ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ニナ・パープルトンとケリィ・レズナーは面識があったのですね - アニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』7話「蒼く輝く炎で」の感想

スポンサーリンク

毎週火曜日22:29より、TOKYO MXにてアニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』が放送されています。

 

s.mxtv.jp

www.gundam0083.net

  

宇宙世紀0083年。オーストラリア・連邦軍トリントン基地のテストパイロット、コウ・ウラキと、アナハイム社のエンジニア、ニナ・パープルトンの目の前で、核弾頭を搭載したガンダム試作2号機GP02Aが強奪された。それはジオン残党のアナベル・ガトーによる犯行だった。
コウはガンダム試作1号機GP01のパイロットとなると、戦艦アルビオンに搭乗しガトーを追撃する。アフリカへ逃れたガトーを追うコウの前に、地球に居残ったジオン残党が立ちふさがった。
コウの目の前で宇宙へと逃げるガトー。それを追って宇宙に上がったアルビオンを待っていたのは、新たな敵シーマ・ガラハウと、デラーズ・フリートの決起宣言だった。

 

というイントロダクションです。本作0083は、ガンダムシリーズのOVAです。1990年製作で、1991-92年に全13話が発売されたそうです。

 

 

7話「蒼く輝く炎で」が終わって

6話では、地球連邦軍の強襲揚陸艦アルビオンの補給と、大破したゼフィランサスの換装のために、月のフォン・ブラウンに立ち寄っています。街で荒れていたコウが、最下層にあるジャンク屋のケリィ・レズナーと出会い、一緒にあるモビルアーマーを修理したところまでです。ケリィはジオンの元兵士で、1年戦争で使われていた?モビルアーマーを修理しています。

7話は、ケリィの乗るMAヴァル・ヴァロと、コウの乗るフルバーニアンとが戦い、コウがヴァル・ヴァロを撃破、ケリィも戦死しています。

 

ニナとケリィは面識がある?

アナハイム・エレクトロニクス社のニナ・パープルトンが、コウとケリィの戦闘を止めようとしていたときに、ニナはケリィのことを知っているかのように話しかけていました。このシーンが唐突すぎて、見るたびに強い違和感を覚えます。

フォン・ブラウンが舞台の6,7話中にニナとケリィの関係を想像させるシーンなんてってあったっけ? と思いましたが……おそらくそういうシーンは一度も登場しなかったかと思います。1-5話までは確認していませんけど、見た限りはなかったはずです。

0083のWebサイトの、Characterページを見ると、「一年戦争ではガトーと共に戦った仲だが、戦闘中に左腕を失いパイロットの道を絶たれた。月で雌伏中のガトーとも出会っており、ニナとも面識がある」と書かれています。

同ページのニナの箇所には月のニューアントワープ出身で、アナハイム・エレクトロニクス社フォン・ブラウン支社リバモア工場MS開発セクションSE担当のようです。フォン・ブラウン市が月にありますから、その間にアナベル・ガトーやケリィと出会っているということになりそうです。この辺は後付け設定臭があります。ニナと○トーとは……ね、これはそのときまで伏せておきましょう。

 

クルト

シーマ・ガラハウのシーマ隊の一員クルトが登場していました。彼はCharacterページによると一年戦争時にはMAビグロに乗っていたそうです。ケリィの修理したヴァル・ヴァロに乗る予定になっていたパイロットです。

機体がシーマ隊に譲られる前に余計なことを言ってしまって、それがケリィを戦闘へと向かわせてしまいましたし、それがシーマにも伝わって彼女の怒りを買い、ザクに乗せられてヴァル・ヴァロを止めさせられることになりました。で、死亡と。

 

おわりに

このケリィ・レズナーのエピソード(6,7話)が0083では一番好きだという方は結構多いのではないでしょうか。私も好きなエピソードの一つです。ザクやドムのトロピカルタイプが出てくる4話の熱砂の攻防戦が一番好きですけど。

そして、ケリィが戦死したということは、次回……これもねぇ、あの人のファンは多いと思うので、辛い話になります。

 

dysdisanime.hateblo.jp

 

スポンサーリンク