ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

149作目「鬼平犯科帳スペシャル 浅草・御厩河岸」が2015年12月18日放送されます。来夏150作で中村吉右衛門さんの鬼平は終了だそうです

スポンサーリンク

フジテレビ系列で放送されているテレビ時代劇『鬼平犯科帳』が、2016年夏の撮影を持って終了するというニュースがありました。

 

www.fujitv.co.jp

 

 

鬼平犯科帳、来夏撮影150本目で終了 原作を使い切る:朝日新聞デジタル

 

思えば、物語の長谷川平蔵の年齢と同じ45歳で原作者の池波正太郎先生から作品をお預かりして四半世紀、大変魅力的な“鬼の長谷川平蔵”という役に、真摯に、そして一所懸命に向き合って参りました。

 

フジテレビの公式Webサイトに入ると、主人公・長谷川平蔵を演じている中村吉右衛門さんからのメッセージが表示されます。吉右衛門さんは鬼平を四半世紀も演じてこられたのですね……ということは45+25です。

上記リンク先の記事によれば、原作を使いきったそうです。私は地上波でしか見られないですので衛星放送でどうなのかはわからないのですが、最近の鬼平は不定期でのスペシャルが放送されるだけでした。ネタが尽きたこともそうですが、中村吉右衛門さんだけでなく皆さん歳を重ねられて、さすがに少々厳しいのではないかと思っていたので、原作を映像化しきったところで区切りとするのは判断として妥当な気がします。

 

tvkで鬼平犯科帳 2が放送されています

www.tvk-yokohama.com

 

実は、2015年11月下旬から『鬼平犯科帳 2』がtvk(テレビ神奈川)で放送されています。毎週火曜日15:00からです。私は3話「白い粉」から鬼平が放送されていることに気がついて視聴しています。

当然ながら皆さんが若いですね。吉右衛門さんだけでなく、「小房の粂八」の故・蟹江敬三さんや、「酒井祐助」の柴俊夫さん、「木村忠吾」の尾美としのりさん、「長谷川久栄」の多岐川裕美さんも皆さん若いです。尾美さんは演技もぎこちない様子が特に若々しい。「おまさ」の梶芽衣子さんと「大滝の五郎蔵」の綿引勝彦さんはまだ見ていないです。

 

私の鬼平歴は浅いです

私の鬼平犯科帳歴は浅いです。ドラマを知ったのもずいぶん後のことでして、吉右衛門さんによる鬼平の第8シリーズや第9シリーズから観ていたかと思います。なので、吉右衛門さんの最初の頃や、吉右衛門さん以外の方が演じてこられた作品は全く知りません。前述のとおり、地上波しか見られないので、BSなどでの再放送(をしているかどうか知りませんが)も観ていません。

視聴するようになったきっかけは、元から母親が好きで観ていて、たまたま一緒に観る機会があったことだと思います。そこでエンディングの映像を見て、あまりの雰囲気の良さに惹かれて、そのままズルズルとハマっていきました。

時代劇にGipsy Kings(ジプシー・キングス)の「Inspiration(インスピレイション)」を採用するというのは、その発想に驚かされます。インストゥルメンタルとは言え洋楽が時代劇に合うとは……なかなか思わないですよね。発想も素晴らしいですけど、決定した方も素晴らしいです。決定には原作者の故・池波正太郎さんも関わっているのでしょうか?

また、曲だけでなくインスピレイションの曲をバックにした、江戸の町の様子を映した映像もまた素晴らしいものです。春夏秋冬の移ろいゆく様子、そこで生活している人々の様子が、情緒を感じさせます。EDだけ何度も繰り返し再生してしまうくらい好きです。インスピレイションが収録されたジプシー・キングスのCDも昔買って、今も持っています。

このように、ドラマの鬼平は好きですけどニワカな感じです。でも、小説は全巻読破していたどころか数周していますし、家に全巻揃ってもいます。“さいとう・たかを”さんの漫画版は1-4巻くらいまで読んで、後は飛び飛びです。漫画は『剣客商売』の方が好きかもしれません。

 

おわりに

明日、2015年12月18日には149本目の作品「鬼平犯科帳スペシャル 浅草・御厩河岸」が放送されるとのことです。楽しみ。「御厩河岸(おうまやがし)」の話は確か文庫本の第1巻に収録されていたと思います。

150本終えた後はどうするのでしょうか。別のキャストで鬼平を製作することはしないのでしょうか。中村吉右衛門さんがハマりすぎるくらいにハマり役でしたから、なかなか厳しいかもしれないですね。でも、そこを怖がらずに挑んでもらいたい気もします。本当はフィルム撮影をした時代劇を観たいですんですけどね、私は。

 

dysdis.hatenablog.com

鬼平犯科帳 1巻 (SPコミックス)

鬼平犯科帳 1巻 (SPコミックス)

 

 

スポンサーリンク