ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

バニングのジム・カスタムとシーマのゲルググMの戦闘が好きです - アニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』8話「策謀の宙域」の感想

スポンサーリンク

毎週火曜日22:29より、TOKYO MXにてアニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』が放送されています。

 

s.mxtv.jp

www.gundam0083.net

  

宇宙世紀0083年。オーストラリア・連邦軍トリントン基地のテストパイロット、コウ・ウラキと、アナハイム社のエンジニア、ニナ・パープルトンの目の前で、核弾頭を搭載したガンダム試作2号機GP02Aが強奪された。それはジオン残党のアナベル・ガトーによる犯行だった。
コウはガンダム試作1号機GP01のパイロットとなると、戦艦アルビオンに搭乗しガトーを追撃する。アフリカへ逃れたガトーを追うコウの前に、地球に居残ったジオン残党が立ちふさがった。
コウの目の前で宇宙へと逃げるガトー。それを追って宇宙に上がったアルビオンを待っていたのは、新たな敵シーマ・ガラハウと、デラーズ・フリートの決起宣言だった。

 

というイントロダクションです。本作0083は、ガンダムシリーズのOVAです。1990年製作で、1991-92年に全13話が発売されたそうです。

 

 

8話「策謀の宙域」が終わって

地球連邦軍の強襲揚陸艦アルビオンが月のフォン・ブラウンを発ちました。コンペイトウ、1年戦争でいうソロモンでしたっけ、そこで行われる観艦式に備えての哨戒任務に就いています。

 

シーマ・ガラハウの目的

主人公のコウ・ウラキたちは、シーマ・ガラハウ率いるシーマ艦隊と再び激突しています。前回戦ったときは、コウはガンダム試作1号機GP-01ゼフィランサスを、シーマのゲルググMによって大破させてられています。

7話から、ゼフィランサスは宇宙用に改装されたフルバーニアンとなっていて、コウ自身もケリィとの出来事で人間的にもモビルスーツ・パイロットとしても成長していますから、あのときのようにはいかない、いかせない、という。

フルバーニアンは相当な運動能力があるようで、乗っているコウもその加速力を感じているようでしたし、目の当たりにしたシーマも「バッタ」呼ばわりしていました。

シーマの目的は観艦式の観閲旗艦バーミンガムとの接触で、シーマは連邦と何やら……という。シーマの目的が何なのかに関しては、後に語られることなので今のところ書きません。バニング隊によってそれは阻まれていました。

 

サウス・バニングの死

戦闘中にバニングが手に入れたものは、デラーズ・フリートの「星の屑作戦」に関する機密文書です。バニングは宇宙空間に出、アタッシュケース的なものを回収してコクピットに戻り、モニターを再び付けた瞬間、シーマのゲルググMが襲いかかりました。この戦闘シーンが結構好きです。

バニングの乗機ジム・カスタムは被弾しつつもシーマを退かせ、戦闘後コウやキースと一緒にアルビオンへと帰る途中に……被弾箇所が暴発して死亡してしまいました。機密文書には何が書かれていたのでしょう。

前回のケリィ・レズナーといい、今回のバニング大尉といい、立て続けに格好良いおっさんが死んでしまいましたね。ケリィもコウに厳しかったですが、バニングもコウやキースには厳しい上官でした。今回2人を殴っていましたし。でもバニングは可愛がっているからこその、愛のある制裁でしたね。愛があれば殴ってもいいのか、という問題はありますが。

 

おわりに

バニングの死以降の話はもう……ね。ニナがあれなのは元からなのですが、あいつとあれな関係だった設定は無しの方向で進めて欲しかったなぁ、と昔から思っていました。0083はジムやザク、ドム、ゲルググといったモビルスーツの戦闘の格好良さを楽しむ作品として割りきって楽しむのが得策な気がしています。人間模様、特にコウやニナの関係はなるべくスルーする感じで。ウザさにイライラしたら負けという。

 

dysdisanime.hateblo.jp

 

スポンサーリンク