ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

7!! NANAEちゃんと上々軍団のさわやか五郎さんがtvk『saku saku』でイラスト対決をした結果は……?

スポンサーリンク

毎週平日07:00からtvk(テレビ神奈川)にて放送されている音楽情報バラエティ番組『saku saku』、2016年5月13日金曜日ではNANAEちゃんが、「上々軍団」さわやか五郎さんとある対決をして負けたため、罰ゲームをしていました。

 

www.tvk-yokohama.com

 

 

NANAEとさわやか五郎のイラスト対決

新年度に入ってからの『saku saku』は、メインMCこそ4ピースバンド「7!!(セブンウップス)」のヴォーカルを務めるNANAEちゃんが引き続き担当していますが、他は全て変わっていて、お笑いコンビ「上々軍団」の、鈴木啓太さんが番組パペット「ポンモップ」店長の二代目操縦士となり、同じくさわやか五郎さんがガヤの位置に入っています。

先週の金曜日には、NANAEちゃんとさわやか五郎さんによるイラスト対決がありました。似顔絵対決。その視聴者さんは『saku saku』の公式Webサイトのトップページにある出演者3人が並んで写っている画像を元にイラストを描いていたので、NANAEちゃんと五郎さんもその方と同じ題材で対決していました。

2人は色紙にイラストを描いて、それを見たスタジオにいる全員がどちらが良いかを拍手して、その拍手の数の多さによって勝敗が決められることになりました。結果は…………NANAEちゃんの完敗です。NANAEちゃんの絵が上手いと思った方は1人もいませんでした。

NANAEちゃんの絵は鉛筆描きで、ポンモップ店長がちらっと言っていましたが、若干「蛭子能収」感のある絵柄でした。五郎さんは色鉛筆か何かでしっかりと色付けをしていて、何故か自分だけ劇画調に描かれていました。

NANAEちゃんは自分の絵が自信作だったようでした。自分の絵を「めっちゃ上手くない?」と言っていましたし、楽屋では「NANAE、想像の絵は下手だけど、見て描くのは上手いね」と評判が上々だったみたいです。「めっちゃ上手いって言われたから凄い自信があったんだけど、これ」「私、これ、ポスターにしてもいいと思うくらい凄いいい出来だと思ったのに」と。それだけに完敗は……という。

 

 

イラスト対決の基準の曖昧さ

対決は「良いと思ったイラスト」である点が判定を曖昧にしていたように感じられました。似ている方が勝ちなのか、上手い方が勝ちなのかをはっきりさせる必要があったように感じられます。似ていなくても絵が上手であれば勝ちなのか、絵のテクニック的に劣っていても似ていると感じられれば勝ちなのか、です。

確かに、絵が上手い下手で言えば五郎さんの方が上手く見えましたけれども、似ているかどうかで言うと2人は大差ないか、むしろNANAEちゃんの方が若干似ていたように思います。勝敗の基準が「似ている」であれば、もしかしたらNANAEちゃんが勝っていたかもしれません。

 

 

罰ゲームのテーマは「愛」

罰ゲームのテーマは「愛」です。NANAEちゃんが7!!のメンバーにガチ電話をして、日頃の感謝の気持ちを伝える、というものです。『saku saku』感(収録感、テレビの企画でやっている感)は出してはいけない、と。

当初はメールだったのですが、NANAEちゃんが「(通話でなく)メール?」と確認してしまったことで、五郎さんやスタッフさんが察知して電話に切り替えていました。余計なことを……とNANAEちゃんは思ったことでしょう。

さらにNANAEちゃんは「MAIKOに?」などとも確認をしてしまっていて、それも察知した五郎さんたちから電話をかける相手は女性メンバーではなく男性メンバーにしようとなってしまっています。駆け引き苦手か!と見ていて思いました。正直すぎますよ、NANAEちゃん。

結局、NANAEちゃんはギターのMICHIRUくんに電話をしていました。当初はベースのKEITAくんという話もあったのですが、MICHIRUくんに落ち着いています。NANAEちゃんは「一番ミッチーにかけないかもしれない」と言っています。

電話をかける相手が変更された理由は特に明らかにされていませんでした。おそらく7!!のスタッフの方が収録の裏で今誰と連絡を取れるかを確認して、ちょうどMICHIRUくんが空いていたのではないかと私は想像しています。

ちなみに、NANAEちゃんが勝負に勝っていたら、負けた五郎さんは奥様に日頃の感謝を伝えることになっていたそうです。

電話をかけ終えたNANAEちゃんは「もぉヤダ。絶対ヤダもお〜〜。怖いわ〜」「このsaku sakuやって一番帰りたいと思った。初めてsaku saku帰りたいと思った」と言っています。帰りたいと思ったのは一度じゃないということでしょうか?

 

 

おわりに

電話の内容はあえて書いていません。というのも、今回はMICHIRUくんに事情を知らせずに電話をしているからです。

MICHIRUくんはNANAEちゃんがバンドを辞めると言い出すのかと思ったようです。突然、普段あまり電話がかかってこない人から電話がかかって、唐突に感謝を告げられるなんて、ある意味異常事態ですから、そのような方法へ思考が進んでしまうのも無理はないでしょう。

しかも、途中から番組を盛り上げようとしたのか、五郎さんがカンペを出して悪乗りをし始めたことで、2人の会話がおかしな方向へと進んでいました。電話シーンは、現場は盛り上がっていましたけど、観ている私は白けてしまいました。相変わらず、私は五郎さんの笑いが面白いとは思えないです(下の記事リンクにもそういうことを書いています)。

MICHIRUくんが良い人だったので話は和やか終わっていましたけど、大事に思っている人に対して日頃の感謝を伝える行為はとてもとても大切なことですから、そんな大事なことを番組の笑いのネタに利用して欲しくないです。笑えないですし、誰よりMICHIRUくんが可哀想ですよ。

2016年5月16日月曜日の放送では罰ゲームで行った電話の後日談がありました。

NANAE「めっちゃ気まずかったよ、会うの。福岡空港で会ったんだけど、いつもだったら“あ〜ざいます”ぐらいなんだけど、そのときは……(お互い気まずそうに苦笑いを浮かべて軽くお辞儀をし合う)……みたいな。凄い微妙なテンションでめっちゃ恥ずかしかったよ。もう二度とやりたいくない、ホントに」

とのことです。対決はまだあるみたいです。次回は、今回負けたNANAEちゃんが次のお題を決められ、提示した種目が「二重跳び」でした。縄跳び。

 

dysdis.hatenablog.com