読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

国産ヴィンテージ「CANTON(キャントン)」の復刻モデルと思われる、セルヴィッジ・デニムのジーンズを購入しました

スポンサーリンク

久しぶりのファッション関係の記事です。先日、あるお店で「CANTONキャントン)」の古着を購入しました。古着のボトムは今年の7月に「Levi's(リーバイス)」のコーデュロイパンツを購入して以来です。本ブログでも記事にしていたと思います。

コーディロイパンツはLevi'sの517で価格は300円ほどと非常に安価で購入しましたけど、今回はその10倍ほどの2,980円です……私的にはちょっと高かったですね。

 

 

「CANTON(キャントン)」とは?

ヒストリー | BIG JOHN JEANS / ビッグジョンジーンズ

 

「BIG JOHN(ビッグジョン)」さんの公式Webサイトの「ヒストリー」ページに、「CANTON(キャントン)」のことが触れられています。

1963年から「大石貿易」と「キャントン・ミルズ社」との契約から、「マルオ被服」が製作したジーンズを「CANTON」ブランドとして発売していた、ということのようです。

どういう経緯かは書かれていませんけど、おそらく米国「キャントン・ミルズ社」から「CANTON」のブランドネームを使うことを禁じられたのでしょう、「CANTON」の名前を使えなくなった「マルオ被服」は「BIG JOHN」ブランドを使うようになり、「大石貿易」は「BIG STONE(ビッグ・ストーン)」となったのだと思います。私の想像なので合っているかはわかりません。

「BIG STONE」ブランドは2016年現在存在しないと思いますので、大石貿易が一番割りを食った感がありますね。大石だからBIG STONE、です。

私はこの「BIG STONE」のジーンズも所有しています。病気になるより随分前に買いました。ストレートのジップフライ、ジッパーはTalon 42です。確かBIG STONEのジーンズは「Cone Mills(コーンミルズ)」社製のデニム生地です。

 

CANTON®OVERALLS

 

2008年に「CANTON」はブランドを復活させているようです。正式には「CANTON OVERALLS(キャントン・オーバーオールズ)」でしょうか。現行のジーンズのパッチやタブはOVERALLS部分まで刻印されているみたいで、見分けを付けられそうですね。

 

 

私が購入した「CANTON」ジーンズ

f:id:dysdis:20161230190109j:plain

私が購入した「CANTON」のジーンズがこちらです。なかなか良い色落ちをしています。「DENIME(ドゥニーム)」の落ち具合に似ている気もします。

 

f:id:dysdis:20161230190104j:plain

しかし、残念ながらこの「革パッチ」を見る限り、1960年代中期のオリジナルではなく復刻みたいですね。オリジナルは「紙パッチ」のようですから。

それと「CANTON Products」と印が押され「CANTON OVERALL」表記がないので、2008年の復活後ではなく、その前に造られたものがあるのでしょう。

また、通常なら「Lot.(ロット)」ナンバーがパッチ左下に記されているものですけど、「Lot.」の文字がありません。Lot.ナンバーそのものも薄っすらと見えますがはっきりとはわかりませんでした。

 

f:id:dysdis:20161230190037j:plain

裏にタブがあり、こちらには「0411020」と書かれています。これは革パッチに記されたLot.ナンバーと思われます。

「NON SANFORIZED」ですから生地は「防縮ではない」ですよということですね。他の情報は「15oz(15オンス)」のピュア・インディゴ・デニムで、「縮率」が10%前後、サイズはウェストが31インチでレングスが34インチと書かれています。

 

f:id:dysdis:20161230185956j:plain

こちらがパッチの裏側。この純正のインディゴデニムはコットン(綿)100%ですよと。

 

f:id:dysdis:20161230190033j:plain

さらに残念なことに裾はシングルステッチなので上げてあるようです。元はチェーンステッチのはず。

上記にあるようにレングスはL34と書かれていましたけど、穿いてみたところ私の脚より少し短かったです。30か31インチほどにカットされたと推測。裾上げの縫製は丁寧なのでプロの方が施したのでしょうか。

 

f:id:dysdis:20161230190047j:plain

これは何でしょう。「OORIUI」なる会社(?)の著作権に関する表記です。デザインや縫製がすごく最近っぽい……。「OORUI」については検索をかけてもわかりませんでした。漢字に直すと「大琉蛇」でしょうか?

 

f:id:dysdis:20161230190055j:plain

ピスネームは赤タブです。生地はレーヨンでしょうか。定規に隠れていますけど「Rマーク」入りでした。

バックポケットの飾りステッチはなし。大戦モデル? ネットで他オーナーの所有するCANTONのバックポケットを拝見すると、Levi'sを意識したような緩やかなアーキュエイトステッチが見られますが……どういうことでしょうか。こちらもDENIMEっぽい。

 

f:id:dysdis:20170105175918j:plain

バックポケット裏のポケット口はシングルステッチが2本入っていました。

 

f:id:dysdis:20161230190115j:plainf:id:dysdis:20170105175954j:plain

脚を裏返してみたところ「Selvedge(セルヴィッヂ、セルヴィッジ)」でした。脇割ではなく赤耳(赤ミミ)ということ。サイドシームの「アタリ(色落ち)」の具合を見ても赤耳っぽいですね。

テーパリングもそこそこされていそうな。テーパリングとは、人間の脚の形状に合わせて、ジーンズも裾に向けて徐々に細くすることです。

 

f:id:dysdis:20161230190125j:plain

インシームはシングルステッチ。

 

f:id:dysdis:20161230190130j:plain

フロントのトップボタン付近の生地には「Vステッチ」があり、角度が広めに取ってあります。

 

f:id:dysdis:20170105180103j:plain

バックポケット裏は「カンヌキ(バータック)」と「裏リベット」がありました。「隠しリベット」ではないです。

 

f:id:dysdis:20170105180129j:plain

背面センターのベルトループはオフセットではありません。センターからズレていない。

これらの特徴を見ていくと、このCANTONはLevi'sの「501」でいうなら1950年代前半の「革パッチ」時代のディテールに近いようなそうでもないような。

 

 

おわりに

実はまだ穿いていません。試着はしていますけど穿いて外へは出ていないです。

この「CANTON」はオリジナルではない可能性が極めて高い、というか確実にオリジナルではないでしょう。しかしながら生地や縫製、色落ちは好みですから、まずまずの買い物だったと思っています。できれば裾上げされていない物が良かったかなぁ。

足りないと思った画像は覚えていたら更新します。脚の裏面とバックポケット裏、ベルトループ、バックポケット裏の4枚ですか。夜に撮影すると暗いですし光の色味が昼間と異なるため、撮るなら同じ時間帯にしたいです。

 

追記

足りないと思われる画像をアップしました。

 

dysdis.hatenablog.com