ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

DASH村の柴犬「北登」がTOKIOに15歳のお祝いをしてもらっていました - 日テレ『ザ!鉄腕!DASH!!』

スポンサーリンク

毎週日曜日19:00から日本テレビ放送されているバラエティ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』の2015年11月15日の放送では、久しぶりにあのマスコット(?)が出演していました。

 

 

ザ!鉄腕!DASH!!

www.ntv.co.jp

 

上記のマスコット(?)とは「北登(ほくと)」です。鉄腕DASHの名物コーナー「DASH村」で、福島DASH村で飼われていたオスの柴犬です。14年前に当時1歳と映像がありました。

 

北登(ほくと・柴犬)
2001年2月以降の古参組。2000年9月22日生まれ。命名はハガキ・インターネットでの投票による。

DASH村 - Wikipedia

 

とWikipediaにはあります。なので放送では年齢は15歳ですね。犬の15歳というと、人間でいうなら80歳ほどだそうで、お爺ちゃんわんこになりました。

 

 

DASH村の「北登」

北登は、2015年11月現在、スタッフの知人の小林さんに飼われていて、都内で生活しているのだそう。都内での生活も5年目ですって。散歩をしていても小林さんを引っ張って走っている様子が映っていましたから、まだまだ元気いっぱいみたいで安心しました。

映像では14年前、北登が当時1歳の頃の映像が流れていて、TOKIOの皆さん、このときは山口達也さんが映っていましたが、ぐっさんは29歳、DASH村で農業指導をされていた“頼れる兄貴”三瓶明雄さんは72歳でいらっしゃいました。ん〜、私も当然同じだけ年齢を重ねているわけで、最近はDASHの過去の映像を見るたびに時間の流れを感じます。

福島のDASH村は、2011年3月11日に発生した東日本大震災やそれに伴う津波と原発事故以来、活動がほぼできなくなってしまいました。現在は出張DASH村として、TOKIOが各地に足を運んで、その土地の農家さんのお手伝いをしたり、収穫された作物を使って料理をしたりしています。

 

 

北登の誕生日プレゼントは「ホウボウ」

先程も書いたように、北登は15歳、人間で言うと80歳です。80歳というと「傘寿(さんじゅ)」です。

北登の傘寿をお祝いして、城島茂さんとぐっさんとで東京湾に赴き、「赤い」「二足歩行」の魚をゲットしています。その魚は「ホウボウ」です。

ホウボウは、東京築地で10,000円の値がつく高級魚で、砂地の海底に生息し、赤い体と孔雀の羽根のような大きく鮮やかなヒレが特徴だそうです。何でもヒレの下片側3本ずつ脚が生えていて、脚の先端に味蕾(みらい)という味を感じる器官が付いているそうです。これを砂の中に挿して甲殻類などの餌を探しているのだとか。この、正確には六足歩行で方方を歩きまわることから、ホウボウの名前が付いたらしいです。詳しくはホウボウ - Wikipediaをご覧になってください。

ホウボウにはリンやカリウムなど老化防止の栄養素が豊富に含まれているそうで、傘寿の北登にはピッタリの食材です。料理は北登が住む都内の家にお邪魔して、ホウボウのつみれと、つみれにかけるタレもホウボウから取った出汁で作り、さらに、柔らかく炊いた玄米に蒸した野菜とホウボウを乗せた、砂糖も酢もつかっていないホウボウのちらし寿司を作ってお祝いしていました。

私は、ホウボウは食べた記憶がないです。食べたことがないのだと思います。PS2のゲーム『ぼくのなつやすみ 海の冒険篇』で釣ったことがあるくらいです。ぼくなつ2では、イシダイやマコガレイ、アオリイカ、マダコ、の他にも、このホウボウとかオジサンとか、レアな魚を釣ることもできます。ボラやカワハギキタマクラ、メジナ、メバルなども釣れたと思います。もっとありますけど忘れました。海釣りだけではなく川釣りもできます。川ではイワナやヤマメが釣れますね。

 

 

おわりに

いやぁ、『鉄腕DASH』の中でもDASH村は大好きなコーナーでしたから、ほぼ全ての回を観ていると思います。2001年当時北登もまだまだ子供で、やんちゃな子だったことをよく覚えています。今回の放送でも取り上げられていましたが、リーダーには懐かないという件なんて懐かしすぎて涙が出そうでした。長生きしてもらいたいです。

 

追記 (2017/03/26)

北登が亡くなったそうです。記事にしました。

 

dysdis.hatenablog.com

dysdis.hatenablog.com

スポンサーリンク