ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ボロスは高い再生能力で、サイタマの「普通のパンチ」では倒せないようです。どうする? - アニメ『ワンパンマン』12話(最終話)「最強のヒーロー」の感想

スポンサーリンク

毎週月曜日01:05(日曜深夜25:05)より、テレビ東京にてアニメ『ワンパンマン』が放送されています。

 

onepunchman-anime.net

 

以下、ネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年12月20日の放送は第12話「最強のヒーロー」でした。最終話です。

 

 

イントロダクション

趣味でヒーローを始めた男、サイタマ。
彼は3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れた。

だが、あまりに強くなりすぎてしまったゆえに、
どんな強敵が相手でもワンパンチで決着がついてしまう。

「圧倒的な力ってのは、つまらないもんだ」

そんな平熱系最強ヒーローの前に、
今日も新たな敵が現れる。

今日こそ本気が出せるのか!?

 

公式Webサイトのイントロダクションから抜粋しました。

 

ワンパンマン

 

原作のWeb漫画のサイトはこちらになります。リンクを張りましたが私は読みません。アニメが終わったら読むつもりです。

 

12話「最強のヒーロー」

前回の続きです。A市の上空に暗黒窃盗団「ダークマター」の巨大宇宙船が飛来し、ヒーロー協会本部ビルを残し壊滅させてしました。

宇宙船から降りてきたダークマターの最上位戦闘員である「メルザルガルド」に対し、緊急招集されたS級ヒーローたちが挑んでいて当初は苦戦していましたが、メルザルガルドが持つ5つの人格にはそれぞれ核があることが判明したことで対処できるようになりました。あとはメルザルガルドのメインの人格を倒すのみ。

また、宇宙船から数多くの砲弾が地表に向けて放たれましたが、こちらもS級2位のヒーロー「戦慄のタツマキ」の念力によって、砲弾が全て宇宙船に返されています。これにより宇宙船が大きなダメージを追っています。タツマキが強い。

主人公サイタマは、単身で宇宙船へ乗り込んでいて、戦闘員「グロリバース」をワンパンし、同じく戦闘員の念能力者「ゲリュガンシュプ」も石つぶて一つで倒しています。そして、宇宙船の最深部で敵方のボスである「ボロス」と対峙し、サイタマがボロス鎧を砕いたところで前回が終わっています。ボロスの着ていた鎧は、自分の強大すぎる力を抑えるためのものでした。

 

ボロスに対して「マジ殴り」

さすがにボロスに対してはワンパンとはいかず、連打をしていました。あくまで普通のパンチで。でもボロスの高い再生能力の前には致命傷にはいたらず、いや、致命傷にはなっているみたいですが、そこからも回復してくるため、初めて(?)本気モードで殴っていました。必殺マジシリーズ「マジ殴り」と言っていたでしょうか。普通のパンチはたくさんしていましたけど、マジ殴り限定でワンパンでした。

ボロス戦後、A級1位のヒーロー「アマイマスク」が現場を訪れていました。彼はあえてS級には上がらずにいるみたいで、実力も相当にあるような雰囲気を見せていますけど、実際のところはどれくらいの強さなのでしょうか? タツマキの下、3位のシルバーファングと同等レベルでしょうか? アマイマスクは以前から、S級16位のヒーロー、サイタマの弟子「ジェノス」に対して興味を抱いているみたいでしたし、そのジェノスは今回タツマキの念力にあっという間にふっ飛ばされていましたから、タツマキよりは下かなぁと思って見ていました。

 

おわりに

ということで終わりました。世間では2015年秋アニメでは一番高い評価を得ているのではないないかと思います。バトルの書き込みが凄まじかったですね。今回のボロス戦はAパートで終わっていましたけど、Aパートだけでも相当な密度・力の入れようでした。

アニメ最終話を見終わってから、ONEさんの原作を拝読しました。まだ全ては見られていないのですが、ボロス戦までは読みました。ほぼ原作通りに推移しているんですね。ガロウ編でしたっけ、あれはこれから読もうかと思っていますが、結構先が長いため少しずつ読み進める予定です。

 

dysdisanime.hateblo.jp

スポンサーリンク