ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

「改修工廠」で艦上戦闘機「F4F-3」を「F4F-4」へと改修更新をしました

スポンサーリンク

2016年11月19日に実装された、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の装備アイテム、艦上戦闘機「F4F-3」を改修工廠で改修更新をして艦上戦闘機「F4F-4」を手に入れました。

 

 

2016秋イベE5乙報酬艦上戦闘機「F4F-3」 

www.dmm.com

 

f:id:dysdis:20161123100334j:plain

大戦初期の太平洋上で零戦としのぎを削った名艦上戦闘機、その初期部隊配備型です。
ワイルドキャットとよばれたF4Fシリーズは、格闘戦闘で劣る零戦隊を相手に果敢に戦いました。

こちらが2016年11月18日より開催された『艦隊これくしょん ~艦これ~』の2016年秋イベント『発令!「艦隊作戦第三法」』の第5海域 (E5) 、後段作戦「MS諸島北部 B環礁沖」(最終海域)「渚を越えて」を、難易度「乙」でクリアした際に報酬の一つとして手に入った艦上戦闘機「F4F-3」です。ワイルドキャット。

また、同じくE5のクリア報酬である米国軍の正規空母「Saratoga(サラトガ)」の初期装備でもあります。こちらは難易度は問わずに手に入れられたはず。

 

F4Fは、アメリカ合衆国のグラマン社が開発し、第二次世界大戦中に使用された艦上戦闘機である。愛称はワイルドキャット(Wildcat、山猫または野良猫の意。意地悪女という意味も持つ)。後に続く同社製戦闘機の俗称となる「猫一族」のはしりとなる。
ゼネラルモーターズ社でも生産され、GM製の機体は「FM」と呼称される。生産機数自体はゼネラルモーターズ社製の方が多い。

F4F (航空機) - Wikipedia

F4F (航空機) のWikipediaによると、愛称のワイルドキャットとは「F4F-3」に限らず「F4F」シリーズの愛称のようですね。

 

 

「F4F-4」を「F4F-3」から改修更新

f:id:dysdis:20161212102157j:plainf:id:dysdis:20161212102201j:plain

こちらが「F4F-3」を改修更して「F4F-4」を手に入れたときの画像です。

消費アイテムは★6から★7にするところからは「九六式艦戦」が1ずつ、★MAXから更新するときには「12.7mm単装機銃」が必要になりました。ネジはMAXにするまでは2で、更新時が3だったと思います。

自軍は「確実化はしない」で行っていましたから、確実化をするなら倍以上かかるでしょう。運がよく失敗は一度もありませんでした。

 

 

艦上戦闘機「F4F-4」

f:id:dysdis:20161212102801j:plain

大戦初期の太平洋上で零戦としのぎを削った名艦上戦闘機、その改良型です。
ワイルドキャットとよばれたF4Fシリーズは、格闘戦闘で劣る零戦隊を相手に果敢に戦いました。本機は火力を強化し、空母艦載に最適化したF4Fの完成形といえるバージョンです。

こちらが艦上戦闘機「F4F-4」の図鑑の画像です。F4F-3より対空+1命中+1命中+1ですから、上位互換の位置づけになります。しかし他との比較でいうなら烈風はおろか零式艦戦52型よりも劣るみたいですね。改修前提の機体になるかもしれません。

いずれは後継機が艦これに実装されるという話ですから、F4Fの後継機の「F6F」へ改修更新されるかもしれないですね。ワイルドキャットからヘルキャットへと。

 

 

おわりに

前述したように今後ヘルキャットなどが実装されることを考えると、F4F-4も★MAXまでしておいた方が良さそうに感じますので、少しずつでもやっておこうかと思っています。

といっても、今のところ自軍の最優先は「零式艦戦53型(岩本隊)」をできれば★MAX、最低でも★6にすることです。2016秋イベでその必要を感じたので。

 

dysdis.hatenablog.com

スポンサーリンク