堂』さんは広島県のお店で、自宅からは遠いですし、画像を見たところボテッとしたカスタードではありませんでした……。

手始めに地元のパン屋を巡って買ってみて、美味しいところがあるか食べてみようかな、と思っています。

と思っていたら、『八天堂』さんのくりーむパンはAmazonで注文できるようです!

 

dysdis.hatenablog.com