ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

デンドロビウム(ステイメン)とノイエ・ジールが登場しクライマックスへ突入しそうです - アニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』11話「ラビアンローズ」の感想

スポンサーリンク

毎週火曜日22:29より、TOKYO MXにてアニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』が放送されています。

 

s.mxtv.jp

www.gundam0083.net

  

宇宙世紀0083年。オーストラリア・連邦軍トリントン基地のテストパイロット、コウ・ウラキと、アナハイム社のエンジニア、ニナ・パープルトンの目の前で、核弾頭を搭載したガンダム試作2号機GP02Aが強奪された。それはジオン残党のアナベル・ガトーによる犯行だった。
コウはガンダム試作1号機GP01のパイロットとなると、戦艦アルビオンに搭乗しガトーを追撃する。アフリカへ逃れたガトーを追うコウの前に、地球に居残ったジオン残党が立ちふさがった。
コウの目の前で宇宙へと逃げるガトー。それを追って宇宙に上がったアルビオンを待っていたのは、新たな敵シーマ・ガラハウと、デラーズ・フリートの決起宣言だった。

 

というイントロダクションです。本作0083は、ガンダムシリーズのOVAです。1990年製作で、1991-92年に全13話が発売されたそうです。

 

 

11話「ラビアンローズ」が終わって

デラーズ・フリートによる、月へのコロニー落としが始まりました。主人公のコウウラキたちの乗る、ペガサス級強襲揚陸艦「アルビオン」は、寄港した「ラビアンローズ」でデラーズ・フリート追撃任務を解除通告を受けます。そんな中でデラーズ・フリートは、コロニーに推進剤を点火し、コロニーの起動を月から地球へと変更しました。

ラビアンローズでガンダム試作3号機の開発をしていたルセット・オデビーは、コウとニナ・パープルトンに3号機を託しましたが、その際にそれを阻止しようとする連邦軍兵士の凶弾に倒れてしまいます。ルセットの遺志を汲み取り3号機へと乗り込むコウ、いよいよノイエ・ジールに乗るアナベル・ガトーとの最終決戦のときです。

 

ガンダム試作3号機

11話からガンダム試作3号機が登場しています。機体名称が「ガンダム試作3号機ステイメン」、コードネームが「デンドロビウム・ステイメン (Stamen) 」、型式番号が「RX-78GP03S」です。ステイメンとは「雄しべ」の意味だとか。

ラビアンローズで開発されていたステイメンでしたが、デラーズ・フリートの抗争が勃発してから開発が止まっていたそうです。ステイメンお開発に従事していたルセットは、上層部による開発凍結の決定に不満を抱いていて、今回コウたちに機体を託すことにしています。

ステイメンの、ゼフィランサスやサイサリスとの大きな違いは、全周囲モニターのリニアシート方式のコクピットにあるでしょうか。こちらはファーストガンダム世代というよりグリプス戦役時代のZガンダム世代のモビルスーツの技術に近いものに感じられ、それらをつなぐ、過渡期の機体として描写されているようにも感じられますね。

さらに、ステイメンはMSユニットとして、モビルアーマー(MA)形態の「アームド・ベース・オーキス (ORCHIS) 」との合体によって「デンドロビウム」となります。デンドロビウムはステイメンとオーキスで構成されている、と書いた方が適切かもしれません。デンドロビウムは、機体名称が「ガンダム試作3号機」、コードネームが「デンドロビウム (DENDROBIUM) 」、型式番号が「RX-78GP03」です。

オーキスは、プロペラントタンク(推進剤)により高い機動力を持ち、ミサイルセット、メガビーム砲、巨大クローなどの武器も豊富に揃えていて、さらに防御に「Iフィールド(アイ・フィールド)」を備えています。こうなるともはやMAですね。

 

ノイエ・ジール

デラーズ・フリート側にも新モビルアーマーが登場しています。アナベル・ガトーが乗っていた「ノイエ・ジール」です。

ノイエ・ジールは機体名称が「ノイエ・ジール (NEUE ZIEL) 」、型式番号が「AMA-X2」になります。ノイエ・ジールの意味は「新たな目標」らしいです。

ノイエ・ジール外見は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に出てくる「α・アジール」に似ています。Wikipediaを読んだところ、ノイエ・ジールがα・アジールの原型になっている説があるみたい。

ノイエ・ジールは全身にビーム兵器を装備していて、ニュータイプでなくてもオールレンジ攻撃が可能だそう。こちらもIフィールドを備えています。アナハイムが開発してデラーズ・フリートに渡された機体ということですが、こうやって読むとビグ・ザムとジオングを足したような機体ですね。まぁ1年戦争後にジオンの技術者がアナハイムに流れた可能性は充分ありそうなので不思議でも何でもないですか。

 

おわりに

いよいよ物語終わりが見えてきた感じがしてきました。ニナの人間模様は無視して、モビルスーツ(モビルアーマー)の戦闘だけに注力して視聴を楽しむ予定です。あと登場していないのはガーベラ・テトラくらいですか。

0083を観ていると、PS2のゲーム『ガンダム戦記』をプレイしたくなります。確かゼフィランサスが登場した記憶があります。ジオン側ならドム・トローペンやザメル、作品は違いますけどケンプファーも登場したような。PS2版は名作だと思っていまして、未だソフトを持っています。しかし、残念ながらハードが壊れてしまってプレイできないのですが……。

 

dysdisanime.hateblo.jp

 

スポンサーリンク