ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

アッコが憧れる「シャイニィシャリオ」はルーナノヴァ魔法学校の「アーシュラ先生」なのでしょうか? - アニメ『リトルウィッチアカデミア』1話「新たなるはじまり」

スポンサーリンク

毎週月曜日00:00(金曜深夜26:25)より、TOKYO MXにてアニメ『リトルウィッチアカデミア』が放送されています。

以下、ネタバレ要素がありますので注意してください。バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニメ『リトルウィッチアカデミア』

tv.littlewitchacademia.jp


 

2017年1月9日の放送は第1話「新たなるはじまり」でした。

実は私は1話を録画し忘れてしまい、1話を観られていません……。

 

 

イントロダクション 

幼いころにシャイニィシャリオの魔法ショーを見て魔女になることを夢見たアッコはシャリオと同じ伝統ある魔女育成名門校「ルーナノヴァ魔法学校」に入学する。
新しい町、新たに始まる学校生活、そして新たに出会う友達。
魔女学校の中でほうきの飛行授業や魔法にまつわる不思議な授業など、魔女学校ならではの授業の中でアッコやロッテ、スーシィたちが大騒動を巻き起こす!
ルーナノヴァを巻き込んだアッコの魔女への第一歩が今から始まる‐

こちらが公式Webサイトに書かれているイントロダクションです。

『リトルウィッチアカデミア』(Little Witch Academia)は、TRIGGER制作による日本のアニメ作品。2013年3月2日に『アニメミライ2013』の一作として劇場公開された。
2015年10月9日には続編として『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』(リトルウィッチアカデミア まほうじかけのパレード)が2週間限定で劇場公開された。こちらは『アニメミライ』作品ではなく、単独企画作品となる。

リトルウィッチアカデミア - Wikipedia

リトルウィッチアカデミアのWikipediaによると、2013年に『アニメミライ2013』の作品として劇場公開されている作品で、さらに2015年には『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』という続編が劇場公開されているそうです。

今回のテレビアニメはそれらの続編ではなく、新作になるということのようですね。私は2013年のものも2015年のものも全く知らないです。

製作は「TRIGGER(トリガー)」です。TRIGGERの作品では『宇宙パトロールルル子』も観ていまして、とても好きな作品でしたし、最終回ではヒロインの「ルル子」が『リトルウィッチアカデミア』のヒロイン「アッコ」にバトンタッチする様子が描かれていたため、絶対に観ようと決めていました。それなのに見忘れています。

 

 

『リトルウィッチアカデミア』の登場人物

『リトルウィッチアカデミア』の登場人物です。公式Webサイトの「CHARACTER(キャラクター)」ページを参考にしました。

 

ヒロインとヒロインにごくごく親しい人物は、上記Twitterの画像の3人のようです。

まずは本作のヒロインは「アツコ・カガリ」です。CVは「潘めぐみ」さん。

アッコは日本からルーナノヴァ魔法学校にやって来たようです。魔法は苦手らしい。シャイニィシャリオの魔法ショーを見て彼女(?)に憧れて魔女になることにしたということです。明るいけど暴走気味の女の子ということで、ルル子に近い性格なのでしょうか。

次に、ルーナノヴァ魔法学校でアッコのルームメイトになる「ロッテ・ヤンソン」、CVは「折笠富美子」さん。

ロッテはフィンランド出身の少女です。優しく誠実な性格で、アッコのブレーキ役なのでしょう。歌が得意で、古い魔女の民謡を歌って北欧の精霊を呼び出すことができるとのこと。

そして3人目はこちらもアッコのルームメイトの「スーシィ・マンババラン」、CVは「村瀬迪与」さん。

スーシィは東南アジアからやってきたらしい(?)正体不明の魔女だそうです。毒物マニアでマイペース、皮肉屋、辛辣な毒舌家……どういう子なのでしょうね。

他にいじめっ子的な女の子を始め、ルーナノヴァ魔法学校でアッコと一緒に生活することになりそうな女の子が何人かいました。彼女たちは今後紹介することにしましょう。

「アーシュラ先生」というルーナノヴァ魔法学校でアッコたちに魔法天文学を教えている先生もいるようです。アーシュラ先生のCVは「日高のり子」さん。「かつてシャイニィシャリオだったという噂もあるらしい……」これは気になる。

 

 

1話「新たなるはじまり」

 1話はアッコがルーナノヴァ魔法学校へ入学する話です。

「ブライトンベリー」という町から「レイライン」という魔女だけが使える「ホウキの停留所」があります。アッコもそれを使ってルーナノヴァへと行くことになるのですが、アッコは魔法が使えずに途方に暮れてしまう……という話みたいですね。

ルーナノヴァは始業の儀式があり、それに遅刻してしまうと即退学。どうする?という。

 

 

おわりに

前述のとおり、私は1話を観られていないので詳細はさっぱりわかりません。でもイントロダクションやCHARACTER紹介を読む限り、どことなくハリー・ポッターシリーズの第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』を想起させる内容に感じられます。

 

実はCHARACTERページにはアッコが憧れる「シャイニィシャリオ」のことも書いてあって、シャイニィのCVがアーシュラ先生と同じ「日高のり子」さんなんですよね……隠すつもりもない感じです。

2話こそ忘れずに観たいです。というか録画し忘れをしないようにしないと……。

 

dysdis.hatenablog.com