ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

常子が、唐沢寿明さん演じる「花山伊三次」と出会い怒鳴られていました - 朝ドラ『とと姉ちゃん』68話の感想

スポンサーリンク

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』が今日2016年6月21日放送の68話で、 常子が花山伊三次と出会いました。

 

www.nhk.or.jp

 

 

常子が男女平等な甲東出版に感動

ヒロインの小橋常子(高畑充希)たち小橋一家は、母・君子(木村多江)の実家である製材問屋「青柳商店」のある青柳家へ戻っています。そして、常子は「甲東出版」という出版社に入社しています。

甲東出版の社風は男女平等なもので、常子を大層驚かせ、また感激させています。編集会議においても社長であり編集長である谷誠治(山口智充)は、女性であり新人でもある常子に対しても他の社員と同じように常子ならではの意見を求めていて、常子は一から雑誌作りに携わることになります。男女平等なのは谷だけでなく、社の記者である五反田一郎(及川光博)たち他の社員も同様のようです。

常子はどのような雑誌の特集を作りたいか考えていましたが、68話では青柳商店の筆頭番頭である隈井栄太郎(片岡鶴太郎)が近所の子供に木工玩具を作ってあげており、子どもたちを喜ばせていました。常子は隈井から自分は泣き虫だけど人を笑わせることが好きなんだと聞かされ、それを受けて自分も雑誌を読む人々に「笑い」を提供することに決めています。

常子は社でそのことを伝えると、谷も常子と全く同じことを考えていました。しかし、現在は日中戦争が長引きとてもじゃないですけど「笑い」を扱えるような社会の雰囲気ではありません。でもこんな時代からこそ笑いが必要なのではないかということで常子の意見が通りました。

 

 

中田綾から村野綾へ

67話で、常子が家主のいなくなった森田屋の前に佇んでいるところへ、常子宛に郵便物が届いていました。郵便配達人は差出人を「村野綾(むらの・あや)」と言っています。常子は村野という姓の友人・知人は周りにいないようで少しの間考えていましたが、名前の「綾」で思い出したようです。

村野綾は旧姓・中田(なかだ)です。常子が静岡から東京の女学校へ編入した直後、カンニング疑惑をかけられたときに綾が助けてくれて以来、親友となった間柄です。綾は女学校を卒業後に親の決めた男性と結婚をしていました。相手は医大生だったかと思います。

手紙には、綾の夫は医師になっていましたが、先日軍医として満州へ向かったと書かれていました。嫌な予感しかしません。

 

 

周囲の人物の変化

常子の周囲の人たちも環境がどんどんと変わっています。

祖母の滝子(大地真央)は心労がたたって寝こむことが多くなっています。常子の義理の叔父にあたり、青柳商店の現場を仕切っている青柳清(大野拓朗)は「日本木材統制株式会社」へ就職しています。青柳商店は隈井に任せて。木材統制株式会社とは「戦争のために国が木材を管理しようと作った会社」だそうです。そこで働けば毎月決まった給料がもらえて生活も安定する、と言っていました。そのくらいに店が上手く回っていないということですね。

常子の上の妹・鞠子(相楽樹)は大学を卒業して、工場で事務の仕事に就いています。夢は捨てず、仕事をしながら物書きをしているみたいです。

 

 

花山伊三次との出会い

常子は五反田から雑誌の挿絵を花山伊三次(唐沢寿明)なる男からもらってくることになりました。仕事を依頼するということでしょうか? 既に以来をしていて描かれた絵を受け取りに行くということでしょうか? ちょっとわからなかったです。花山は内務省で働いていて、五反田の学生時代の先輩とのことでした。

花山の仕事場へと出向いた常子は花山に話しかけようとしますが、花山は自分の仕事に没頭しており、話しかけないでくれと言われます。もちろん常子は簡単に引き下がる訳にはいかないですから食い下がりますが、3度も同じように話しかけないでくれと言われ、3度目の後に3度も言わせるな!!と怒鳴られています。

 

 

おわりに

花山伊三次のモデルは、『暮しの手帖』の創刊者である花森安治(はなもり・やすじ)であろうと思われます。編集だけでなくコピーライティングやグラフィックデザインも手がけていた方ですね。花山伊三次も、68話ではコピーライティングの仕事中だったようですし、常子はカット(挿絵)をもらいに行っていることから、花森と同様コピーライティングやグラフィックデザインなどを手がけている人物です。

伊三次と聞くと私は池波正太郎の『鬼平犯科帳』を思い出します。主人公の火付盗賊改方の長官・長谷川平蔵の密偵の一人に伊三次が登場します。中村吉右衛門さんのドラマシリーズだと三浦浩一さんが演じていましたか。伊三次は、小房の粂八や相模の彦十、大滝の五郎蔵、おまさの4人と比べると出番が多くなかった記憶があります。途中でタヒんでしまいますし。

 

dysdis.hatenablog.com

 

スポンサーリンク