読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

悦子様が結婚!相手は大急百貨店の「小山」でしょうか? - 朝ドラ『べっぴんさん』90話の感想

スポンサーリンク

NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』、2017年1月20日放送の第90話は、すみれの一人娘のさくらが家出をしてしまいました。悦子様も結婚みたいです。

 

 

 

第16週「届かぬ心」

www.nhk.or.jp

 

2017年1月16日月曜日の放送分から『べっぴんさん』第16週「届かぬ心」が始まっています。

物語は昭和35年(1960年)となっていて、ヒロインの「坂東すみれ(芳根京子)」たちのお店「キアリス」が10周年を迎えており、会社が大きくなっています。すみれたちの年齢も進み、皆30歳代半ば〜40歳代です。

すみれは34歳で「キアリス」の「専務」、すみれの夫「坂東紀夫(永山絢斗)」は40歳で「社長」です。他の創設時からのメンバーは「小野明美(谷村美月)」が35歳で「取締役」、「小澤良子(百田夏菜子)」が34歳で制作所所長、「村田君枝(土村芳)」が34歳でデザイナーに就任しているようです。以前は雑用係だった「足立武(中島広稀)」は、何の部署かはわかりませんが部長になっていました。

「キアリス」は初めて知人・友人ではない社員を2人雇っています。2人とも男性で、一人は「西城一朗(永瀬匡)」、もうひとりが「中西直政(森優作)」です。西城は外回り向き、中西は企画やデザインが向いている様子でした。

すみれたちの一人娘「坂東さくら(井頭愛海)」は15歳で、母と同じ「栄心女学院」に進学しています。君枝と「村田昭一(平岡祐太)」の息子の「村田健太郎(古川雄輝)」も15歳で、関西一の進学校へと進んでいたはずです。良子と「小澤勝二(田中要次)」の息子「小澤龍一(森永悠希)」はさくらたちの1歳上で16歳、学校へ行っている様子はないですけど、地元の公立高校にでも通っているのでしょうか。

15週ではさくらが、龍一と健太郎と一緒に遊びに行ったジャズ喫茶「ヨーソロー」でドラム奏者の「河合二郎(林遣都)」と出会い、心を奪われています。

また、「ヨーソロー」でアルバイトをしている「さくら」の1歳上の女性「山本五月(久保田紗友)」とも出会っていて、ナイトクラブ「青い月」へも出向いています。

 

 

すみれが栄輔と再会する

85話からは「岩佐栄輔(いわさ・えいすけ)」が再登場しています。

岩佐は戦後だったか戦争中だったかに、すみれの義理の兄「野上潔(のがみ・きよし)」と知り合い、潔を兄貴と慕っていた男性です。「坂東営業部」の再興に尽力していて大阪は梅田の闇市で潔と活動を共にしていました。

しかし、夫のいるすみれに惚れてしまったことで、潔に釘を差されたことも合ったのでしょうか、自らケジメをつけるためにすみれたちの前から姿を消しています。

昭和35年現在は「エイス (AIS) 」という、「VAN」がモデルになっているであろうファッション関係の会社の社長になっているようです。

89話終盤では、すみれが「青い月」に遊びに行ってしまったさくらを連れ戻そうとしたところに、岩佐がすみれの前に現れて、十数年ぶりの再会を果たしていました。90話ではもっと踏み込んだ話をするかと思いましたが、岩佐は挨拶程度で引いてしまい、すみれとさくらの親子喧嘩がメインに展開されています。

 

 

エイスvs.オライオンの争い勃発

気になったことは、後日、岩佐が「キアリス」に挨拶に伺っていて、メンバーと挨拶を交わした後、大阪・梅田の闇市にいて今は「エイス」で岩佐の部下となっている「玉井(土平ドンペイ)」が潔の会社「オライオン」のことを調べていた様子が映し出されていたことです。

「オライオン 若者向け婦人服開拓についての報告書」

と書かれています。オライオンは若者向けの洋服を展開する予定でいる様子が以前見られましたので、「エイス」とは競合する可能性が高いです。エイスもいずれはオライオンが入っている「大急百貨店」に出店することになるのではないかと考えられます。

「キリスマ」という「キアリス」の模造品を製造・販売をしていた会社を作っていた玉井が部下な点が非常にあれです。良からぬ展開がありそう。「オライオン」の潔たちに挨拶もしていないでしょうし……。

 

 

悦子様が結婚?!

すみれの女学校時代の同級生で、取り巻きから「悦子様」と呼ばれていた、今は「キアリス」の2号店(大急百貨店)ので販売員をしている社員「高西悦子(滝裕可里)」が、神戸港町商店街の「キアリス」1号店を訪れていました。

悦子は「結婚することになったの」と言っていました。2度目の結婚ですか。娘さんでしたか、子どもがいるみたいですから。

結婚の相手はまだ明らかになっていないですが、皆がビックリすると言っていました。

しかし、これまでの様子から悦子の結婚相手は大急百貨店の社員で「キアリス」を担当していた「小山(夙川アトム)」ではなかろうかと予想されます。

 

 

おわりに

悦子様が結婚すると報告したときの明美の表情がとても複雑で、谷村美月さんの演技が良かったです。自分も結婚していないですから、一度離婚しているとは言え、どこかで悦子にシンパシーを感じていたのかもしれないですね。

90話のラストは、坂東家の元女中頭で今はすみれたちと暮らしている「佐藤喜代(宮田圭子)」から「キアリス」に電話がかかってきて、電話に出たすみれが喜代の報告を受けて血相を変えていました。さくらが家出をしたそうです。すみれが急いで家に戻ると、さくらの置き手紙には家を出る捜さないで欲しい的なことが書かれていました……。

西城は岩佐のことを知っている様子でしたね。有名人だから、という意味で。彼はキアリスの女子女子した雰囲気が好まないみたいですから、「エイス」に鞍替えする予感がします。予感しかしないというか。

 

dysdis.hatenablog.com