ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

アナベル・ガトー「ソロモンよ、私は帰ってきた!」の名言が出ました - アニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』9話「ソロモンの悪夢」の感想

スポンサーリンク

毎週火曜日22:29より、TOKYO MXにてアニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』が放送されています。

 

s.mxtv.jp

www.gundam0083.net

  

宇宙世紀0083年。オーストラリア・連邦軍トリントン基地のテストパイロット、コウ・ウラキと、アナハイム社のエンジニア、ニナ・パープルトンの目の前で、核弾頭を搭載したガンダム試作2号機GP02Aが強奪された。それはジオン残党のアナベル・ガトーによる犯行だった。
コウはガンダム試作1号機GP01のパイロットとなると、戦艦アルビオンに搭乗しガトーを追撃する。アフリカへ逃れたガトーを追うコウの前に、地球に居残ったジオン残党が立ちふさがった。
コウの目の前で宇宙へと逃げるガトー。それを追って宇宙に上がったアルビオンを待っていたのは、新たな敵シーマ・ガラハウと、デラーズ・フリートの決起宣言だった。

 

というイントロダクションです。本作0083は、ガンダムシリーズのOVAです。1990年製作で、1991-92年に全13話が発売されたそうです。

 

 

9話「ソロモンの悪夢」が終わって

観賞式当日。コンペイトウ、これは1年戦争時にはソロモンと呼ばれていた場所ですが、この宙域に集結した連邦軍の艦隊に対して、デラーズ・フリート決起を知った他のジオンの残党が結集しています。襲いかかるジオンに対して連邦軍が掃討にあたり、主人公コウ・ウラキ等の地球連邦軍強襲揚陸艦アルビオンもこれの掃討に当っています。デラーズ・フリートの攻撃を受けつつも、連邦軍は観賞式を行うことに。そこへ現れたのがアナベル・ガトーの乗るガンダム試作2号機サイサリスで、ガトーは核弾頭の入ったバズーカを連邦軍旗艦バーミンガムへぶち当てて、周囲を含む連邦艦隊を壊滅させました。

 

ドラッツェ

8話にはデラーズ・フリートのMS「ドラッツェ」が登場していました。私は今回が初出かと思っていました。が、5話にも登場していたようで……録画を見返します。『機動戦士ガンダムUC』にもピンク色の機体が出ていましたか。

機体名称がドラッツェ (DRA-C) 、形式番号がMS-21Cです。脚がない代わりに長いスラスターが付いている機体ですけど、形式番号を見る限りモビルアーマーではなくモビルスーツのようです。脚部がないということは宇宙戦に特化した機体になります。ザクタンクの宇宙版なノリでしょうか。

公式WebサイトのMachineページには「デラーズ・フリートが独自に開発した機体。胴体はザクのパーツを使い、脚部にはガトルのスラスターを付けた簡易MS」という説明があります。ガトルとはジオン軍の戦闘爆撃機のこと。

「哨戒・偵察任務や攪乱行動を取ることが多かった」とも書かれていて、実際作中でも活躍の場は……8話でも速攻倒されていました。「固定/3連40mmバルカンビーム・サーベル手持/シールド」と、兵装も寂しいものですから、本格的な戦闘には向かないようです。「デラーズ・フリートが独自に開発した」というより寄せ集めで作って何とかMSの体を保っているレベルなのかもしれません。寄せ集めだと機体毎の性能差もありそうですね。

でも私、ドラッツェのデザインが結構好きです。マラサイっぽさを感じさせますし、青い機体カラーの印象もあってケンプファーっぽさもありますし。モノアイで、モノアイレールがH型(といえばいいでしょうか)になっている様子もなかなかです。弱いのは二の次。せめて装備がバルカンとサーベルでなく、ライフルであったら一撃離脱戦法に使えそうですけどね……。

 

 

おわりに 

「再びジオンの理想を掲げるために! “星の屑”成就のために! ソロモンよ、私は帰ってきた!」この名言が9話の目玉の一つでしょう。久々にサイサリスが登場しますし、バズーカをセットするときのギミックも格好良いですし、興味深い回です。

あと9話冒頭ではハマーン・カーンが一瞬登場しますね。Ζガンダムへの布石がそこかしこに感じられるのも0083の特徴です。

 

dysdisanime.hateblo.jp

 

スポンサーリンク