ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

無免ライダーと深海王のバトルを見て「さよならドラえもん」ののび太とジャイアンを思い出しました - アニメ『ワンパンマン』9話「不屈の正義」の感想

スポンサーリンク

毎週月曜日01:05(日曜深夜25:05)より、テレビ東京にてアニメ『ワンパンマン』が放送されています。

 

onepunchman-anime.net

 

以下、ネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年11月30日の放送は第9話「不屈の正義」でした。

 

 

イントロダクション

趣味でヒーローを始めた男、サイタマ。
彼は3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れた。

だが、あまりに強くなりすぎてしまったゆえに、
どんな強敵が相手でもワンパンチで決着がついてしまう。

「圧倒的な力ってのは、つまらないもんだ」

そんな平熱系最強ヒーローの前に、
今日も新たな敵が現れる。

今日こそ本気が出せるのか!?

 

公式Webサイトのイントロダクションから抜粋しました。

 

ワンパンマン

 

原作のWeb漫画のサイトはこちらになります。リンクを張りましたが私は読みません。アニメが終わったら読むつもりです。

 

 

 

9話「不屈の正義」

8話の続きで、J市を襲っている深海族の王、深海王が強く、S級17位のヒーロー「ぷりぷりプリズナー」と、主人公のサイタマをライバル視する「音速のソニック」が対峙しましたが、いずれも敗れています。ソニックは武器を取りに一旦離脱しただけのようですから、負けとは少し違うかもしれません。

一般人が避難していたシェルターにまで現れた深海王、そこに現れたのはサイタマの弟子でサイボーグのS級16位(ですか?)のヒーロー「ジェノス」です。ジェノスは善戦をするも……やはり勝てません。今回もヤムチャしやがって……なジェノスです。深海王が溶解液を一般人の女の子に吐きかけ、それを救おうと自ら犠牲になっていました。

ジェノスまで倒れたところに、今度はC級1位のヒーロー「無免ライダー」が現れましたが……S級でも歯がたたないのだから、当然相手になりませんでした。しかし、無免ライダーは諦めません。自分が勝てないことがわかっても、倒されても立ち上がって……。

 

さよならドラえもん

このとき、『ドラえもん』6巻の「さよならドラえもん」、アニメだと「帰ってきたドラえもん」でしたっけ、原作にも両方ありますか? ……まぁとにかく、あのエピソードを思い出しました。あのとき、のび太はジャイアンと喧嘩をするんです。いじめられっ子ののび太がいじめっ子のジャイアンに挑んで、倒されても倒されても、メガネが壊れ目に青タンができても服が汚れ・破れようとも、這い上がって挑み続けるんですね。のび太は未来に戻ることになったドラえもんに対して、自分一人でもしっかり生きていくんだということを示して見せたかったんです。安心して未来に帰ってもらいたかったんです。

あのエピソードに似ていました。パクリとか言うつもりはなく、無免ライダーはあののび太と同じように勇気ある行動を取っているように見えました。それを見ていた皆も泣きながら声援を送っていましたね……でも、やはり実力差は歴然としていて、深海王には勝てませんでしたが。

 

真打ち登場

ワンパンでした。

 

おわりに

サイタマがあまりに強すぎて、凶悪な怪人でも簡単に倒せてしまっているため、一般の人にはどうしても受け入れられないみたいです。深海王が弱すぎただけ、助けに来たヒーローがもっと弱すぎただけじゃね? と言っている人がいましたね。

サイタマはわざと、他のヒーローたちが戦って深海王の体力を奪ってくれたから、後で来た俺は簡単に倒せたなどと言っていましたが……。まぁでも無免ライダーのように、サイタマを認めている人も少しずつ出てきていますから、これでよいのでしょう。ジェノスもいますし。

これまでサイタマがバトルをした怪人の中では、阿修羅カブトが一番強かったのではないでしょうか? 奴だけがサイタマと戦う前から、彼の強さを感じ取っていましたよね。今回の深海王を含め、戦う前にサイタマの強さに気づいた怪人はいなかったと記憶しています。

今回の活躍により、サイタマはC級を抜けてB級101位へと昇格しています。これで週一の報告義務がなくなりました。

 

dysdisanime.hateblo.jp

 

スポンサーリンク