ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

EGO-WRAPPIN'「色彩のブルース」回が深夜に再放送されました!歓喜です - NHK『バナナ♪ゼロミュージック』

スポンサーリンク

毎週土曜日22:20-22:50にNHK総合で放送されている音楽番組『バナナ♪ゼロミュージック』、2016年6月9日木曜日01:25-01:55(水曜深夜)に以前の放送回の再放送があり、EGO-WRAPPIN'(エゴ・ラッピン)の「色彩のブルース」を聴くことができました。

 

 

バナナ♪ゼロミュージック

www4.nhk.or.jp

 

目指せ!あなたも「にわか音楽通」。
音楽ゼロ年生のバナナマンがMCとなり、音楽の先輩たちとともに、
マジメからマジメじゃないものまで、「音楽の面白さ」を楽しみながら体験する
音楽トークバラエティー!
番組ハウスバンドが名曲を生演奏。一流ミュージシャンによる曲名あてクイズ。
バナナマンが、「いま目の前で聞きたい」アーティストが登場などなど。
様々なコーナーでとことん音楽を楽しみつくします!

 

という番組説明です。お笑いコンビ「バナナマン」のお二人がメインMC、NHKの久保田祐佳アナウンサーがサブMCとなって進行されていく音楽番組です。毎回ゲストを迎えて、生演奏やクイズなどが展開されています。

 

 

見逃したEGO-WRAPPIN'回が再放送されました

私は普段、この『バナナ♪ゼロミュージック』を観ていません。ところが2016年5月7日の放送回「音楽クイズスペシャル」の最後に、EGO-WRAPPIN'(エゴ・ラッピン)が名曲「色彩のブルース」を歌っていたんですね。

私はその回も観ておらずお風呂に入っていました。風呂あがりに何となくテレビを点けてチャンネルをNHKにしたところ、EGO-WRAPPIN'が「色彩のブルース」を演奏していました……が、本当に最後の最後、「吐息が眠るまで……」の辺りを歌っていて、私が観た直後に終わってしまったんですねぇ。

これには激しく後悔しました。どうしてチェックしていなかったのだと。こんな中途半端に観るくらいなら知らないままの方が良かったのにと。それ以来、『バナナ♪ゼロミュージック』の再放送がないものか探していましたが地上波の放送枠内には一度も番組の再放送はありませんでした。

 

こちらは以前当ブログに書いた記事の抜粋です。そうなんですね、普段はこの『バナナ♪ゼロミュージック』を観ていないこともあって、EGO-WRAPPIN'が出演することなど全く知らず、たまたまお風呂あがりにテレビを点け、NHKにチャンネルを合わせたところEGO-WRAPPIN'が名曲「色彩のブルース」を歌っていて、「うぉっ?!」となり慌てて録画をしようとしたのですが、既にアウトロに入ろうとしていたところで間に合わなかった苦い思い出がありました。

直後に、番組公式Webサイトを見に行って再放送予定を探したのですが、サイト上には再放送予定なしとしか書かれておらず絶望していました。再放送がないならそもそも知らない方が良かったんじゃ……と後悔が襲ってきましたね。

と・こ・ろ・が……! 昨日2016年6月8日水曜日のネットのラテ欄を見ていたら、深夜枠に『バナナ♪ゼロミュージック』の文字があるではありませんか。これは……と期待を込めてクリックして詳細を見てみると、そこには「EGO-WRAPPIN'」の文字が!! 歓喜して即座に録画を予約しました。予約した番組を間違えていないか、数回確認をして。

そして今朝、起きた直後にDVDレコーダーを起動して聴いた「色彩のブルース」、格別でした。いやCDは持っているんです。MVも観たことがあります。でもやはりヴォーカルの中納良恵(なかの・よしえ)さんがバンド演奏の前で歌っている映像を観たかったのです。ありがたやありがたや。

惜しむらくは『バナナ♪ゼロミュージック』の、ポップな番組のキャラクターと「色彩のブルース」が合っていなかったことです。『SONGS』のような番組なら合っていたのになぁと思いました。また、番組の構成上仕方ないかと思いますが、フルでは謳ってもらえなかったので、それも残念でした。しかし、テレビ出演が滅多にないEGO-WRAPPIN'の曲を聴けるだけでありがたいことなので、それ以上を望むことは贅沢というものかもしれません。

 

 

「色彩のブルース」とAKEMI

EGO-WRAPPIN'のゲスト出演は、バナナマンの設楽統さん達ての希望だということでした。

バナナマンのコントに「AKEMI(あけみ)」というものがあるそうです。そのネタは水商売をしている女性と客のひとときをテーマにしたネタで、番組ではその「AKEMI」のネタを披露している映像が流れていて、日村勇紀さんが赤いネグリジェを着て「でっかい犬飼いたい!」と言いながらAKEMIを演じていました。赤い照明の下で。

その「AKEMI」のネタを設楽さんが作っているときに、「色彩のブルース」を聞きながら作っていたという思い出の一曲だということでした。確かに、色彩のブルースは夜の歓楽街にとても合っていて、私は聴いていると夜の横須賀辺りが思い浮かぶます。

 

 

おわりに

いやぁ救済措置を取ってくれたNHKさんには感謝の言葉しかありません。聴いていて全身に鳥肌が立ちました。何度も聴き返して、聴き返す度に。ありがとうございます。

聴き終えた設楽さんは「すげぇイイ。終わって欲しくない」と言っていました。本当ですね。聴き惚れます。

 

dysdis.hatenablog.com

 

スポンサーリンク