ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

MotoGP 2016第8戦オランダGPでジャック・ミラーが、Moto2クラスで中上貴晶がそれぞれ初優勝です!

スポンサーリンク

FIM ロードレース世界選手権2016は、2016年6月26日に第8戦、TT Circuit Assen(TTサーキット・アッセン)での「MOTUL TT ASSEN 2016(オランダGP)」の決勝レースが行われました。

 

http://www.motogp.com/ja/

 

 

2016年第8戦オランダGPはジャック・ミラーが初優勝

f1-gate.com

 

最高峰のMotoGPクラスでは大雨で大荒れの展開でした。転倒者も続出し、途中中断もあり2ヒート制になっています。大混乱のレースを制したのはHONDA(ホンダ)のサテライトチームから出場しているJack Miller(ジャック・ミラー、オーストラリア)でした。Millerは最高峰クラスで初優勝です。

 

 

Miller Time! ミラー・タイム!

サテライトチームのライダーによるMotoGPクラスの優勝はおよそ10年ぶりの快挙だそうです。その前になると2006年10月に開催された第16戦ポルトガルGPで優勝したToni Elias(トニ・エリアス、スペイン)ということでした。

2位にはHONDA(ホンダ)のMarc Márquez(マルク・マルケス、スペイン)、3位にDUCATI(ドゥカティ)のサテライトチームから出場しているScott Redding(スコット・レディング、イギリス)が入っています。

予選でポールポジションを取ったDUCATIのAndrea Dovizioso(アンドレア・ドヴィツィオーゾ、イタリア)は4周目に転倒リタイア。YAMAHA(ヤマハ)のValentino Rossi(ヴァレンティーノ・ロッシ、イタリア)も3周目でしたか、転倒リタイア。HONDAのDani Pedrosa(ダニ・ペドロサ、スペイン)は転倒をしましたがその後も走り続けて12位で完走しています。YAMAHAのJorge Lorenzo(ホルヘ・ロレンソ、スペイン)は雨のレースで良い所がなく10位完走です。

Jack Millerはオーストラリア人の若干21歳です。オーストラリア人の最高峰クラスというと、Wayne Gardner(ワイン・ガードナー)やMichael Doohan(マイケル・ドゥーハン)、Casey Stoner(ケーシー・ストーナー)がワールドチャンピオンになっています。Millerもその系譜の仲間入りできるのか、今回の優勝をきっかけに化けるかもしれないですね。そのためにもファクトリーチームに昇格することが不可欠でしょう。

 

 

中上貴晶がMoto2クラス初優勝!!

f1-gate.com

 

MotoGPクラスの一つ下のカテゴリ、中量級Moto2クラスでは、日本人ライダーの中上貴晶(なかがみ・たかあき)が自身初のGP優勝を果たしました。ラスト2周というところで赤旗が提示されたことでレース成立となっての初優勝です。中上は以前、軽量級Moto3クラスにも参戦していましたが、そこで優勝をしていないと思いますのでMoto3を含めてGP初優勝ということになるはずです。

Moto2クラスにおける日本人ライダーの優勝となると、2010年7月の第7戦カタルーニャGPで独走優勝した高橋裕紀以来Moto2クラスで3人目とのこと。

私は地上波で視聴していて、前戦と今回の第8戦TTアッセンはMotoGPクラスより先にMoto2クラスのレースが放送されていました。私が昔観ていたときは500ccクラスでも250ccクラスでも125ccクラスでも日本人ライダーが優勝したり優勝争いをしたりすることは日常的に行われていたことですが、いつからか日本人ライダーが勝てなくなっていました。今回久しぶりの君が代でしたね。嬉しいニュース。

 

 

おわりに

ポイントランキングはMarc Márquezが145ポイントで首位、Jorge Lorenzoが121ポイントで2位、Valentino Rossiが103ポイントで3位です。この3名によるタイトル争いになりそうですね。尚、Dani Pedrosa(ダニ・ペドロサ、スペイン)……。

TTアッセンは大雨で2ヒート制になり、サテライトのJack Millerが初優勝したりと、なかなかに面白いレースになりました。しかし、イレギュラーであることには変わりなく、今後も同じような展開が待っているかというとそんなことはないでしょう。ただ、先程も書きましたが、3位に入ったReddingを含め、若いライダーが何かのきっかけで化けることもよくあることで、これを機にMillerやReddingが今後どのようなレースを見せてくれるかを楽しみの一つになりました。

dysdis.hatenablog.com

 

スポンサーリンク