ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

六角精児さんたちが名古屋の喫茶店で働くドラマ『三人兄弟』がtvk(テレビ神奈川)で放送されています

スポンサーリンク

毎週水曜日23:00からtvk(テレビ神奈川)にて、ドラマ『三人兄弟』が放送されています。2016年8月24日の放送が第4話でした。

 

 

ドラマ『三人兄弟』

www.nagoyatv.com

 

六角精児、今野浩喜(キングオブコメディ)、波岡一喜が繰り広げるいまだかつて無い三人兄弟の物語。何をやっても成功しないはかない人生を描く青春赤裸々喜劇です。

モテない、金ない、意気地ないの三拍子揃ったダメダメ三人兄弟(金一、銀二、銅三)が主人公。

名古屋の有名喫茶店が毎週登場するのも見どころ!今週は名古屋のビジネる街で40年以上街の移り変わりを見つめてきた珈琲専門店「蘭」。かつて名古屋の喫茶店で大流行したあるモノが大切に残されています。お楽しみに!

 

tvkで放送された『三人兄弟』4話の放送データに書かれている番組内容です。どうやら名古屋のテレビ局『メ~テレ』で昨年2015年に製作されたドラマ作品のようで、それを8月からでしょうか、tvkでも放送しているということのようです。私は今回の4話で初めて本作を観ましたので、4話の情報しかわかりません。

 

 

六角精児さんが主人公

上記引用部分そのままですけど、ドラマの中心にいるのは「モテない、金ない、意気地ないの三拍子揃ったダメダメ三人兄弟(金一・銀二・銅三)」です。長男の「真野金一」を演じるのはテレ朝の刑事ドラマ『相棒』でお馴染みの六角精児さんで、次男の「真野銀二」を演じるのはお笑いコンビ「キングオブコメディ」の今野浩喜さん、三男「真野銅三」を演じるのは波岡一喜さんです。ヒロインの姫野ダイヤを演じるのは中村静香さんです。金一の子供時代は鈴木福くんが演じます。

三兄弟が皆、仕事に就かずに過ごしていましたが、長男・金一が弟たちに内緒で2000万円の借金を抱えてしまいます。そこに1億円もの父親の遺産相続の話が舞い込んできました。遺産相続話に飛びついた金一ですが、相続するためには条件が一つだけありまして、それが父親の経営していた喫茶店を一年間営業するということです。条件を受け入れた三兄弟は、20年振りに名古屋に帰って来て喫茶店経営を始めることになりました……という物語のようです。

4話や公式WebサイトのCASTページを拝見したところ、長男の金一が銀二と銅三を良いように言いくるめて働かせて自分は楽をしよう楽をしようとしているのでしょう。銀二と銅三はいつも騙されている、と。銀二は妄想癖があり、銅三は気が弱く真面目。姫野ダイヤが謎の人物ですけど、三兄弟も彼女の素性を知らないみたいです。お色気枠?

 

 

番組中番組『ザ・キッサテン』

引用部にも書いたように、ドラマの中では三兄弟が名古屋ならではの喫茶店文化に触れながら喫茶店経営を学んでいく物語です。1話の中に『ザ・キッサテン』という『ザ・ベストテン』のようなオープニングから始まる番組中番組が放送され、そこで実際に名古屋にある有名な喫茶店が紹介されます。

4話は『珈琲専門店 蘭』というリピート率95%の喫茶店が紹介されていました。ほぼ常連さんということですか。お店内部は「中二階」の構造をしていて、中二階は昭和時代の喫茶全盛期に客の収容人数を上げるため工夫の末考えられた構造だそうです。

漫画『めぞん一刻』に、『蘭』と同じような中二階の喫茶店が登場していた気がします。主人公の五代裕作が友人(?)の七尾こずえちゃんと入っていて、こずえちゃんが涙を流していて五代が慰めている様子を、終始見ていた「一刻館」の一の瀬さんが管理人さんに密告した話とか、他にもあった気がします。こずえちゃんが涙を流したのは単に目にゴミが入ったのだったはずです。でも管理人さんは……という。

『蘭』の話しに戻しますと、加熱による蒸気圧の違いで抽出する「サイフォン式」のコーヒーを提供しているお店です。三兄弟のうち銅三だけが蘭のサイフォン式コーヒーを「美味しい」と言っていました。他の2人はコーヒーの味がわからないのかもしれません。

このように、1話につき一店舗のペースで名古屋の名喫茶店を紹介してくれるのでしょう。

 

 

おわりに

4話を観た限り、『三人兄弟』はドラマ仕立てで名古屋の喫茶店と喫茶店文化を紹介する番組、ということのようですね。テレビ東京の『孤独のグルメ』やEテレの『古カフェ系 ハルさんの休日』と似た系統の番組です。喫茶店という意味ではハルさんの休日がより近いと思いますけど、ドラマの主人公たちに現地の人が絡むことはほぼなさそうですからその意味では孤独のグルメに近いです。

最後に六角精児さんたち三兄弟が歌を歌っていました。歌っていた曲のタイトルは「ブサイク」というそうです。何と金一役の六角精児さんが作詞・作曲を手がけていて、歌も歌っています。銀二の今野浩喜さんと銅三の波岡一喜さんはコーラスで。六角精児さんにそんな才能があったとは……。しかもこの「ブサイク」が結構良い曲なんですよね。

既に3話分観損なっていますけど、5話以降も観ていこうかと思っています。面白いです。『チャーリーズ・エンジェル』といい、『ウルトラマン』といい、『ボトムズ』といい、tvkさんのアニメやドラマの再放送枠が個人的にツボです。

 

dysdis.hatenablog.com

スポンサーリンク