ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

【平成二十九年初場所】「稀勢の里」がついに幕内初優勝を成し遂げました!横綱昇進の可能性がありそうです【大相撲】

スポンサーリンク

大相撲』の「平成二十九年初場所(2017年一月場所)」は、2017年1月21日、十四日目を迎えました。まさに正念場です。

 

 

大相撲2017年初場所

www.sumo.or.jp

 

平成二十九年初場所は、東の大関「稀勢の里(きせのさと)」が12勝1敗の好成績で優勝争いの先頭に立っていて、その稀勢の里を東の横綱「白鵬(はくほう)」が2敗で追いかけている展開で、2人のマッチレースとなっています。

3敗には東の小結「高安(たかやす)」や東の前頭10枚目「貴ノ岩(たかのいわ)」、西前頭13枚目「逸ノ城(いちのじょう)」といったところが追走していて、この3敗勢も数字上は優勝の可能性が残されていたはずです。

十四日目の対戦相手は、稀勢の里が逸ノ城、白鵬が貴ノ岩でした。成績の良い者同士の対戦が組まれています。

ちなみに千秋楽は大一番、白鵬vs.稀勢の里戦が組まれていますから、稀勢の里としては星一つの差をキープしたまま千秋楽を迎えたい、できれば直接対決の前、つまり今日で優勝を決めてしまいたいはずです。白鵬は逆転優勝のために、残り二番はいずれも勝利しておきたいところです。

 

 

痩せて軽快になった逸ノ城

稀勢の里と今日相撲を取った逸ノ城は、以前よりもかなり体重を落としています。見るからにスリム。

どうやら逸ノ城は昨秋に「椎間板ヘルニア」を患って入院をし、退院後も食事制限を続けて20kgほどでしたか、減量をしたそうなんですね。今場所は200kg未満だそう。

体重を減らした効果はすぐには相撲の結果に現れていないようでした。現に先場所(平成二十八年九州場所)も負け越して番付を十三枚目まで落としています。しかし、今場所ようやく減量した身体がフィットしたのか、上記のような10勝3敗の好成績で場所の終盤まで優勝争いに残っています。素人目でも動きが軽快になっています。

 

 

稀勢の里vs.逸ノ城

稀勢の里は昨年の年間最多勝力士です。一番勝っているにも関わらず優勝経験がありません。優勝していない年間最多勝は大相撲史上初の出来事だそうです。

これまでも優勝まで後一歩のところまでは行くんです。でも賜杯を手元に手繰り寄せられませんでした。相撲は相手あってのものですから、稀勢の里が優勝できない原因は一つに絞ることを難しいと思います。何かが足りない、その何かがわからない、という。本人が一番知りたいでしょうね、その何かを。

そんな両力士の対戦でした。今回対戦するまでの対戦成績は稀勢の里の7勝、逸ノ城の3勝と稀勢の里が有利です。しかし逸ノ城が勝利した取組では逸ノ城が立合いで変化を見せたことがあるはずで、稀勢の里としては立合いから油断できない難敵でしょう。

そして今日の結果ですが、結果は「寄り切り」で「稀勢の里の勝ち」でした。

立合いが合わずに逸ノ城が出遅れた感がありました。タイミングが合わないときも稀勢の里は動じず自分のペースを守っていたように見えます。落ち着いていました。立合い直後に稀勢の里の両足が揃ってしまい、一瞬ヒヤリとしましたがすぐに持ち直し、両差しの体勢に持ち込んで寄り切っています。

 

 

白鵬vs.貴ノ岩

先にライバルが優勝に王手をかけたところを目の当たりにした白鵬は、結びの一番で貴ノ岩と対戦をしました。

白鵬も貴ノ岩も逸ノ城もモンゴルですから、優勝争いしている力士は稀勢の里を除くとモンゴル出身力士ですね。「日馬富士(はるまふじ)」と「鶴竜(かくりゅう)」が休場をしてもモンゴル出身力士が優勝争いをする、今場所上位キラーとなった「荒鷲(あらわし)」も、先場所から好調な「玉鷲(たまわし)」もそうですから、モンゴル強し、です。

取組の結果は白鵬が「寄り切り」で「敗れ」ています。貴ノ岩の勝ちです。立合いは互角、すぐに右四つになって貴ノ岩が寄り、白鵬は土俵際で左に回って逆転を狙いましたが、貴ノ岩がそれを許さずに寄り切りました。

 

 

稀勢の里の初優勝!

白鵬が負けた結果、稀勢の里の幕内での初優勝が決まりました! おめでとうございます!! 念願の初優勝、ですね。

稀勢の里は優勝の瞬間には支度部屋に戻っていて、テレビのモニターを見ないで待っていたようです。代わりに付き人が観ていて、白鵬が負けたことを付き人と目を合わせて確認をしてようやく自分の初優勝を知ったようでした。といっても記者がたくさん詰めかけていましたから、場の雰囲気でわかったことでしょう。

NHKがインタビューをしようとしていましたが、稀勢の里はなかなかカメラに顔を向けずにいました。おそらくこみ上げてくるものを必死に抑えていたのでしょう。

少し落ち着いたところでカメラの方へ向きインタビューに答えていましたが、元々不明瞭な発音な上に状況が状況ですから、何を言っていたかはあまり聞き取れませんでした。明日が残っているから明日に集中するということを言っていたのでしょうか。途中からは目に涙が溜まっていたように見えました。

 

 

おわりに

稀勢の里がとうとう優勝しました。来場所綱取りになります。そのためにも、今場所の優勝に華を添えるためにも、明日の白鵬との大一番は勝っておきたいところでしょう。

白鵬はおそらく体力的な低下が起こっています。以前ほどの強さはなくなっていますから、もしかしたら今は稀勢の里の方が少し力が上かもしれません。俺の方が強いんだと見せつけておきたいはずです。

白鵬もまだまだお前には負けられんよと思っていることでしょうから。優勝が決まったとはいえ、激しい相撲になるのではないかと期待しています。

そう言えば、東の十両三枚目、木瀬部屋の「宇良(うら)」は、今日は幕内の西前頭十五枚目「佐田の海(さだのうみ)」と対戦していました。宇良が「すくい投げ」で佐田の海に勝っています。11勝3敗まで持ってきました。これはいよいよ来場所の新入幕は間違いないでしょうか。確率をより高くするためにも十両優勝をしておきたいですね。こちらも気になります。

 

追記

稀勢の里の優勝を受けて、今場所後の横綱昇進の話が出ているみたいです。年間最多勝ですからね。

 

dysdis.hatenablog.com