読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

メリヤスの意味とは何か? 栄輔の台詞「やっぱりあなたは人の心がわからん人や」の意味とは何か?が気になりました - 朝ドラ『べっぴんさん』99話の感想

スポンサーリンク

NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』、2017年1月31日放送の第99話は、すみれと栄輔が対立していました。

 

 

 

第18週「守るべきもの」

www.nhk.or.jp

 

2017年1月30日月曜日の放送から朝ドラ『べっぴんさん』は第18週「守るべきもの」が始まっています。物語の時代は昭和35年(1960年)の夏です。

ヒロインの「坂東すみれ(芳根京子)」と夫の「坂東紀夫(永山絢斗)」は、相変わらず15歳の思春期に入った女子高校生の一人娘「坂東さくら(井頭愛海)」の教育に悩んでいます。17週ラストでもすみれとさくらは相容れず、さくらからお母さんから離れた場所、東京で暮らしたいと言われてしまいました。

さくらは学校が夏休みに入ったこともあって、未だ坂東の家を飛び出したまま、すみれの姉「野上ゆり(蓮佛美沙子)」とその夫「野上潔(高良健吾)」の家に居候しています。夏休みに家に戻るとすみれと接する時間が増えてしまう、と考えてもいるのでしょう。

また、さくらは17週に失恋をしています。ジャズ喫茶「ヨーソロー」で出会ったドラム奏者の「河合二郎(林遣都)」のことを好きになっていたのですが、「ヨーソロー」のアルバイトでさくらの1歳年上の女性「山本五月(久保田紗友)」と二郎が同棲していることがわかったのです。

五月と二郎の同棲については、「小澤良子(百田夏菜子)」と「小澤勝二(田中要次)」の息子「小澤龍一(森永悠希)」から聞かされていました。龍一はおしゃべりですからね……さくらが同棲について知っているものとばかり思っていたようです。「村田君枝(土村芳)」と「村田昭一(平岡祐太)」の息子「村田健太郎(古川雄輝)」もさくらと一緒に聞いて知りました。

 

 

メリヤス工場の廃業

すみれたち「キアリス」の2号店が入っている大手百貨店「大急百貨店(だいきゅう・ひゃっかてん)」には、「エイス (AIS) 」が正式に出店することになっています。

「エイス」の社長はかつて潔たちと一緒に戦後の「坂東営業部」の復活に尽力していた「岩佐栄輔(松下優也)」です。「エイス」は元は若者向けのメンズファッションのブランドでしたが、「大急百貨店」に出店するにあたってレディースにも手を広げています。

それを受けて「坂東営業部」から名前を変えた「オライオン」は、若者向けの洋服を展開する予定を立てていましたが、「エイス」と「オライオン」は競合することが不利と感じたのか、若者向けの展開を取りやめているようです。

そんな折り、すみれたちの元へ一通の手紙が届けられました。そこは「キアリス」がずっとお世話になっている、赤ちゃん用肌着の生地を卸している「メリヤス工場」で、すみれの父「坂東五十八(生瀬勝久)」も世話になっていた昔なじみの工場でした。

しかし、手紙には近々工場を廃業すると書かれています。すみれは翌日、早速メリヤス工場へ赴くことにしました。五十八も近江から呼び寄せています。

 

 

メリヤスの意味とは?

メリヤス(莫大小・目利安)とは、平編み(メリヤス編み・天竺編み)で編んだ編地(ニット)・布地、またはそれらの生地を使用した製品を指す。伸縮性に優れ、靴下類や下着類、手袋や帽子など日常衣類の多くに利用されている[1][2][3]。

(中略)
1950年代までは、機械編みによる薄地の編物全般、肌着・靴下などの伸縮性を求める衣類全般、または伸縮する生地を広く「メリヤス」と呼んだ。

メリヤス - Wikipedia

メリヤスのWikipediaにはこのように書かれています。メリヤス(莫大小)とは平織り生地や平織り生地を使った製品のことだそうです。天竺と同義ということで良いでしょうか。

ドラマの昭和35年では引用部後半の、「機械編みによる薄地の編み物全般・肌着・靴下などの伸縮性を求める衣類全般」のことを指している可能性がありそうです。

 

 

メリヤス工場と栄輔

メリヤス工場を訪れたすみれと五十八は工場の経営者「長野和弘(杉森大祐)」とあって会話をしていると、長野社長は「工場を手放す」ことになったと発言しました。

廃業するのではなく工場を売ったということですね。工場は経営が傾いていたり長野の父親が体調を崩していたりで、売却するしか手立てはなかったようです。

長野は誰に工場を売ったのか、その相手は栄輔の「エイス」でした。

都合よく栄輔が工場に来ており、すみれと五十八は彼と対面することに。五十八は栄輔の事情を知らないようで、二重の驚きがあったことでしょう。

栄輔は工場を買い、さらに職人も一緒に来てもらうと言っています。すみれはそんな栄輔に今までと同じようにメリヤス生地を卸してもらえるよう頼んでいましたが、栄輔はこれを断っています。

栄輔がすみれの申し出を断った理由は、今後はメリヤス生地を生産する工場ではなく、「エイス」のための若者向けの生地を造るための工場へと造り替えることが予定されているため、赤ちゃん用生地を作ることがなくなるから、ということのようでした。

 

 

栄輔の「やっぱりあなたは人の心がわからん人や」の意味とは?

すみれは栄輔に「やっぱりあなたは人の心がわからん人や」と言われていました。

「やっぱり」が鍵と思います。すみれは、かつて栄輔が自分を好きだった、そんな栄輔の気持ちを全くわかっていなかったと思いますので、おそらく栄輔はそのことを言っているのでしょう。

栄輔にとっては、すみれは自分の夫(紀夫)が出征して日本にいなかった間だけ自分に優しくし、紀夫が帰ったら自分のことなど見向きもしなくなった、と感じているのかもしれませんね。

そして、99話で栄輔がそんな台詞を吐いたということは、もしかしたら今もなお彼はすみれのことが好きである可能性も低くないのでしょう。

自分の気持ちを知ってか知らずか自分を良いように利用したすみれ、すみれの夫の紀夫、すみれに惚れたらいけないと自分のことを止めた潔、この3人への恨む気持ちが、3人の元を離れてから現在までの栄輔を突き動かしていそうです。

それはすみれや潔の前では、栄輔がスラックスのポケットに手を突っ込んだままなところからも読み取れます。五十八の前では手を出していました。相手を選んでいます。

 

ただ、確かにすみれは人の気持ちがわかっていないところがあるのは事実ですね。

栄輔の自分への恋心を気づいていなかったこともそうですし、今回の件でもすみれがこの期に及んで、今まで通り「キアリス」にメリヤス生地を卸してくれなどと栄輔にお願いするのは、都合の良すぎる話と思います。

栄輔は、理由はどうあれビジネスとして契約に則った買収をしたと思われますから、すみれもビジネスとして栄輔側にメリットをもたらす提案をすれば良いと思います。栄輔も「エイス」にメリットがあると判断すれば話に乗ってくれることでしょう。

メリヤス生地を卸してもらえるかは、すみれの交渉次第ではありますが。

 

 

五月が同棲していた家を出た理由とは?

98話の話になりますが、実は五月が二郎の元を離れてどこかへ行ってしまいました。

その理由は述べられていなかったと思いますけど、おそらく「五月は妊娠」をしているはずです。二郎の子を身ごもっている。

二郎はプロのドラム奏者を目指して東京進出を計画していて、実際に東京のレコード会社に売り込みにも行っていました。そんな東京で名を挙げようとしている二郎に対して、五月は二郎との間に子どもができたなど言えなかったのではないかと思われます。

自分が二郎の足枷になったらいけないと、五月は家を出ていったのではないかというのが私の予想です。

そんな二郎は99話で、東京から訪れたと思われる2人組の男性からスカウトを受けていました。男から二郎に渡された名刺には「TOP RECORD(トップ・レコード)」とかかれていたでしょうか。

夢が叶いそうな二郎、妊娠したであろう五月を置いて東京へ行くのか?という選択を迫られています。

 

 

おわりに

99話で気になったことは、メリヤス工場の長野社長が、「キアリス」の「足立武(中島広稀)」に対して不平を述べていたことです。

自分たちの経営が傾いているときに、足立は生地が良いとしか言わない、その反面、栄輔は親身になって相談に乗ってくれていたから、気持ちが傾いた的なことを言っていたかと思います。

しかし、それは随分と見当違いなことだと私は思っています。長野たちの経営が傾いていることは長野たちの問題であって、「キアリス」には直接は関係のないことです。

経営が傾いているとわかっていながら、社長として資金援助なりしてもらう手立てを働きかけてこなかったのなら、それは「キアリス」のせいでも足立のせいでもでもなく、長野の責任です。長野自身が足立を通してでも良いですから、すみれたちに自分たちの窮状を訴えれば良かったのです。

すみれたちだって良質なメリヤス生地を望んでいるのですから、五十八の代からの付き合いのある工場の経営が危ういとわかれば、何か救済措置を取ろうと動いてくれたかもしれません。知らなければ動きようがないです。

気づけなかった足立もすみれも、配慮が足らないと言えばそうなのかもしれないですけど、社長として長野は足立のせいにしたらいけないことでしょう。まず長野がすべきことをしていたのかと聞きたいです。その上で足立やすみれ、紀夫が何もしてこなかったのなら、そのとき初めてすみれたちの責任にもなることと思います。

 

何だかもう、すみれも栄輔もメリヤス工場もさくらもあれすぎて……このドラマの登場人物はどうなっているのか。

 

dysdis.hatenablog.com