ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

スゴ技Q「マイボトル」で「ショウガ白湯」やフレーバーウォーター、スプーンでクラッシュアイス、過炭酸ナトリウムが紹介されました - NHK『あさイチ』

スポンサーリンク

平日08:15からNHK総合で放送されている生活情報番組『あさイチ』、2016年6月21日は「スゴ技Q この夏必見! お出かけ“マイボトル”」の特集が組まれていました。

 

 

スゴ技Q この夏必見! お出かけ“マイボトル”

www1.nhk.or.jp

 

ほぼ毎週火曜日の放送は、元水泳オリンピック選手である宮下純一さんが出演する企画「スゴ技Q」です。2016年6月21日のテーマは「マイボトル」です。

「マイボトル」とは簡単に言ってしまえば「水筒(すいとう)」です。この夏に使えるマイボトルのスゴ技の数々が登場していました。今回はアッキーこと篠山輝信(しのやま・あきのぶ)さんもスタジオに登場していましたどうやら宮下さんはあっきーと同い年ということで、宮下さんのアッキーへの扱いが冷たいのではないかと視聴者さんからメールが着ていたようです。宮下さんは『あさイチ』のスタジオ出演者の中で最年少であることも多いですから、ほとんどの場合下から下からの応対を余儀なくされるののですが、今回は同い年のアッキーがいたことでいつもと少し違ったのかもしれません。

今回は、持ち歩きにオススメするのはハリウッドセレブも愛用する「水」を一工夫した美容に嬉しい効果も期待できるドリンクとか、「クラッシュアイス」を家庭にある身近なアイテムで簡単に作れる方法とか、冷房が効きすぎる「夏の寒さ」対策となる「夏のホットドリンク」の作り方とか、水筒の「茶しぶ汚れ」をピッカピカに落とす方法とかが紹介されていました。

 

 

夏の寒さ対策「夏のホットドリンク」

個人的に最も気になったことは、夏の寒さ対策の「夏のホットドリンク」です。電車の中や会社、公共施設、ショッピングモール、デパートといった所に行くと、冷房の効きすぎで体が冷えてしまうことも多いかと思います。特に女性が困っているという声をよく聞きますね。今回の『あさイチ』では、そんな冷房の寒さ対策となる「夏のホットドリンク」が紹介されていました。冷え性の方でもそうでない方にも良いそうです。

紹介された「夏のホットドリンク」とは「ショウガ白湯(しょうが・さゆ)」です。

意味はそのままショウガ(生姜)を入れた白湯ですけど、私の中で「白湯とは何も入れていない水を沸かしたもの」という認識があったので、「ショウガ白湯」は矛盾した言葉かなと思っています。

500mlの「ショウガ白湯」を作るための材料は保温できるマイボトルと生姜1個、ティーバッグ1個、熱湯500mlです。「ショウガ白湯」の作り方は至ってシンプルで、生姜を皮ごと薄くスライスして、スライスした生姜をティーバッグに入れて水筒に入れ、そこへ熱湯を注いで、蓋を閉めて3時間待てば完成です。

注意点は生姜は皮ごとスライスすることです。生姜に含まれる「ジンゲロール」という成分が熱を加えられると「ショウガオール」という成分に変化します。このショウガオールが身体を芯から温めてくれます。ジンゲロールは生姜の皮の近くに多く含まれているので、生姜をスライスするときは皮を捨てずに一緒に使うと良い、ということでした。ショウガオールは冷めるとジンゲロールに戻るので、ショウガ白湯は温かい状態を維持しておく必要があるとか何とか説明されていた気がします。だから保温できるボトルが必要だと。

 

 

おわりに

他には、エリカ・アンギャルさんが教えてくれたのはレモンとキュウリを加えた「フレーバーウォーター」でしたし、クラッシュアイスを作るためには「スプーンの底」を使うと良いそうですし、しつこい茶渋を落とすには「過炭酸ナトリウム」が良いそうだということが放送されていました。

スプーンの底で氷を砕けるの?と思いましたけど、スプーンの背は曲面なので氷との接点が面でなく点になることから、一点集中で強い力が作用して氷を砕くことが可能だと言っていたかと思います。茶渋は重曹やセスキ炭酸ソーダでも落とせるそうですけど、より強力に落とせるのは過炭酸ナトリウムということでした。使うときはボトルを密閉してはいけません。

私は外出するときは必ず白湯というか湯冷まし、つまり沸かしたお湯を冷まして温くしたものをボトルに入れて持ち歩いています。季節によって冬は熱い状態にして、夏は水に近い状態まで冷まして、と温度を調節しています。冷え性ではないですけどショウガの香りは好きなので、水の味を変えたい時のためにショウガスライスを入れるショウガ白湯は試してみたいです。レモン+キュウリも夏場にはとても良さそうですね。キュウリを使うとはかなり意外でした。

 

dysdis.hatenablog.com

 

スポンサーリンク