ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

「大発動艇」が改修可能に!「大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)」と「特二式内火艇」が新規で実装されます

スポンサーリンク

2016年3月19日、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の公式Twitterアカウント@KanColle_STAFFより、本日オンラインで行われるプチアップデートの内容が告知されています。

 

 

プチアップデートはオンメンテ

 

というツイート群がそれ。今回のプチアップデートは内容的には“プチ”ではないですね。 

まずは「大発動艇」が改修工廠が可能となりました。改修の生け贄には「ドラム缶(輸送用)」と「7.7mm機銃」が必要だそうです。★6までがドラム缶、★7からが7.7mmでしょうか。

次に水上機母艦「秋津洲」と多用途補給艦「速吸」の、いずれも「改」で「大発動艇」などの上陸用舟艇の装備と運用が可能になりました。これまでは水母にも関わらず秋津洲に大発を積めなかったのですが、今日から詰めるようになります。これで6-4での運用機会がより増えるのでしょうか? 自軍は二式大艇ガン積みで制空争いをする使い方をしているので、6-4での使い方は変わらない気がします。

さらに「大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)」の実装と改修が可能になりました。★6までは「25mm単装機銃」が、後段は別の“ある兵装”が必要とのことです。

さらにさらに、新装備「特二式内火艇」が実装されます。「カミ車」です。こちらは強襲上陸作戦に有効で、「大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)」から改修更新することが可能とのことです。島嶼攻略作戦に「大発」との諸兵科連合攻撃が有効ということで、6-4の攻略の一助となりそうですね。自軍ではネジが圧倒的に足りていないので作れませんけれども。

他は任務とか家具とかがあるそう。任務は大発が手に入るみたいですから、やっておきたいところです。

 

 

大発動艇を持ってくる「あきつ丸」を大型艦建造で造るレシピ

大発動艇を最も手っ取り早く手に入れる方法は、現状だと「大型艦建造」で「あきつ丸」を造ることです。大発はあきつ丸の初期装備なので。

あきつ丸レシピは「3800/2500/5000/4200/20」が最も低コスト(安価)みたいです。空きドックは最低1ですか。

 

 

おわりに

「特二式内火艇」は噂通りでしたね。先述したように自軍はネジが足りていないです。最近は「二式水戦改」を造るために零式水上偵察機を改修しなればいけないですし、「Ro.44水上戦闘機」を造るために「Ro.43水偵」を改修しなればいけないですし……とネジが大量に消費されます。

新航空システムも実装されるとのことですから「水上戦闘機」カテゴリの装備アイテムは造っておかないと後々泣きそうになりそうなので、造らないわけにはいかないと思うんですよね……それに加えて大発ですから……本当にネジが厳しいです。課金しろということなのでしょうけれども、最近はそういう要素が増えてきていますね。