ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

Z市をゴーストタウンにし、凶悪なバケモノが出没する都市伝説の正体はサイタマのようです - アニメ『ワンパンマン』6話「最恐の都市」の感想

スポンサーリンク

毎週月曜日01:05(日曜深夜25:05)より、テレビ東京にてアニメ『ワンパンマン』が放送されています。

 

onepunchman-anime.net

 

以下、ネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年11月9日の放送は第6話「最恐の都市」でした。

 

 

イントロダクション

趣味でヒーローを始めた男、サイタマ。
彼は3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れた。

だが、あまりに強くなりすぎてしまったゆえに、
どんな強敵が相手でもワンパンチで決着がついてしまう。

「圧倒的な力ってのは、つまらないもんだ」

そんな平熱系最強ヒーローの前に、
今日も新たな敵が現れる。

今日こそ本気が出せるのか!?

 

公式Webサイトのイントロダクションから抜粋しました。

 

ワンパンマン

 

原作のWeb漫画のサイトはこちらになります。

 

 

 

6話「最恐の都市」

主人公のサイタマは、弟子(?)のサイボーグ、ジェノスと「ヒーロー協会」なる機関でヒーロー登録を済ませました。サイタマはC級でジェノスはS級です。6話にはC級388位と書かれていたような……C級に何人のヒーローがいるかわかりませんけど、たぶん下位ですよね。

今回明らかになった設定は、C級ヒーローには週に1度の活動報告のノルマがあって、それをこなせなければヒーローをクビになる、というものです。

サイタマはそれを知らずに5日間も自宅でゴロゴロしていました。ジェノスからノルマの件を聞いて初めて知り、慌てて街へ繰り出し事件を探しています。ヒーロー協会からもっと活動を促すような動きがあっても良さそうですけどね。いや、セミナーで言われていたみたいですから、サイタマが聞いていなかったり知ろうとしなかったりしているのがいけないのですが。

 

 

音速のソニックとの再戦

街を歩いていると、前々回でしたか、に登場していた、頭痛が痛いみたいな、間接のパニック……ではない「音速のソニック」と再び出会い、勝負を挑まれる形でバトルになっていました。といっても、やはり勝負にはなっていませんでした……ワンパンではなくワンチョップ。ソニックはジェノスと戦ってみて欲しいです。どちらが強いのでしょうか?

音速のソニックとのバトルの前に、C級6位のヒーロー「タンクトップタイガー」(CV宮崎寛務)が登場していました。タンクトップタイガーはサイタマのことを不審者扱いしていて悲しい……。公式WebサイトのCHARACTERページによれば、「タンクトップマスター率いる軍団の中で、めきめき頭角を現してきた若手ヒーロー」だそうですけど、音速のソニックに速攻やられるくらいに弱かったです。

C級ヒーローはサイタマ基準で考えると相当弱いみたいですね。S級の、それも上位にならないとサイタマのレベルには達しないのかもしれません。いやS級上位でも無理かも。

 

 

戦慄のタツマキ

今回はタンクトップタイガーの他にも何人かのヒーローが登場していて、その1人がS級2位のヒーロー(ヒロイン?)「戦慄のタツマキ」(CV悠木碧)でした。「超自然的な力で怪人を倒すエスパー」だそうで、こちらはなかなか強そうでした。サイタマとの力の差がどれほどのものか知らせるためにも、まずは同じS級のジェノスとの力の差がわかるエピソードが入るような予感がします。

 

 

昆布インフィニティ

また、A級29位のヒーロー「黄金ボール」と同33位の「バネヒゲ」も登場してします。黄金ボールとバネヒゲの2人は、「昆布インフィニティ」(CV内藤有海)という、「鋼鉄並みに硬い昆布のような無数の触手を持つ怪人」と戦って倒されていました。ん〜、サイタマの他は皆弱いですけど、これで平和は守られるのでしょうか? 心配です。

昆布インフィニティは、『HUNTERXHUNTER』に出てくる「幻影旅団」のコルトピに似ている外見でした。昆布ですけど。

昆布が登場したのはZ市のゴーストタウンで、この辺りは凶悪な化物が出没するとかで住民が逃げ出してしまった地域だそうです。でもこれって怪人のせいではなく、サイタマの活躍(暗躍)の結果ですよね。どんだけ認知されていないんだって話ですが、サイタマは災害レベルで凶悪な強さを持っているということなのでしょう。

昆布インフィニティは、サイタマに“昆布だし”にされていました……さすがに本体は別なのでしょうけれども、身にまとっていた昆布が大量に家に持ち帰られていましたね……美味しいのでしょうか。

サイタマは、今回も結局、人通りの多いところで怪人を倒すのではなく、人気のなくなったゴーストタウンで、しかも買い物のついでにジャージ姿で怪人を倒してしまっています。そんなんじゃヒーローランクが上がるのは遅そうですが……。ただ、ゴーストタウンの謎の凶悪怪人の噂、都市伝説はいよいよ世間に知れ渡ることになっているようですから、これが全てサイタマの活躍によるものだとわかれば、爆発的にヒーローランクが上がるのかもしれません。

そうそう、最後に黒髪の女性ヒーロー(ヒロイン)が登場していました。公式Webサイトを見るとB級1位の「地獄のフブキ」(CV早見沙織)のようでした。「超能力を操るヒーロー。Bランクヒーローの派閥「フブキ組」を束ねる」だそうです。タツマキと同じく超能力ですか……姉妹ですか?

dysdisanime.hateblo.jp

 

スポンサーリンク