ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ブラックホール星人とナッシング星人によるOGIKUBOと「ときめきジュエル」の強奪。ルル子はどうなるのか? - アニメ『宇宙パトロールルル子』10話「全部おわり」の感想

スポンサーリンク

毎週金曜日23:00より、TOKYO MX「ウルトラスーパーアニメタイム」枠にてアニメ『宇宙パトロールルル子』が放送されています。

 

luluco.tv

 

以下、ネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

2016年6月3日の放送は第10話「全部おわり」でした。

 

 

イントロダクション

「キルラキル」監督/今石洋之×副監督/雨宮哲のタッグ再び!!
宇宙人と地球人が共に暮らす銀河指定宇宙移民区OGIKUBO(オギクボ)にお父さんと二人で暮らすどこにでもいるありふれた“超普通”な現役女子中学生のルル子。
普通の生活を送るルル子の前に突然現れた謎の転校生AΩ・ノヴァ。
その“出会い”がルル子の運命に波乱を巻き起こす。
TRIGGERが送る“インターギャラクティックファーストラブストーリー”!!

 

公式Webサイトのイントロダクションから抜粋しました。

 

 

10話「全部おわり」

10話からシーズン4、ラストシーズンと思われます。サブタイトルからやばい雰囲気が漂ってきているように、やばい内容でした。というか予想通りな展開な訳ですが、予想通りであってもやはりやばかったです。ヒロイン、ルル子のビッグバン級の初恋が粉微塵に散ってしまいました。

ルル子の初恋の相手、宇宙からやって来た転校生で宇宙パトロールの同僚でもあるAΩ・ノヴァ(アルファオメガ・ノヴァ)くんによる裏切りがあったのです。ノヴァくんとしては裏切りでも何でもないのでしょうけれども、彼を信じて疑っていなかったルル子にとっては破壊的なまでの裏切り行為でした。

前回9話で登場していた銀河の中心、「宇宙パトロール銀河指令本部」の宇宙パトロール銀河総指令は、実は「ブラックホール星人」という悪人で、ノヴァくんはその手下だったようです。ノヴァくんは「ナッシング星人」という名前?です。「どっちでもいいよ」などといつも飄々としたノヴァくんの言動は、彼個人の性格というよりもナッシング星人の特徴のようです。

ルル子たちOGIKUBO支部の面々は、9話ラストで銀河総指令から表彰を受けていましたが、その場でルル子が受け取っていたオリジナルのOGIKUBOとルル子の「初恋」がノヴァくんから盗み出されてしまいます。ダイアモンドのようなガラスのようなハート型の物体です。

その物体は、ブラックホール星人が言うにはルル子の初恋から生み出された「無知な中学生の浅はかな初恋」だそうで、名前を「ときめきジュエル」というのだそうです。価値のある物ばかりを盗んできた彼らにとっては、もはや価値のないものこそ価値があるのではと感じられるようになり、ブラックホール星人が最も価値のないものと考えるルル子の「ときめきジュエル」を盗んだと。逆に最も価値のあるものはOGIKUBOだそう、最も価値のある場所から最も価値のないものが生まれました(哲学)。

 

 

おわりに

 

ED直前のルル子の台詞「もう、続かない」がかなり強烈でしたね。「ときめきジュエル」が抜き取られ、初恋相手のノヴァくんから裏切られたルル子の絶望がやばすぎてやばいです。ED中にルル子が大事そうにときめきジュエルを抱えているシーンがあり、これまで無意味に思えたあのシーンも、10話を見終えた後には強烈な皮肉となって突き刺さります。

ノヴァくんはルル子たちOGIKUBO支部やOGIKUBOの人たちを裏切ったままではないと思います。どこかでブラックホール星人を裏切る流れが生まれると思っていますが……どうなることでしょう。

 

dysdis.hatenablog.com

 

スポンサーリンク