ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

2016年7月からtvkで『装甲騎兵ボトムズ』が放送されています。スコープドッグ&キリコが格好良いです

スポンサーリンク

毎週日曜日23:00からtvk(テレビ神奈川)にて、アニメ『装甲騎兵ボトムズ』が放送されています。2016年7月3日日曜日に既に1話「終戦」が放送されていて、本日2話が放送される予定です。

しかし、2話は2016年7月10日日曜日、参議院選挙が行われているためか、2016年7月11日月曜日01:00から放送と、放送時間が通常とは異なります。注意してください。

 

ボトムズWeb

 

 

装甲騎兵ボトムズ

百年戦争の終戦後、メルキア軍から追われるキリコは、軍の最高機密である素体にフィアナという名を与え、愛しあう。キリコとフィアナは、ともに地獄の中を駆け抜けていく。

 

tvkで放送された『装甲騎兵ボトムズ』1話の放送データに書かれている番組内容です。

 

百年戦争末期、兵士キリコ・キュービィーは小惑星リドにおける秘密作sンに参加する。しかし、そこでキリコは、得体の知れないカプセルの中に裸の女性を目撃した。作戦終了後、メルキア軍情報将校ロッチナに拘束され、拷問を受けるキリコ。それはキリコ自身の戦いの始まりであった。

 

こちらは同じく録画データに書かれていた1話「終戦」の内容説明です。

 

 

ボトムズの思い出

私は『機動戦士ガンダム』が好きですけど、ボトムズも好きです。本放送当時、一度だけ通して観た覚えがあります。記憶が定かじゃないのですが、もしかしたら再放送などを観たかもしれないです。

当時、私の周りはほとんどがガンダムから『超時空要塞マクロス』へと興味が移っていて、そんな中、私は『太陽の牙ダグラム』や『戦闘メカザブングル』が好きな子供でした。と言ってもこの2作品はもはやほとんど内容を忘却していますけれども……。マクロスやダグラムから何年か遅れて放送されたのがボトムズだったはずです。

ボトムズのあのハードボイルドさにやられていました。ガンダムはそれまでのロボットアニメにはないリアルな戦争を描いているように感じられ、当時の私にとって十分に大人のアニメでしたが、ボトムズは更に上を行く大人っぽさというか男っぽさ、汗臭さ、埃臭さの漂う戦争アニメでした。特にスコープドッグの「戦車感」はザクⅡのそれを上回るもので、ワクワクした思い出があります。

 

スコープドッグのリアルロボット感が大好きです。スコープドッグは主人公キリコ・キュービィーの愛用機で、ワンオフではなくボトムズの世界で最も多く生産されている機体という点も当時の私には新鮮でした。キリコはそれをメンテナンスして使うけれど、駄目になったら諦めて捨てる感じも、量産機ならでは感があって良い。

 

こちらは当ブログの他の記事で書いたボトムズ評です。そうそう、主人公の搭乗機にザクのような量産機を扱っていることが重要なんです。スコープドッグなど「アーマード・トルーパー (AT) 」の頭部にあるターレットレンズがカシャカシャ動く様子、ターレットレンズのフォーカスを当てるためにキュキュイッと動く様子がたまらなく格好良いんですよね。それらの描写は1話でふんだんに描写されていました。

といっても、当時子供も子供だった私は物語をしっかり把握できていたかというと非常に怪しくて、あれから何十年とたった今では記憶も薄れており、より以上に怪しいです。当時から頭のよろしくなかった私には複雑だったのでしょうね……ついて行けていなかった。それでも楽しんでいました。放送当時は自宅にビデオデッキなどまだなかっったことも、物語の理解不足や記憶の曖昧さに大きく作用していることでしょう。

 

 

おわりに

コミックボンボンの漫画『プラモ狂四郎』でもスコープドッグなどATは何度か登場していたと思います。あれも嬉しかったですね。

私はマクロスが当時からあまり得意ではありませんでした。友達の影響からか全て観ましたが、友達ほどはハマらなかったです。『聖戦士ダンバイン』や『重戦機エルガイム』は少し観ただけでほとんど観ていないかと思います。こちらもあまり得意ではなかったのかも。『銀河漂流バイファム』も。一方で『巨人ゴーグ』は好きで観ていましたから、物語がハードな戦争ものでなければ駄目ということもないですね。ザブングルもそれほどハードではなかったはずですし。おそらく内容そのものより、ロボットやキャラクターのデザインで観るかどうかを決めているのでしょう、それは今も同じですからブレていないとも進歩していないとも言えます。

tvkさんは本当によくボトムズを放送してくれました。『ウルトラマン』も放送してくれていますし。再放送でダンバインやエルガイムを放送してくれないですかね、もう一度トライしたいです。大人になった今観ればまた違った感想を持つかもしれません。『ウルトラセブン』ももう一度観たいなぁ。セブンはTOKYO MXで何年も前に放送していた気がします。

 

dysdis.hatenablog.com

 

スポンサーリンク