ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

2016春イベント『開設!基地航空隊』は三部構成で、拡張作戦は「参加自由」とのことです。札が付きそうですね

スポンサーリンク

2016年4月26日、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の公式Twitterアカウント@KanColle_STAFFより、2016年春イベントの作戦内容が少し明らかになりました。

 

 

2016春イベ「開設!基地航空隊」は三部構成 

 

 

というツイートがそれ。2016年5月2日月曜日から作戦が発動される予定の2016年春イベント「開設!基地航空隊」は前段作戦と拡張作戦と後段作戦の三段階からなると告知されています。テキストにある「島嶼」とは「とうしょ」と読みます。島々のことです。

気になるのは作戦の順番です。通常なら前段作戦・後段作戦・拡張作戦となるわけですが、そうではありませんでした。しかし、その後の文面を読むと、運営さんが間違えているのではなく順番通りな気がします。つまり、まずは前段を攻略し、前段を攻略後に参加自由の拡張作戦と、後段作戦の2つの作戦を選べるようになるのであろうと。拡張作戦に参加するのであれば後段より前に攻略するのでしょう。本当は何が正しいかは運営に聞いてみないことには定かなことはわかりませんけれども。

拡張作戦は攻略しなくても後段作戦に着手可能ということですけど、拡張作戦の報酬やドロップ艦によっては、拡張作戦に手を着けざるを得ない事態に陥りそうですね。

今回は「札」が付くと思われますので、戦力が充実していない提督さんは拡張作戦の札を付けてしまうことで後段作戦で戦力が足らずに詰んでしまう可能性があるかもしれません。選択には注意しないといけないですね。ある程度情報が出た後で攻略することも考慮に入れる必要も出てきそうです。時間の許す範囲で、ですが。

 

 

2016春イベでわかっていること

2016年春イベントについてこれまでわかっていることは、艦これ3周年の記念であることと、「if作戦」であること、作戦名が「開設!基地航空隊」であること、作戦開始が「5月2日月曜日」に予定していて開催期間は「約3週間」になること、作戦規模が「大規模」であることこと、「総力戦」であることと層の分厚い戦力が必要になること(=札が付く?)、前段作戦と拡張作戦と後段作戦の三部構成であること、米国の戦艦USS BB-61「Iowa(アイオワ)」が実装される予定であることと海域クリア報酬になること、「基地航空隊」の新戦闘システムと陸上攻撃機「九六式陸攻」と「一式陸攻」が実装される予定であること、です。

 

dysdis.hatenablog.com