ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

2015年秋イベント「突入!海上輸送作戦」はまもなく終了です。攻略や掘りの感想を書きました

スポンサーリンク

2015年12月8日、2015年11月18日水曜日から開催されている2015年秋イベントが最終日となりました。

 

www.dmm.com

 

 

ということで、2015年秋イベント「突入!海上輸送作戦」は本日2015年12月8日11:00を以って終了します。皆さんお疲れ様でした。

攻略がまだの方、掘り作業が残っている方はラストスパートをかけているところでしょうか。「同作戦最終日【12/8】未明は、敵主力艦の破砕装甲の復活は発生しません」ということなのでギミック解除の手間が省けています。

 

自軍の資源

  • イベント開始時: 燃料249,194/弾薬276,162/鋼鉄242,875/ボーキサイト192,700/バケツ2,044
  • 海域クリア時: 燃料224,132/弾薬258,366/鋼鉄235,618/ボーキサイト192,651/バケツ1,777
  • GZドロップ時: 燃料181,153/弾薬239,793/鋼鉄223,369/ボーキサイト187,188/バケツ1,625
  • イベント終了時: 燃料199,751/弾薬258,564/鋼鉄253,258/ボーキサイト201,012/バケツ1,690

 

こちらが自軍の資材です。はてなブログのトラブルなのか、私の編集の仕方が悪かったのか、画像をアップロードできません。なので画像を見て数字を書き出しました。

こうしてみると、今回のイベントは4資源は燃料がそこそこ減ってはいるものの、イベントの割にはあまり変わりないです。しかしバケツの消費は大きかったようです。しかも、12月に入ってから通常海域のExtra Operationを4-5,5-5を除く海域のゲージ破壊をしていたため、終了時の資源はその消費分も含まれます。ですからイベントでのバケツ消費量も上記の数値より少なかったはずです。

 

2015秋イベントの感想

今回の2015秋イベント「突入!海上輸送作戦」の感想としては、史実艦によるルート固定が厳しかったということが真っ先に思い浮かびます。

 

攻略の感想

E-2では神通と雪風、三日月、皐月、浜風の5隻も必要になること、夜戦マップである最終海域E-5では川内と時雨と江風の3隻が必要になりました。いずれもこれら史実艦を保有していなくても攻略可能ではありますが、いた方が楽であることは確実にあるでしょうから、保有していない提督は保有している提督に比べて厳しい攻略を強いられることになりました。

史実艦を組み込むこと自体、個人的には問題ないのですが、今回は制限が少し厳しかった気がしています。特に江風は前回の2015年夏イベント「反撃!第二次SN作戦」で実装された艦娘ということもあって、育てていない提督さんも多くいらしたことでしょう。自軍もそうでしたが、自軍の場合は時雨も持っていなかったので、端からルート固定のショートカットは諦め、遠回りで攻略しました。

艦これは、自分の好きな艦娘を愛でるゲーム、という認識が私の中にはあったのですが、今回のように厳しい制限があると、好きな艦娘を好きなだけ集めて好きなように育てる訳にもいかず、今まで以上に満遍なく揃え、バランスよく育てないといけなくなってきたのかな、という印象を強く持ちました。これまでも、艦種は満遍なく揃え、鍛えないと、特にイベントの期間限定海域の攻略で積む可能性はあるにはありました。しかし、今回のような編成の半分以上が固定されるような傾向が強まると、編成や育成の自由度は今までよりずっと減ってしまうのではと危惧しています。

攻略の難易度は適度なもので個人的にはちょうど良かったです。今回はおそらくE-3が最難関でしたね。特にイベント開始直後は、札が何種類あるのか、先の海域でどういった艦種・艦娘が必要になるのかが、明確にはなっていなかったこともあって、主力艦を使いづらい状況に置かれたことが、難易度をより高めていたと思います。秋月と瑞穂と明石を未入手の提督さんは、攻略後に掘り作業をする必要もありましたから…より大変だったことでしょう。

E-4やE-5に組み込まれたギミックは、夏イベほど意地悪なものではなく(というか運営さんから情報がほとんどなかった割にギミックがわかりにくかっただけでしたが)、比較的わかりやすいものでした。しかし、毎朝リセットされる仕様は、社会人や学生さんにとっては面倒臭いことこの上ないもので、こちらは今後に改良の余地があろうかと思います。ボスゲージが残っている間は毎朝ギミック復活、ゲージを消滅できたら、その後はギミック永久解除、でいいのではないかと。

 

ドロップ艦・掘り作業の感想

ドロップ艦は……未実装の艦娘は駆逐艦が多く残っていると思われますので、今後も駆逐艦の実装が多くなるのは必然でしょうか。でも駆逐艦は既に母港に溢れていて、ゲットしても使わない、母港の肥やしになってしまうのが落ちです。といっても新規実装や未入手艦は取らずにはいられない、という。悩ましい。駆逐艦を肥やしにしない、救済措置的な意味で、史実艦による編成はある程度必要なことかもしれないですね。

本イベントは、攻略よりも掘りの周回プレイの方が鬼畜だったのではないでしょうか。前述のとおりE-3の掘りも大変だったでしょう。E-4は同じ海域でも艦娘によってドロップするマスが異なりました。具体的に書きますと、RomaがJ,M,Oマス、Libeccioとあきつ丸がJ,Mマス、Prinz EugenがMマス、まるゆとU-511とGraf ZeppelinがOマスと分かれていました。E-5は嵐を掘るために夜戦マップをぐるぐる周回せねばなりません。編成・装備も別のものが必要な場合もあり、結構な面倒だったことでしょう。装備のプリセットが実装されると良いですね。

最近では、丙作戦を選択して先に掘り作業をし、掘り終わったら任意の作戦に変更して攻略、という流れが一般的には出来上がっているみたいです。しかし、私のように先に攻略をしてしまわないと気が済まない、先に未攻略海域が残っていると気持ち悪くて仕方がない提督さんにとっては、より難しい掘り作業になったはずです。とりわけALL甲での攻略をしたい提督さんにとっては。

 

おわりに

個人的には攻略難易度はほどほどでした。E-3が支援艦隊ゲーになっていたので、もう少し何とかならなかったかな、ということはありましたけど。

未入手艦の掘り作業は、嵐が攻略中にドロップしてくれたことで気分的には楽でした。夜戦マップの周回は避けたかったので。グラタンことGZ掘りは手こずりました……が、喉元過ぎれば熱さを忘れるということわざがあるように、掘りの大変さの多くが既に記憶から抜け落ちています。

資源もあまり減らなかったので、初めてランカー入りに挑もうかとも思いました。でもバケツが2,000個以上ないと不安になる人なので、普段通りランカー入りを目指さないことにします。目指したところでランク入りできるとも思えませんし。

 

dysdiskancolle.hateblo.jp

 

スポンサーリンク