ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

MotoGP 2016第14戦アラゴンGPでホンダのマルク・マルケスが得意の左回りサーキットで速さを見せつけ今季4勝目です

スポンサーリンク

FIM ロードレース世界選手権2016は、2016年9月25日に第14戦、MotorLand Aragón(モーターランド・アラゴン)での「GRAN PREMIO MOVISTAR DE ARAGÓN(アラゴンGP)」の決勝レースが行われました。

 

http://www.motogp.com/ja/ 

 

 

2016年第14戦アラゴンGPはマルク・マルケスが優勝

 

f1-gate.com

 

最高峰のMotoGPクラスは、ドライコンディションで行われ、現在ポイントリーダーのHONDA(ホンダ)Marc Márquez(マルク・マルケス、スペイン)が今シーズン4勝目を、ポール・トゥ・ウィンで飾りました。

Márquezは、第9戦ドイツGP以来の優勝ということで、今年はMárquezを含む4強と言われるライダーの他にも初優勝のライダーが続々と誕生していて、久しぶりの優勝になりました。Moto2とMoto3クラスを含めればGP通算54勝目ということで、Michael "Mick" Doohan(マイケル・“ミック”・ドゥーハン)と並んで6位タイに並んだそうです。MotoGPクラスだけだと28勝目。Doohan、懐かしいですね。私はWayne Gardner(ワイン・ガードナー)も結構好きなライダーで、DoohanはGardnerの弟分的存在のイメージを持っています。

レースに話を戻しますと、2位にはYAMAHAのJorge Lorenzo(ホルヘ・ロレンソ、スペイン)が、3位にYAMAHA(ヤマハ)のValentino Rossi(ヴァレンティーノ・ロッシ、イタリア)が入ってYAMAHAの2-3でした。

4位にSUZUKI(スズキ)のMaverick Viñales(マーヴェリック・ヴィニャーレス、スペイン)、5位にHONDAのCal Crutchlow(カル・クラッチロウ)、6位に前戦で今シーズン初優勝したHONDAのDani Pedrosa(ダニ・ペドロサ、スペイン)が入っています。

DUCATI(ドゥカティ)勢が最近元気がないです。Andrea Dovizioso(アンドレア・ドヴィツィオーゾ、イタリア)が11位、今回もAndrea Iannone(アンドレア・イアンノーネ、イタリア)に替わりに出場したMichele Pirro(ミケーレ・ピッロ、イタリア)が12位でした。

 

 

マルケスは左回りのサーキットで無敵

レースは大きな動きはなかったように思います。ポールスタートのMárquezが1周目から順調に周回していましたが3周目にフロントが滑って危うく倒れそうになったくらいで、彼のスピードは今戦は他より頭一つ二つ三つほど抜けていました。その後12周目には首位に返り咲いてその後は全く危なげないレース展開でした。

私は地上波の放送で観戦しています。アラゴンGPは解説を青木宣篤さんが務めていました。青木さんは実況の方からレースの感想を聞かれるとMárquezのライディングについて下記のように語っていました。

「Márquezのこの、左周りのサーキット、無敵ですね!」「彼のライディングスタイルの特徴なんですけど、リアブレーキを使いながらのところだと、左コーナーはリアブレーキを上手く使えるんですよ。なので、そうすると無敵なんですよ。アメリカもそうなんですよ」

と青木さんはMárquezのライディングスタイルの特徴からアラゴンGPのレース、というかMárquezがこのサーキットで特別に速い理由を分析していました。

私はバイクに乗らないので、どうして左コーナーだとリアブレーキを上手く使えるのかがよくわからないです。一般的にはバイクは右足でリアブレーキを操作しますよね? 左コーナーだと右足がアウト側になるため、イン側にあるよりも窮屈でないからより自在に操作できる、ということでしょうか?

 

 

おわりに

アラゴンGP終了後の、2016年のワールドスタンディング(ポイントランキング)は、Marc Márquezが248ポイントで首位キープ、Valentino Rossiが196ポイントで2位、Jorge Lorenzoが182ポイントで3位、4位がDani Pedrosaが155ポイントです。上位の順位は変わらなかったものの、ランキング1位のMárquezがランキング2位のRossiとの差を広げています。

さて、次戦15戦はいよいよ「ツインリンクもてぎ」での日本GPです。昨年2015年はPedrosaが優勝したんでしたっけ、今年もPedrosaが優勝してくれると嬉しいです。

 

dysdis.hatenablog.com