ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

2016春イベの作戦名は「開設!基地航空隊」に決定! 「水上機母艦」が重要になりそうな予感です

スポンサーリンク

2016年4月25日、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の公式Twitterアカウント@KanColle_STAFFより、2016年春イベントのタイトルが明らかになりました。

 

 

2016春イベントの名称は「開設!基地航空隊」に決定 

 

  

というツイートがそれ。2016年5月2日月曜日から作戦が発動される予定の2016年春イベントは「開設!基地航空隊」という名前になることが明らかになりました。

 

 

2016春イベにルート固定はあるのかないのか?

 

18日の告知では春イベが「if作戦」であることが明らかになっていますので、明確な史実モデルとなる戦闘はないと思います。最近のイベントでは必ずと言っていいほど存在した、史実に則したルート固定になる艦娘も、今回はないかもしれません。

と言ってもルート固定要員そのものがないことはないでしょう。ここからは私の予想になりますが、イベントタイトルが「開設!基地航空隊」なのですから、千歳など水上機母艦を擁する「海軍基地戦闘機隊」、翔鶴や瑞鶴などの正規空母と飛鷹や隼鷹、龍鳳といった軽空母を擁する「母艦戦闘機隊」の航空隊の編成が必要になる可能性は考えられます。ちなみに今挙げた艦名はラバウル航空隊です。

特に「水上機母艦」は基地建設に必須になると私は考えています。千歳と千代田の「ちとちよ」だけでなく、二式大艇を装備でき、改で大発動艇を装備可能になった「秋津洲」や、艦載機搭載数の多めな瑞穂といったところも鍛えておいた方が良いでしょうか。私は実用レベルは80以上、できれば85以上と考えていますので、そのレベル帯までは鍛えておきたいですね。もちろん改以上、改二が実装されている艦はなかったかと思います。千歳と千代田なら「甲」までですね。

とか言いながら、自軍の千歳甲と千代田甲はレベル50ほどしか行っていません……。

 

 

2016春イベでわかっていること

2016年春イベントについてこれまでわかっていることは、艦これ3周年の記念であることと、「if作戦」であること、作戦名が「開設!基地航空隊」であること、作戦開始が「5月2日月曜日」に予定していて開催期間は「約3週間」になること、作戦規模が「大規模」であることこと、「総力戦」であることと層の分厚い戦力が必要になること(=札が付く?)、前段作戦と後段作戦に分かれていること、米国の戦艦USS BB-61「Iowa(アイオワ)」が実装される予定であることと海域クリア報酬になること、「基地航空隊」の新戦闘システムと陸上攻撃機「九六式陸攻」と「一式陸攻」が実装される予定であること、です。

 

dysdis.hatenablog.com