ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

足のアーチの崩れがヒザ痛や腰痛などの原因になっていることも? アーチ崩れの対処法が紹介されました - TBS『健康カプセル! ゲンキの時間』

スポンサーリンク

毎週日曜日07:00からTBSで放送されている健康情報番組『健康カプセル! ゲンキの時間』、2016年6月12日の放送では「足裏トラブル」の特集が組まれていました。

 

 

ひざ痛・腰痛を生む! 解明! 足裏トラブル

www.tbs.co.jp

 

2016年6月12日の放送は「ひざ痛・腰痛を生む! 解明! 足裏トラブル」です。肩こり・腰痛・足がつるといった身体に痛みを感じている方の多くにアーチの乱れが見つかったということです。アーチとは何か、アーチの役割とは何か、の紹介をしていました。また、女子の足の悩みで多い「外反母趾」の原因はどうやら靴よりも足のある場所に問題が隠されているようです。

 

 

アーチとは?

今回のゲンキの時間でレポートをしていたのお笑いコンビ「X-GUN」のお二人でした。それと足のトラブルに悩んでいらっしゃるゲンキチャレンジャーと呼ばれる一般の方3名の計5名が「足の検診」を受けていました。

足の検診の内容は、皮膚や爪、筋力、骨の配列、関節の可動域、靭帯や腱の柔軟性、神経、血流などを診ていて、立ったときの足裏にかかる圧力を測定する荷重検査も行っていました。検査の結果、お一人を除いた皆さんが「アーチ」が崩れていたそうです。

「アーチ」とは、土踏まずにある綺麗な弧を描いた部分のことで、親指の付け根と小指の付け根と踵(かかと)の3点を結ぶ靭帯と筋肉です。

足には人の身体の1/4の骨が集まっている箇所です。アーチは骨とともに身体を支える土台の役割を担っているということでした。ヒトが長時間の二足歩行や階段の登り降り、重い物を持ち上げるといった行為ができるのも、このアーチがあるからだとか。

アーチの崩れは現代人のほとんどに起こっているのだそうです。原因は年齢や遺伝、激しい運動、肥満、骨格構造、運動不足など様々あるようです。

 

 

アーチ崩れかどうか確認する方法

自分がアーチ崩れを起こしているかどうかを確認する方法が紹介されていました。

それは踵から指を沿わせて行くとぶつかるアーチの上にある骨の位置に印を付け、座ったときと立ったときで印の位置がどのくらい変化したかを見ます。印の位置が1cm以上変化しているとアーチが崩れている可能性が高いそうです。

 

 

アーチの崩れを治すには?

アーチが崩れたときにどうやって治すのかについては残念ながらなかなか治らないようでした。ですから靴に「インソール(中敷き)」を敷いてアーチを補整し、アーチの崩れを抑える対処がなされるそうです。

インソールは市販のもので良いかどうかは、必ずしも市販のインソールが自分のアーチに合うとは限りませんから、オーダーメイドで作った方が良いとのことでした。フットケア外来や創傷ケアセンターなどの医療機関で作ることができるみたいです。

 

 

アーチ崩れを予防する運動

アーチ崩れは治すことは難しいということでしたが、今より悪くさせなかったり予防したりすることは出来るみたいです。アーチ崩れ予防の運動は「アキレス腱伸ばし」だそうです。

アキレス腱は踵のやや外側に付いている腱です。アキレス腱が縮むと踵が傾いてアーチが崩れることになりますので、日頃からアキレス腱を伸ばす運動をすることで腱の柔軟性を高めておくと良いとのことでした。

アキレス腱伸ばしの運動です。まず壁に向かって片方の足を前に出します。そのとき両足が平行になっているよう、壁に対して垂直になっているように気をつけます。次に、踵を付けたまま反動をつけずに壁を押すように、前の膝に体重をかけます。目安は1日合計5分程度行うと良いそうです。

 

 

おわりに

アーチの崩れがヒザ痛や腰痛を引き起こすこともあり、それだけでなく足のタコや魚の目を引き起こしていることも少なくないのだそうです。

私はヒザ痛と腰痛があります。正確に言うとヒザ痛は過去にありました。腰痛は現在も続いています。ヒザ痛は以前歩くことが出来ないほどでしたが、ここ8年ほどは起こっていません。筋トレを始めてからヒザ痛はなくなった気がします。腰痛も筋トレを初めてからしばらくはかなり軽くなっていたのですが、昨年1月頃だったでしょうか、痛みがぶり返してきてそれ以来おかしいですね。病院に行って診てもらった方が良いのだろうなぁと思いつつ行っていません。

腰の痛みは腰だけでなく様々な原因があるみたいですけど、足のアーチも原因になっている可能性があるんですねぇ。今回初めて知りました。私はアーチ崩れが起こっているかどうか調べていないですけど、崩れている自信があります。日頃行っている筋トレの中にアキレス腱伸ばしの運動を取り入れようか考え中です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

スポンサーリンク